• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
泊まれる本屋×BLACKカフェ。新宿のブックアンドベッドトウキョウに行ってきた

泊まれる本屋がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」。ご存知の方も多いのではないでしょうか。そんなこちらのお店の新店が今年5月22日(火)、新宿にオープンしました。とってもおしゃれなカフェも併設されている魅力的なこちらのお店、実際に訪れた筆者がその魅力をご紹介します。(※掲載されている情報は2018年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

BOOK AND BED TOKYO

東京都内、そして京都や福岡に店舗を拡大している「BOOK AND BED TOKYO」。泊まれる本屋をコンセプトとした話題のお店なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

新宿に「BOOK AND BED TOKYO」が新オープン

そんなBOOK AND BED TOKYOですが、2018年5月22日(火)に5店舗目である新宿店がオープンしました。今回は、今までの店舗よりもさらにパワーアップした「BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU」の魅力を実際に訪れた筆者が徹底解剖します!
新宿店は、約2400冊の蔵書があり、都内最大の規模なんだとか。そのジャンルも様々なものが揃えられていて、好みやその日の気分に合わせて選ぶことができます。
また、何と言ってもこちらのお店はインテリアがすごいんです!雑誌がおしゃれにディスプレイされているこちら、あまりのフォトジェニックさに写真を撮っている方が多くいました。
そして、天井からは漫画の原画が吊るされています。こんなユニークなインテリア、他に見たことがないですよね。圧倒的な世界観の中、時間を忘れて読書に没頭することができました。
本棚の一角にベッドスペースがあるようなレイアウトになっていて、まるで本棚の中に入り込んでいるかのような感覚で本を読み、さらにそのまま寝落ちすることができます。その他にもより広い宿泊スペースもあります。

ブラックがテーマのおしゃれカフェ

また、こちらの店舗の最大の特徴は、カフェが併設されていること。「by BOOK AND BED TOKYO(バイ ブックアンドベッドトウキョウ)」というカフェで、福岡や名古屋で期間限定で営業していたんだそう。こちらのカフェは、ブラックがテーマカラー。メニューが黒で統一されているんです。黒のグルメってとっても珍しいですよね。ついつい写真をとってもしまうフォトジェニックさです。
人気のドリンクメニューは、「ダークコーヒーゼリーミルク」。筆者もこちらのドリンクをいただきましたが、甘さ控えめでドリンク感覚でとっても美味しかったです。本当に真っ黒でフォトジェニックな見た目です。
食事のメニューも充実しています。こちらはアボカドのトースト。パンは竹炭を使っているために黒いんだそう。真っ黒いパンにグリーンのアボカドが映えますね。とっても人気のメニューです。
こちらはドーナツアイス。甘いドーナツに冷たいアイス。読書をして少し疲れた頭を癒すことができるメニューです。ペロリといただくことができますよ。
また、こちらの店員の方はとてもフレンドリーなんです。ぜひお話ししてみてくださいね。ちなみに、支払いは交通系ICカードかクレジットカードのみ。現金での支払いはできないのでご注意を。

泊まれる本屋×カフェ

いかがでしたか。オープンしたばかりの「BOOK AND BED TOKYO 新宿」の魅力をご紹介しました。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年6月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

詳細情報

  • 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8階
  • 非公開
  • 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8階
  • 非公開

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する