• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】煌びやかな水族アートが今年も!「アートアクアリウム」日本橋&名古屋&上海で開催

毎年夏に開催されており、累計有料入場者数はなんと835万人にまで及ぶ「アートアクアリウム」。2018年は東京、名古屋に加え、中国・上海で初開催されますよ。“金魚”のルーツをたどれる内容になっているのだとか。日本が世界に誇る水族アートを見に、足を運んでみては?

このまとめ記事の目次

あの「アートアクアリウム」が2018年も開催

アートアクアリウムとは、美しい水槽の中で泳ぐ金魚や錦鯉たちに囲まれる幻想的な空間を楽しむことができるイベント。毎年夏に開催されており、累計有料入場者数はなんと835万人にまで及んでいます。光・映像・音楽・香りが融合した最先端の水族アートとなっており、日本が世界に誇ることのできる展覧会です。
そんなアートアクアリウムが、2018年も開催されることが決定しました。今年は、東京、名古屋、そして中国の上海で開催されるのだとか。

ECO EDO 日本橋「アートアクアリウム2018~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウム」

開催期間:2018年7月6日(金)~9月24日(月・祝)

※画像は過去のものです。

日本橋三井ホールでは、2018年7月6日(金)~9月24日(月・祝)の期間、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウム」が開催されます。
by Ami

※画像は過去のものです。

今年の東京・日本橋会場のテーマは「江戸・金魚の涼」。会場コンセプトは「真の日本」です。江戸時代に日本橋の庶民文化として根付いていた夏の金魚鑑賞を現代に蘇らせ、金魚や錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚を展示するのだとか。2018年の新作〈天井金魚(仮称)〉をはじめ、江戸時代に迷い込んだかのような空間を満喫できる内容になるそうですよ。

※画像は過去のものです。

また、19時以降は会場内でドリンクを楽しみながら展示を楽しめる「ナイトアクアリウム」も開催。国内外で話題のDJプレイやジャズバンドのライブ、舞妓さんのパフォーマンスや花魁ショーなど、普段は見ることのステージを楽しむことができます。

※画像は過去のものです。

アクアリウムと一緒に、お酒も。ナイトアクアリウムだけのオリジナル「金魚カクテル」や、日本酒「獺祭」がおすすめです。毎週木曜日は、「獺祭(だっさい)ナイト」も開催されます。

「東海テレビ開局60周年記念 アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~」開催

開催期間:2018年7月21日(土)~9月16日(日)

※画像は過去のものです。

2018年7月21日(土)~9月16日(日)には、松坂屋美術館で「東海テレビ開局60周年記念 アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~」が開催されます。

※画像は過去のものです。

名古屋会場は、2014年以来4年ぶりの開催。「江戸・金魚の雅」をテーマに、〈大奥〉や〈キモノリウム〉などの人気作品を初展示します。“和の世界のアートアクアリウム”がさらにパワーアップしますよ。

「上海環球金融中心10周年記念特別企画 ART AQUARIUM & NIGHT AQUARIUM IN 上海 锦鳞・溢彩 ~凌空金鱼艺术展~」開催

開催期間:2018年10月25日(木)~2019年2月17日(日)

※画像は過去のものです。

さらに今年は、2018年10月25日(木)~2019年2月17日(日)の期間、中国・上海で「アートアクアリウム」を初開催。中国は、“金魚”発祥の地なんです。

※画像は過去のものです。

テーマは「“空の世界”と“水の世界”の融合」。美しい上海のパノラマを背景にし、“空の世界”と『アートアクアリウム』が織り成す“水の世界”が融合する未体験の世界を体験できるのだとか。名作〈花魁〉や〈キリコリウム〉〈九谷金魚品評〉などが中国でも展示されますよ。18時以降は会場内で夜景を楽しみながら展示を見られる「ナイトアクアリウム」も実施されるそう。

※画像は過去のものです。

この夏は“金魚”のルーツをたどりにいこう。

※画像は過去のものです。

いかがでしたか?毎年大人気のアートアクアリウム。今年は3都市で、“金魚”のルーツをたどれるような内容になっているそうです。デートにもぴったりの幻想空間、ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

■ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウム
開催期間:2018年7月6日(金)~9月24日(月・祝)/会期中無休
開催時間:日-金曜日 11:00-22:30(最終入場:22:00)土・祝前日 11:00-23:30(最終入場:23:00)アートアクアリウム:11:00-19:00、ナイトアクアリウム:19:00-上記各曜日に準ずる
※スペシャルイベント開催日は、開催時間が異なります。
会場:日本橋三井ホール
入場料:当日:一般(中学生以上) 1,000円/子ども(4歳以上 小学生以下) 600円/3歳以下 無料 ※小学生以下は、保護者要同伴

■東海テレビ開局60周年記念 アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~
開催期間:2018年7月21日(土)~9月16日(日)/会期中無休
開催時間:10:00-19:30(最終入場 19:00)
会場:松坂屋美術館
入場料:当日:一般(中学生以上) 1,000円/子ども(4歳以上 小学生以下) 800円/3歳以下無料 ※小学生以下は、保護者要同伴

■上海環球金融中心10周年記念特別企画 ART AQUARIUM & NIGHT AQUARIUM IN 上海 锦鳞・溢彩 ~凌空金鱼艺术展~
開催期間:2018年10月25日(木)~2019年2月17日(日)/会期中無休
開催時間:10:00-22:30(最終入場21:30)アートアクアリウム:10:00-18:00、ナイトアクアリウム:18:00-22:30
会場:上海環球金融中心 展望台スカイアリーナ94
入場料:一般 120元

※そのほかの詳細は下記リンク(公式サイト)をご覧ください。
  • 東京都中央区日本橋室町2-2-1
  • 03-5200-3210
  • 愛知県名古屋市中区栄3-16-1
  • 0522511111
  • 100 Shi Ji Da Dao, LuJiaZui, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, China
  • +86 21 3867 2008

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する