• はてぶ
  • あとで
夏ならではの美しさ!絶対外さない「青森」のおすすめ観光スポット13選をご紹介

東北といえば雪がきれいな冬に行ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。でも、夏の東北だって負けてはいません。夏の暑さから逃れられるのが東北の魅力。その中でも今回は、本州の最北端である青森の、夏に訪れたいスポットを紹介していきます!(※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 喫茶室バトン / 弘前市

最初にご紹介する夏だからこそ行きたい青森のおすすめ観光スポットは「喫茶室バトン」です。中央弘前駅から徒歩15分程度の場所にあります。分厚いホットケーキが人気の喫茶店です。店内にはおしゃれなステンドグラスがあり開放的な空間。
こちらのお店では夏らしさ満点の「ゼリーポンチ」をいただくことができます。まさにお店にあるステンドグラスをイメージして作ったのだとか。キラキラと輝きを放つブルーが美しく、ゼリー1つ1つからフルーツの味を感じることができますよ。

詳細情報

青森県弘前市下白銀町1-6

3.38 212

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 白神山地 / 青森県南西部〜秋田県北西部

人の影響をほとんど受けていない世界最大級のブナ林や様々な動植物が生息しているなど、貴重な生態系が保たれていることから、1993年に世界遺産に登録された「白神山地」は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがっている壮大な自然を感じられる山地帯です。ここは、JR「弘前」駅からバスで約1時間、車で40分で訪れることができます。
白神山地は、初心者でも安心の散策コースと本格的に山登りする人向けの登山コースがあります。行きたい場所や所要時間に合わせてコースを選ぶことができます。自然と触れることでリフレッシュできること間違いなしです!

詳細情報

3. 奥入瀬渓流 / 十和田市

自然のパワーを感じたい方にもう一つおすすめなのが「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」です。「青森」駅や「新青森」駅、「八戸」駅など様々な駅からバスが出ており、奥入瀬渓流の玄関口である焼山まで1時間前後~2時間程度で行くことができます。
緑のトンネルが約14㎞に渡って続く奥入瀬渓流。比較的散策しやすいと言われています。特別名勝や天然記念物として国から指定されており、絶景の連続。忙しく毎日を過ごしている方には特におすすめです!

詳細情報

4. 十和田湖 / 青森県十和田市・秋田県鹿角郡小坂町

奥入瀬渓流を焼山から奥に進んでいったところにある「十和田湖」は、北の景勝地として名高い湖です。噴火で陥没したところに雨水がたまってできたカルデラ湖ですが、透明度が高く、時間帯によって魅せる姿を変える十和田湖は多くの人の心を癒しています。
十和田湖のパワースポットとして知られているのが「十和田神社」。この神社の名物は吉凶を占う「占場」です。おより紙という紙を湖に投げ入れ、願いが叶うときは水底に沈み、叶わないときは浮いたまま沖へ流されるといわれています。ぜひチャレンジしてみてください!

詳細情報

5. 十和田市現代美術館 / 十和田市

展示されているものだけでなく、建物の外観や館外のオブジェまでフォトジェニックな「十和田市現代美術館」は、世代を問わず多くの人から人気を集めています。近くの「八戸」駅や「七戸十和田」駅から、バスで1時間前後とかなり時間がかかるので、車で行くのがおすすめです!
日本を代表するアーティストである草間彌生さんやオノ・ヨーコさんなど多くの芸術家の作品が常説されているのが特徴のこの美術館。どの作品も心躍るものばかりでついつい写真におさめたくなってしまいます!

詳細情報

6. 恐山 / 下北半島

あの世とこの世の境界と言われている「恐山(おそれざん)」は、5月から10月にかけて開山しており、滋賀県の比叡山や和歌山県の高野山と共に日本三大霊山の一つに数えられています。「下北」からバスで35分で行くことができますが、電車とバスの本数が少ないので、帰る際は時間に注意が必要そうです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する