• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
“プルドポークバーガー”が気になる!西麻布に『パルプリズム』OPEN

2018年6月1日(金)、新感覚のファストフード店『PULPLISM(パルプリズム)』が、西麻布にオープンしました。日本で数少ないプルドポークバーガーを提供する店でありながら、手作りにこだわったオリジナルのサイドメニューを展開する新感覚のファストフード店。またフードだけでなく、DJブースや若手クリエイターによる作品を展示・販売し、“空間”も楽しめる店舗デザインとなっています。

このまとめ記事の目次

新感覚のファストフード店『PULPLISM』西麻布にOPEN

オープン日:2018年6月1日(金)

2018年6月1日(金)、新感覚のファストフード店『PULPLISM(パルプリズム)』が、西麻布にオープンしました。
パルプリズムは、日本で数少ないプルドポークバーガーを提供する店でありながら、手作りにこだわったオリジナルのサイドメニューを展開する新感覚のファストフード店。またフードだけでなく、DJブースや若手クリエイターによる作品を展示・販売し、“空間”も楽しめる店舗デザインとなっています。

“プルドポークバーガー”って?

プルドポークとは、豚肩ロースやモモ肉の塊をフォークで裂けるくらいまで柔らかく調理した料理であり、パルプリズムでは、豚の肩ロース肉を8種類のスパイスで1日漬け込み、表面だけ焼き色を付け、その後約3時間かけてじっくり低温で火入れし、さらにフォークで細かくほぐして4種類のオリジナルソースの中から好きなソースで仕上げてくれるのだとか。
手間を惜しまず作り上げるプルドポークバーガーは、ふわふわのバンズとホロホロのお肉の旨味にコールスローの食感が合わさり、絶妙なバランスであと引く旨さがクセになる味です。上質な豚肉のパティはボリュームはあるのに、意外とあっさり食べることができるのだとか。BBQ、ビネガー、和風、HOT、あなたはどのソースにしますか?
サイドメニューでは、王道のポテトチップスの他にも手作りドレッシングを使用したサラダやマカロニチーズ(600円・税込)、チーズカード(cheese curd)とグレービーソース(gravy sauce)がかかったカナダの伝統料理であるフライドポテト「プティン」(600円・税込)などが楽しめますよ。

プルドポークバーガーが気になる!

日本で数少ないプルドポークバーガーが堪能できるお店ということで、注目度が高いですよね。『PULPLISM』は、定期的に音楽イベントや個展を開催し、ビールを片手にプルドポークバーガーと“アート”を愉しめる今までにないクリエイティブな空間を併せ持つスポットとなるそうですよ。

詳細情報

店名:PULPLISM(パルプリズム)
オープン日:2018年6月1日(金)
営業時間:月~木 11:30~24:00(フードラストオーダー 23:30/ドリンクラストオーダー 24:00)金・土 11:30~26:00(フードラストオーダー 25:30/ドリンクラストオーダー 26:00)日 11:30~18:00(フードラストオーダー 17:30/ドリンクラストオーダー 18:00)
  • 東京都港区西麻布1-8-13

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する