• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
雨の日は池袋で決まり!“雨の日デート”に池袋がおすすめな10個の理由

1年の中で雨の日は少なくはないですよね。そんな雨の日のデートはできるだけ屋内で過ごしたいところ。そんな時におすすめなのが池袋です。池袋には屋内デートスポットがたくさんあり、雨の日でもゆったりデートを楽しむことができます。今回は、池袋の”雨の日デート”にピッタリなスポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。(掲載されている情報は記事公開時点のものです。詳細はホームページ等で必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】プラネタリウムを鑑賞できる

コニカミノルタプラネタリウム満天

1つ目の理由は「プラネタリウムを鑑賞できる」ことです。ロマンチックな世界観に包まれるプラネタリウム。池袋サンシャインシティの「サンシャイン水族館」と同じ階にある「コニカミノルタプラネタリウム満天」では、満天の星空を堪能できます。
こちらでは期間ごとに星にまつわる様々なプログラムが用意されているので、子供から大人まで楽しめます。オススメは館内でアロマと星を楽しむことの出来る「ヒーリングプラネタリウム」。他にもデートにピッタリな雲シートや芝シートなど、他のプラネタリウムとは違ったシートがあり、ワクワクしますよ。

詳細情報

  • 東京都豊島区東池袋3-1-3 屋上
  • 03-3989-3546

【2】泊まれる本屋がある

BOOK AND BED TOKYO(ブック アンド ベッド トウキョウ)

2つ目の理由は、「泊まれる本屋がある」ことです。本を読むのが好きな方や、普段あまり読まない方も、この機会にゆっくりと読書を楽しみませんか。今回紹介する泊まれる本屋は池袋駅C8出口から徒歩約1分ほどのところにある「BOOK AND BED TOKYO」。雨音を聞きながら読書をすれば、気分も落ち着きそうです。
ここでは、デイユースか宿泊どちらかを選ぶことができます。館内は落ち着いた雰囲気で、本を読んでいて気が付いたら寝てしまった、という憧れのシチュエーションも体験できますよ。雨の日はあまり行動せずに、ゆったり2人で癒しの時間を満喫してみては?

詳細情報

rakutenで見る 他の提供元を表示4件
  • 東京都豊島区西池袋1-17-7ルミエールビル7階
  • 非公開

【3】アニメとゲームの世界に入れる

MAZARIA(マザリア)

3つ目の理由は、「アニメとゲームの世界に入れる」ことです。アニメやゲームの文化が盛んな池袋で、その世界を堪能する雨の日デートはいかがですか?サンシャインシティにある「MAZARIA(マザリア)」では、有名ゲームやアニメの世界に入り込むことができちゃいますよ。
子供から大人にまで愛されるあの人気ゲームのVR体験や、アニメのCGアトラクションなどここでしか楽しむことができないもので溢れています。雨の日でも、童心にかえってデートを満喫することができますよ。

詳細情報

  • 日本、東京都豊島区東池袋3-1
  • 050-2018-7899

【4】ボルダリングができる

NOBOROCK(ノボロック)

4つ目の理由は、「ボルダリングができる」ことです。ボルダリングは全身を使うので運動不足解消にもなり、カップルで一緒に楽しめるスポーツとしてとてもおすすめです。池袋でオススメのボルダリングジムは、池袋駅から徒歩約3分ほどのところにある「NOBOROCK」です。こちらでは色々なレベルのコースがあるので初心者の方でも楽しめますよ。
初めての方には無料講習があるので、心配する必要はありません。自分に合ったコースを利用でき、馴れてきたら難しいものまでチャレンジできるところも魅力的です。行く際は汗をかいてもいいように、運動しやすい服やタオルを持っていきましょう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する