この夏の国内旅行はここで決まり!富山県のおすすめ女子旅スポット11選

この夏友達とどこに行こうか悩んでいる方も多いのでは?せっかくの女子旅をするのなら、思い出に残るものにしたいですよね。それなら、富山県で思いっきり女子旅を楽しみましょう。今回は、富山に行きたくなるおすすめ女子旅スポットをご紹介致します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

富山市ガラス美術館

富山は、世界有数のガラスの街として知られているんです!そんな富山のガラスを体感したいというときにおすすめしたいのが、「富山市ガラス美術館」です。こちらは、複合施設「TOYAMAキラリ」内にある公立美術館です。
館内には富山市が30年にわたり、収集してきた国内外の現代ガラス芸術作品を楽しめる展示が目白押し!フォトジェニックな写真を撮影するのにもぴったりのスポットです。図書館やカフェも併設されているので、ゆったりとした時間を過ごせるはず。

富山市ガラス美術館

富山県富山市西町5-1 富山市ガラス美術館

3.14 26560

スターバックスコーヒー 富山環水公園店

富山市にある「スターバックスコーヒー 富山環水公園店」。なんとこのスターバックスは、世界中に何万と店舗のあるスターバックスの中でも、「世界一美しいスターバックス」に選ばれたことのある店舗なのです!
シンプルなデザインの建物ですが、店内の窓からは公園のシンボルである「天門橋」を楽しむことができます。夜には公園がライトアップされ、夕焼けも美しく見えるスポットですよ。ぜひ休憩に利用してみてくださいね。

宇奈月温泉 延楽

観光地に行くだけが旅とは限らないですよね。そんな時、訪れたいのが黒部市にある温泉「宇奈月温泉 延楽」。温泉宿に泊まってのんびりするのも女子旅の楽しみ方。宇奈月の温泉は透明度は高いと評判で、外の自然を水面がきれいに反射するんです。
色々なお風呂がありますが、中でも圧巻なのが檜の露天風呂「華の湯」。外の景色は四季によって移り変わっていくので、まさに自然の絵画のよう。温泉宿に泊まって思いっきり温泉を満喫するのもいいですよね。

株式会社 能作

鋳物の伝統技術と観光を融合させた高岡市にある施設「株式会社 能作」。こちらでは工場内の製造過程を眺める通路が設置されていたり、お買い物、カフェを楽しむことができるんです。楽しく学べる富山有数の観光スポットです。
施設内にはフォトスポットになりそうなところがたくさんあります。旅の思い出に写真は欠かせないので大切ですよね。能作の器にのった料理を食べられる贅沢なカフェで休憩してみるのもいいですね。カフェではアフタヌーンティーもあるので、お茶の時間に訪れるのがベストかもしれません。

富山県美術館

富山市にある「富山県美術館」。富岩運河環水公園の中にある美術館で、ピカソやシャガールなどの巨匠の絵画だけではなく、抽象美術など20世紀の美術など、幅広く楽しむことができるスポットです。
時期によって様々な魅力的な展示がされています。また、芸術作品だけでなく開放的な屋上庭園も必見です。12月1日から3月15日の間は開放していませんが、それ以外の時期なら入ることができ、カラフルな遊具が置かれているんですよ。

雨晴海岸

高岡市にある「雨晴海岸(あまはらしかいがん)」です。能登半島国定公園内にあり、「日本の渚100選」にも選ばれたことのあるスポットで、富山を代表する絶景スポットです。多くの歌人の詞にもうたわれており、昔から変わらない絶景を楽しむことができます。
JR氷見線の雨晴駅から徒歩約5分というアクセスの良さなので、車なしの女子旅にも嬉しいですよね。海の上から標高3000m級の山々を眺められる絶景スポットで、日頃の疲れを癒してみては?また近くの道の駅では、地域の特産品をお土産として購入できちゃいます。

雨晴海岸

富山県高岡市松田江長浜

3.18 21339

黒部峡谷

「黒部峡谷(くろべきょうこく)」は、富山県黒部市、黒部川にある峡谷で、飛騨山脈を分断する大きな渓谷です。日本一深いV字谷としても有名なこちらは、国の特別天然記念物に選ばれるほど美しいスポットです。
黒部峡谷鉄道というトロッコ電車に乗りながら観光や自然を楽しむのもおすすめ。春は新緑、夏は美しい水の流れ、秋は紅葉を楽しむことができるスポットです。橋やトンネルを抜けながら、自然を楽しむのは最高ですね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する