日本橋の名店!「つじ半」は“ぜいたく”を味わえるお店だった

東京の中心地である日本橋はランチやディナースポットが多く、人気店や有名店が軒を連ねています。そんな日本橋エリアで格別に人気をよんでいるお店が今回ご紹介する「つじ半」です。こちらのお店はランチとディナーのどちらも一品のみで勝負しています。絶品料理をみなさんもぜひお試しください。 (※掲載されている情報は2018年5月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

舞台は有名店が軒を連ねる“日本橋”

今回ご紹介する「つじ半」さんがあるのは日本の中心地東京の中でも有名店が軒を連ねている日本橋にあります。日本橋は有名企業のオフィスなども多く、日本経済の中心地でもありますね。
歴史的にもこの地は日本の中心地であったこともわかっています。遡るは江戸時代、当時の日本橋周辺の人口は120万を超えていたんだとか。そして多くの町人がこの地で商いに励んでいました。今も昔もこの地は日本の経済の中心地なのですね。

ラーメンと天丼の異色のコラボ!?

つけ麺 ¥880

実は今回ご紹介する「つじ半」は、神田小川町の人気ラーメン店「めん徳二代目つじ田」と日本橋の人気天丼屋さん「日本橋 天丼 金子半之助」のコラボレーションによって生まれた海鮮丼のお店なんです。
「めん徳二代目つじ田」と「日本橋 天丼 金子半之助」の店名からそれぞれもじって「つじ半」という名前にしたそうです。学生時代に同じクラスだったこともあり、それぞれの店主同士が仲良しなんだとか。

詳細情報

めん徳二代目つじ田 御茶ノ水店

東京都千代田区神田小川町1-4 和田ビル1階

3.21 321
  • 〜¥999
  • 〜¥999

金子半之助

東京都中央区日本橋室町1-11-15

3.29 24221
  • 〜¥999
  • 〜¥999
あつあつ

日本橋に本店を構える天丼専門店。 “粋で豪快なお手頃な天丼”という創業者・金子半之助の想いを受け継ぎ、3代に渡って継承。店内で注文できるのはお味噌汁やトッピングを除き、「江戸前天丼」(¥1200)のみ。創業者が丼のタレを最初に考案し、タレにあった食材を探したところ現在の築地で仕入れた新鮮な海老、穴子、イカを惜しみなく使った天丼が生まれた。外国人観光客からの人気も根強い。閉店まで行列だが、遅くまで営業しているので足を運びやすいのも魅力だ。 ◆場所 三越前駅から徒歩1分 ◆営業時間 [平日] 11:00~22:00(L.O.21:30) [土・日・祝] 10:00~21:00(L.O.20:30) 日曜営業 ◆定休日 年末年始、不定休 ◆混雑状況 平日の夜に足を運びました。 15分〜1時間は行列に並ぶのを見込んだ方が良いでしょう。 ◆本日は【江戸前天丼】(¥1200)+【味噌椀】(¥130)+【海老】(¥160)を注文。 テーブルには、”がりごぼう“と“いぶりたくあん”がおいてある。“がりごぼう”はサクサクとしたごぼうに、絶妙な酸味のがりがクセになる。”いぶりたくあん“は想像している“たくあん”よりも水々しく食べやすい。口直しにぴったり。 テーブルに着いてからそんなに待たずに江戸前天丼が運ばれた。この天丼、器は浅いのだが充足感たっぷり。というのもこの天丼、野菜はししとうのみに絞り、海老2本、巨大な穴子、烏賊(イカ)と小柱のかき揚げ、半熟玉子、のりとメインとなる天ぷらばかりだからだ。高温でごま油で揚げる天ぷらはごま油の風味に、秘伝の甘いタレがかかることで衣が重すぎず、しっかりと食材そのものを感じられる。 パリパリとした海苔、尻尾まで食べられる海老。穴子は少し硬めながら豪快に頬張れる大きさ。黄身がとろりと溢れ出す生卵天。小さいブロック状の烏賊(いか)や小柱は食感が楽しい。ご飯がなくなるスピードが自ずと速くなる。 最後に味噌椀。細部まで江戸を感じられるよう熱々で提供するのもこだわり。豆腐は切り方が大きいと味噌椀に入れた時に温度が下がってしまうため、かなり細かく刻まれている。出汁も高温でも強い香りが出るように強め。 コスパよく天丼を食べたい人には打ってつけ。

メニューは「ぜいたく丼」のみ!

