• はてぶ
  • あとで

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

詳細情報

7. 広栄堂 / 秋田市

次にご紹介する秋田県のおすすめ観光スポットは秋田市にある「広栄堂」です。秋田駅から徒歩15分くらいのところにあります。こちらのお店ではインパクト抜群なかき氷がいただけるんです。夏の風物詩を味わうのにぴったりなスポットです。
なんといってもこちらのお店の看板メニューは「生グソ」。「生グソ」とは、「生グレープフルーツソフト」の略なんだそうです。爽やかなグレープフルーツシロップに果肉入りで大満足の一品です。ユニークな名前に惹かれてやってくるお客さんも多いのだとか。

詳細情報

8. 入道崎 / 男鹿市

男鹿半島の西北端にある「入道崎」は、景勝地としても知られており、ゆったりとした時間が流れています。ここまでは、なまはげラインを通ると近いのですが、おが潮風街道を通った方が海が見えるので、時間がある方はそちらを通るのがおすすめです。
入道崎のシンボルである入道埼灯台は、日本の灯台50選に選ばれている日本最北端の登れる灯台なんです。灯台を登った場所から見える景色はまさに絶景。モノクロのボーダーがなんとも可愛らしいデザインの入道崎灯台へドライブがてら行ってみるのもいいですね!

詳細情報

9. 釜谷浜海水浴場 /山本郡

続いてご紹介するのは、「釜谷浜海水浴場」です。秋田県内でも水がきれいな海水浴場として地元でも人気のこちら。秋田の美しい海と空を独り占めすることができますよ。近くには風力発電所があるので、ビーチの横に風車が並んでいる景色もまた美しいですよね。
例年夏になるとサンドクラフトのイベントが開催され、多くの海水浴客で賑わうそうですよ。2021年は7月24日から8月31日が砂像展示期間になっています。また、ここから見える夕日は何にも邪魔されることなく見ることができ、“サンセットビーチ“と呼ばれることもあるのだとか。ゆっくりと日本海へ沈んでいく夕日は、特別な思い出になること間違いなしですよ。

詳細情報

秋田県山本郡三種町大口字釜谷

3.11 023

10. 角館 / 仙北市

みちのくの小京都と呼ばれる「角館(かくのだて)」は、今もなお城下町の面影が残る美しい街並みが特徴的な場所です。周辺には、落ち着いた雰囲気が漂うお食事処やカフェもあるのでゆったり過ごすには持ってこいです!風情ある街並み散策がしたい方にはおすすめなスポットです。
角館に行く際はレンタサイクルがおすすめです。「角館」駅前の自転車屋さんで有料で自転車を借りることができ、さわやかな風を浴びながら徒歩よりも広範囲で疲れずに街並みを楽しむことができます。美しい街並みと軽い運動で心身共にリフレッシュしましょう!

詳細情報

11. ゴジラ岩 / 男鹿市

「ゴジラ岩」は、石川県や北海道などにもありますが、某CMで秋田県のゴジラ岩が使われたことから、秋田のゴジラ岩は瞬く間に世間に知れ渡りました。男鹿半島の潮瀬崎にあり、一際目立っているのがゴジラ岩です。迫力のある写真をきっと撮影することができますよ。
ゴジラ岩を撮る際に、特におすすめな時間帯は夕焼けの時間帯です。夕日とマッチするとさらに迫力が増してかっこいいゴジラが浮き上がります。ぜひ、絶好のタイミングを狙って行ってみてください。人気の観光スポットなので、少し早めに行くことをおすすめします。

詳細情報

秋田県男鹿市船川港小浜

3.16 1276

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

12. 尾去沢鉱山 / 鹿角市

「鹿角花輪」からはタクシーで約10分のところにある「尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)」は、奈良時代に発見されたと言われている歴史ある鉱山です。人の力で掘られたとは思えないほどのスケールの採掘跡は見応えバッチリで必見です。
坑道見学コースは長いコースでも約45分で回ることができます。尾去沢鉱山は、江戸時代の完全な形のまま残されている日本でも最大級の鉱山です。暑い夏にも涼しく見学することができます!めったに見ることのできない坑道の見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

13. なまはげ館 / 男鹿市

秋田といったら欠かせないのがなまはげですよね。そんななまはげの歴史を学ぶことができるのが「なまはげ館」です。「羽立」駅からタクシーで15分、昭和男鹿半島I.Cから車で40分程で行くことができます。“なまはげ”という文化があるのは知っているものの、よくわからないという方にはぜひ訪れて頂きたいスポットです。
ここには、男鹿市内各地で実際に使われていた110体のなまはげと40枚のなまはげ面が展示されています。なまはげになりきって写真が撮れたり、なかなか目にすることのできないナマハゲ面の手彫り作業の実演など、秋田を存分に感じることができちゃいます!

詳細情報

たくさんの自然に触れてリフレッシュ!

いかがでしたか?秋田には自然がたくさんあり、アウトドア派の方には特に持ってこいなスポットがたくさんあります。夏には東北三大祭りの一つである竿燈(かんとう)祭りもあるので、その前後で秋田観光をするのもいいですよね。ぜひ参考にしてみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する