• はてぶ
  • あとで
いま海外?って言われちゃお。東京にいながら8つの世界のグルメ旅に出発

写真で見ると“まるで海外”な、東京で味わえる世界各国の料理店。定番のイタリアンやスパニッシュなども良いですが…「え、どこいるの?」って思われちゃうような、普段あまり見かけない「異国料理」を集めました。東京にいながら、食の世界旅行へ出かけてみませんか?(掲載されている情報は2018年6月公開のものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.【ブータン】ガテモタブン / 代々木上原

代々木上原にあるブータン料理専門店「ガテモタブン」。ブータン料理は世界で1番辛い料理とも言われていますが、厳密にいうと「世界で1番トウガラシを使う料理」であり、現地ブータンでは辛味として使うだけでなく“野菜”として食べるんだそう。
ミミが何とも愛らしいこちらの正体は「モモ」という、日本でいう蒸し餃子です。皮から手作りで、もちもちの食感がたまりません。ただし、上に乗る“赤いもの”は唐辛子を油で炒ったものでしっかり辛いので、ご注意を!

詳細情報

2.【ギリシャ】Spyor's(スピローズ) / 蒲田

ギリシャ料理専門店「Spyro's」です。ハネムーン先にも人気なギリシャ。地中海に囲まれていて、白と青を基調とした街並みが有名なサントリーニ島が思い浮かべます。ここSpyro'sもそんな色合いを基調とした装飾で、まさしくギリシャ気分が味わえるかも。
「グリースサラダ」はフェタチーズが乗っているのがギリシャ風。ヤギのミルクで作られたチーズなんです。「ムサカ」はギリシャを代表するお料理で、ラザニアの原型とも言われています。何層も具材が重ねられていて、チーズがとろ〜っと。美味しいに決まっていますね。

詳細情報

東京都大田区蒲田5-7-6 蒲田CCMビル3階

写真を投稿する
3.05 00

3.【ベラルーシ】ミンスクの台所 / 六本木

ロシアとポーランドに挟まれたベラルーシ料理専門店「ミンスクの台所」です。ベラルーシと言えばジャガイモ・ビーツ・ディルが三大食材と言われています。日本人の口にも合う味わいで、ロシア料理にも似ています。ミンスクの台所は店員さんの制服が、民族衣装の可愛いワンピース。つい、こっちにも見惚れてしまいます。
ビーツをたくさん使うことで、彩も綺麗なのが特徴です。こちらの「パプリカの肉詰め」も色が違うパプリカを組み合わせているので、とってもカラフル。中には挽き肉やお米、野菜が詰まっていて、食べ応えも抜群。かかっているサワークリームが良いアクセントです。

詳細情報

東京都港区麻布台1-4-2

3.03 011

4.【オーストラリア】Arossa / 渋谷

オーストラリア専門料理「Arossa」です。渋谷の松濤に位置し、ちょっぴり大人の雰囲気です。銀座にも姉妹店があり、そこではニュージーランド料理を頂けるのでそこにも心惹かれてしまいます。おすすめはディナータイム。お魚からお肉まで、実はバラエティに富んだお料理があるんです。
オーストラリアらしく、お肉はビーフやラム以外にカンガルーやワニもあります。牧草牛と穀物牛とそれぞれのステーキもあり、おすすめは「牧草牛リブアイ」。日本でよく食べられる穀物牛はいわゆる霜降り肉。牧草牛はその名の通り牧草を食べて育ったので赤味がしっかりして“お肉”をしっかり感じられますよ!

詳細情報

5.【エチオピア】Queen Sheba(クイーンシーバ) / 中目黒

“アフリカ料理”すらもなかなか聞きなれませんが、エチオピア料理となるともはや未知の世界…と感じられる人も多いのでは?歴史をさかのぼると、エチオピアはアフリカで唯一植民地化されなかった国なので、他国の影響を受けることなく独自の文化が今でも残っています。なので、料理にもそれが反映されているのが特徴です。
「インジェラ(左上)」は、エチオピアの主食で、クレープ状のパンのようなもの。日本では食べなれない酸っぱさが印象的。インジェラを様々なお料理につけたり、一緒に巻いて食べたりします。現地には年に200日以上断食をする日があり、その場合は動物性たんぱく質を食べてはいけないことから、野菜や豆を使った料理が多くなったそう。

詳細情報

東京都目黒区東山1-3-1 ネオアージュ中目黒B1階

3.08 07

6.【イスラエル】Ta-im(タイーム) / 恵比寿

イスラエル料理専門店「タイーム」のランチタイムに来たら、プレートランチ一択です。ひよこ豆をペースト状にした「フムス(左上)」がたまらない美味しさ。豆の香りがしっかりある濃厚な味わいで絶品です。
このようにピタパンの中に具材を挟めば、いま流行りの「ピタサンド」の出来上がり。このコロッケは「ファラフェル」というひよこ豆のコロッケ。イスラエル料理は、世界的にもベジタリアンの人に注目されているんです。おかずは他に、チキンやラム肉なども選べますよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する