超人気店同士のコラボレーションによって生まれた「つじ半」のメニューは「ぜいたく丼」のみです。「ぜいたく丼」の「梅」がスタンダードでそこから「竹」「松」とグレードアップしていき、最上位が「特上」となります。
このお店の「ぜいたく丼」はふっくら炊き上げられたもちもちの白米の上に、マグロを基本にした様々な種類の海鮮が乗せられています。これだけでもこのお店が人気店になる理由がわかる気がします。

ただの海鮮丼ではない!

「ぜいたく丼」は実はただの海鮮丼ではないんです。もちろん海鮮丼としても十分絶品なのですが、さらにこの「ぜいたく丼」に一工夫を加えることでさらに美味しくいただくことができるんです。
この丼を海鮮丼として途中まで楽しんだあとは、付け合わせで出される別皿の刺身をどんぶりに加え、鯛だしを注いで「鯛出汁茶漬け」にしていただくことができるんです!これが人気が出ないわけがありませんね!1回の食事で2度美味しい、まさに「ぜいたく丼」です。

日本橋以外でも「ぜいたく丼」が味わえる!

一度は食べてみたいこの「ぜいたく丼」、でもやっぱり人気店なだけあって行列が絶えません。行列が苦手という方や時間がないという方に耳寄りな情報です!なんとこのお店東京都内に日本橋以外に3店舗を構えているんです。
人気店なのでどの店舗も空いているということはありませんが、東京の中心地の日本橋の本店と比べたらきっと空いてると思いますよ!本店にこだわらない方や、ただ「ぜいたく丼」を味わってみたいという方はぜひ多店舗もチェックしてみてください!

詳細情報

日本橋海鮮丼つじ半 神楽坂店

東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル1階

3.37 1089
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
やすうま

つじ半 . . . 贅沢なのにコスパ最強の海鮮丼が食べられるお店🐟 メニューはぜいたく丼のみ、その中で松竹梅あって少しずつ乗ってるものが変わってくる感じだった👀 うに、カニ載せようか悩んだけど結局ほぼみんな頼んでた梅に✍️ . . . 黄身醤油とお刺身が先に出されてそれから丼到着💨 いくらもしっかりのっててこれでほぼ千円って嘘でしょ?え?状態() . . . 言うまでもないけど味も最高、貝とかも入ってるのかなコリコリ食感がちょいちょいくるから口の中が楽しかった🙆‍♀️ わさびが結構しっかり辛めだし量も多めだから味を引き締めてくれて本当美味しい、ガリもちょっと一手間加えてあるもので箸休めにちょうどよかった~✨ . . . これだけコスパと味が良いからやっぱり結構並んだ() 21時閉店で20時くらいにお店に着いたのだけど10人以上は並んでたかな? 私たちが並んですぐに列規制されて、20時以降に来た人は並べないって感じだったから間に合ってよかった😭 寒かったけど外にあったかいお茶のタンクがあってみんなそれ飲みつつ頑張って並んでた笑 . . . 30分~1時間近くは並ぶけど思ったより回転は早めだし何よりこの価格でこのクオリティの海鮮丼楽しめるのかなり珍しいと思うのでとってもおすすめ...❣️ . . . #つじ半 #日本橋 #日本橋グルメ #ぜいたく丼 # #神楽坂 #飯田橋

行列必須!大人気海鮮丼のお店!

