• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
嵐山の人気観光地10選!どの季節でもカメラに収めたい絶景をご紹介

いつでも私たちを魅了してやまない京都。可愛く着物を着飾ったら、はやく古都の街に繰り出したくなりますよね。どこも素敵な京都だけど、嵐山に行くのはどうでしょう。目の前にひらけた自然の絶景、荘厳とした伝統建築物などなど、一年中見どころいっぱいの嵐山を前に、カメラを覗き込んだあなたはきっとフレームの前に立ちたくなるはず。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

①JR嵯峨嵐山駅

嵐山を一周する前に、嵯峨野トロッコ列車に乗ってみませんか。「トロッコ亀岡駅」始発の上がり列車に乗れば、終点「トロッコ嵯峨駅」まで、約25分間の空中散歩が楽しめます。赤と黄色のレトロなトロッコを前に、乗る前から気分が上がっちゃいませんか。
嵐山の大自然の中を走り抜けるトロッコ列車に乗ると、風を感じながら、新緑や紅葉といった四季折々の美しい渓谷を眺めることができます。見どころでは速度をおとして走りますので、旅の思い出を写真に残すこともできるでしょう。嵐山への交通手段としてぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
  • 075-861-7444

②大覚寺 / 嵯峨嵐山駅より徒歩17分

2つめにご紹介するのはこちら。真言宗大覚寺派の本山「大覚寺」です。正式名称を「旧嵯峨御所大本山大覚寺」といい、もとは嵯峨天皇が造った離宮でした。そんな歴史ある大覚寺には、重要文化財に指定されている建造物や、文書、仏像などが多数残っており、見どころ満載です。
境内にある「大沢の池」は、日本最古の林泉式庭園として国の名勝となっていてます。周囲が約1kmある大きな庭園で、春には桜、秋にはモミジなどが楽しめます。また、夏に大沢の池で行われる灯篭流し「宵弘法」のように四季折々のイベントも開催されていて、それぞれの季節の大覚寺を楽しむことができます。

詳細情報

  • 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
  • 075-871-0071

③竹林の小径(チクリンノコミチ) / 嵯峨嵐山駅より徒歩15分

3つめにご紹介するのはこちら。嵐山のシンボルの1つ、「竹林の小径」です。400mも続くこの見事な小径は、京都を代表する風景でもあります。青々とした竹が目の前にも空にも果てしなくのびていて、歩いているとまるで別世界にいるかのように感じられます。
竹林の小径では平坦な道だけでなく、上がり坂・下り坂、また途中線路がでてきたりと、色んな角度から竹林を楽しめます。また、道中野宮神社や大河内山荘庭園にも立ち寄れます。日没後にはライトアップされるので、幻想的な夜の散歩を楽しむこともできます。

詳細情報

  • 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 竹林の小径
  • 075-451-8111

④野宮神社 / 嵯峨嵐山駅より徒歩11分

4つめにご紹介するのはこちら。嵐山のパワースポット「野宮神社」です。平安の風情が漂う日本最古の鳥居形式「黒木の鳥居」が目印の野宮神社は、なんとあの源氏物語「賢木」の巻にも登場したことのある有名な神社です。野宮神社はもともと、伊勢神宮にお仕えをする未婚の皇女「斎王」が、伊勢へ向かう前に身を清めた場所であり、とても神聖な神社なのです。
野宮神社には多くの女性の参拝者が訪れます。というのも野宮神社は縁結びや子宝安産が有名で、他にも学業や交通安全などのご利益があるんです。祀っている野宮大黒天のそばにある神石「お亀石」をなでながらお祈りをすると、1年以内に願い事が成就すると言われているので、ぜひそのご利益を自分で確かめてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

  • 京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
  • 075-871-1972

⑤祇王寺(ぎおうじ) / 嵯峨嵐山駅より徒歩24分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する