【東京:神楽坂/日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店】 日本橋に本店がある超人気海鮮丼の神楽坂店。 神楽坂に住んでるからずっと行こう行こうと 思いながらいつもすごい行列だから いつも『今度にしよ〜』にしてた。(笑) やっと行ってきたぜ 11時OPENで11時15分くらいに到着。 既に5組程が外で並んでいました。 名前書くとかないので、行列に並びましょう! ※注意しないといけないのが、同じビルに 同じく行列が出来るとんかつ屋さんの 『あげつぎ』さんがある事。 間違えて並んでいる人も何組かいたので 並ぶ前に並んでいる人に聞いた方が良いかも! 30分くらいで入れました! 並んでいる時にオーダー聞いてくれるので 店内に入ると比較的すぐにお料理が運ばれてきます。 《order》-------------------------------- *竹 ¥1650 *松 ¥2200 ------------------------------------------ 一番シンプルなのが『梅』で まぐろ、中落ち、いか、数の子、 きゅうり、つぶ貝、ミル貝、海老、 いくら、ネギの10種。 梅に+かに+いくら増量が『竹』で、 竹に+うに が『松』! 主人とシェアして食べましたが 松は私にほとんどくれた。 食べ方が前に書いてあって まずはわさびをといた卵黄醤油をかけて そのまま頂きます。 マジで美味し過ぎた。。 海鮮はとろける食感もあれば、プチプチ、 コリコリ、シャキシャキと いろんな食感が楽しめる。 ごまがたっぷりなので香ばしさも。 別皿のお刺身は〆にも使うので 全部食べないで2切れ残しておきます。 残りが1/3になったらスタッフさんに お願いして鯛だしを入れてもらいます。 この時ご飯追加もできるよ。 鯛だしを入れてもらったら残してあった お刺身を入れて食べる。 マジで最高だった。。 この最後にお出汁入れる系の中で 過去一番美味しかったです。 お出汁だけでも飲める。 これでこの値段は大満足でした!

日本橋での食事は「つじ半」で!

今回は日本橋の名店「つじ半」をご紹介しました。日本橋の中でも特に人気店なので時間を少しずらすか、忍耐強く行列をたえてみてください。また、「めん徳二代目つじ田」と「日本橋 天丼 金子半之助」も絶品料理がいただけるのでぜひ召し上がってみてください。
(※掲載されている情報は2018年5月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

詳細情報

つじ半

東京都中央区日本橋3-1-15久栄ビル1階

4.12 36343
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
東京で超有名な海鮮丼屋さん!!!

【つじ半 日本橋本店】日本橋 (食べログ評価:3.70) 東京で1番有名と言っても過言ではない海鮮丼! 雲丹やイクラ、蟹が乗った海鮮丼とその後の鯛出汁のお茶漬けは最高でした😆 ★味 まぐろ赤身・中落ち・ぼたんえび・イカ・つぶ貝・ミル貝・いくら・きゅうり・数の子など9種類が入り、今回注文の「松」は雲丹とイクラ、蟹がのっています✨ まずわさび醤油を全体にかけて、崩して食べた後に好きなタイミングで〆の鯛茶漬けにできます。どれも最高に美味しいです!🐟 ★メニュー 今回は「ぜいたく丼 松」(2,200円)を注文📝 ぜいたく丼は梅(1,250円)・竹(1,650円)・特上(3,600円)の4種類があります😋 また、必要に応じて雲丹やイクラ、蟹がプラスできます! ★お店 つけ麺店の「めん徳 二代目 つじ田」さんと、天丼店の「金子半之助」さんがコラボして出したお店!カウンターのみで雰囲気はすごく良いです☺️ いつも行列ができるらしく、土曜日の11時30分に行って1時間程並んで入店をしました。日本橋の他に神楽坂や赤坂、立川にもお店があります🍻 食べログで都内2番目に評価が高い海鮮丼!日本橋に行った際は是非!!! ★店舗情報★ 🚃【最寄駅】日本橋駅(徒歩5分) 🏠【住所】東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1階 💰【予算】2,000円 🍽【評価】食べログ:3.70 Google:4.4 🕛【営業時間】 月~金:11:00~15:00、17:00~21:00 土・日・祝:11:00~21:00

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する