• はてぶ
  • あとで
本場の西海岸を満喫!カリフォルニア観光で欠かせないスポット10選

アメリカ西海岸といえばカリフォルニア!女子旅でも人気なエリアで、ロードトリップをする人が増えています。行きたい所がありすぎてどこに行くか迷ってしまいますよね。今回はカリフォルニア観光で欠かせないおすすめなスポットを厳選し、たっぷり楽しめる10選をお届けします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク/ アナハイム

まず必ず行きたいのは有名なテーマパークですよね!カリフォルニアアナハイムにあるディズニーランド・リゾートには、「ディズニーランド・パーク」と「カリフォルニア・アドベンチャー・パーク」と言う2つのテーマパークがあります。カリフォルニアアドベンチャーは世界で唯一、カリフォルニアをテーマにした遊園地。東京ディズニーリゾートにはないアトラクションが多いので、東京ディズニーランドのリピーターでも大満足できます。
パーク内にはヤシの木があったり、カリフォルニアらしい風景が多いので色々なフォトスポットで撮影するのも楽しみの一つですね。ミッキーの顔が目印の観覧車はもちろん、キャラクターのフードやスイーツも可愛いのでついつい欲しくなります。そしてカリフォルニアアドベンチャー内にはスターバックスがあり、ここでしか手に入らない限定マグを探してみては?

詳細情報

②ベニスビーチ / ベニス

photo by bluesky_42
次に紹介するのは、カラフルで賑やかなベニスビーチ。ストリートカルチャーやアートなど、様々な魅力を持ち合わせるビーチです。美味しいグルメに、サイクリングや散歩にもぴったりの過ごしやすいベニスビーチは年齢を問わず楽しめるおすすめの観光スポットです。バスケットボールコートや誰でも利用できるスケートボードパークなどもあるので参加してみたり、見ているだけでも楽しめます。
photo by bluesky_42
ヤシの木が続くボードウォークにはTシャツやキーホルダーなどを販売するお土産屋さん、サングラスショップ、露店、カフェ、レストランなどが充実しています。面白いお店が沢山あり、様々なアートに触れ合うことができるベニスビーチはカリフォルニアに来た事を実感できますよ。

詳細情報

③サルベーションマウンテン/スラブ・シティ

photo by bluesky_42
カリフォルニアロードトリップで欠かせないスポットは、「サルベーションマウンテン」という砂漠に現れるカラフルな山です。ロサンゼルスから車で約3時間、砂漠の一本道を進んで行くと突然現れるカラフルなカリフォルニアの砂漠のオアシスは、芸術家レオナードナイトさんによって、30年の月日をかけて作られたアート作品です。いたるところに見える「GOD IS LOVE」の文字通り「神は愛」というメッセージを表現していて、愛が沢山つまった場所です。
photo by bluesky_42
SNSでも話題の「サルベーションマウンテン」はカリフォルニア旅行で一度は訪れたい場所ですよね。何もない砂漠を走っていると、どこにあるのか?まだかな?と、不安になりますが、カラフルな山が現れた時にはとても感動します!道路際にも可愛い看板が立っていて、中にはペインティングされた車や山の横には礼拝堂などもあります。黄色くペイントされている道を歩いて頂上まで登ることができますので、他から登らずに「黄色い道」を歩いてくださいね。頂上からの景色も壮大な砂漠が見渡せるので必見です。このようにサルベーションマウンテンは、どこを撮ってもフォトジェニック!カリフォルニアに来たら訪れてみたいスポットですよね。

詳細情報

④サンタモニカ・ピア / サンタモニカ

サンタモニカ・ビーチの中ほどにある桟橋「サンタモニカ・ピア」は有名なフォトスポットです。海に突き出すピアは観光客で賑わう人気スポット。お土産物のショップやカフェが並び、散歩するだけでも充分楽しめます。先端付近まで歩くとサンタモニカ周辺の海岸線を一望できるのでおすすめです。
ピアには、入場無料の小さな遊園地「パシフィックパーク」があります。ジェットコースターなど定番のアトラクションが揃っていて、子供にも楽しめる場所となっています。夕暮れになるとアトラクションのネオンもライトアップされ、桟橋では波の音も重なってサンセットの時間帯は綺麗な景色を楽しむことができます。

詳細情報

⑤サード・ストリート・プロムナード / サンタモニカ

サンタモニカの中心にある南北に走る遊歩道。大型ショッピングモール「サンタモニカ・プレイス」からWilshire Blvdの3ブロック(約600メートル)を指します。端から端まで歩いて移動してもそんなに時間はかかりませんが、有名ブランドからカジュアル、セレブ御用達のセレクトショップまで、200以上の店舗があります。
観光客にはもちろん、地元の人々にも人気なエリアです。たくさんのレストランやカフェが集まり、観光客が夜まで遊べるスポットも豊富。サンタモニカビーチ沿いのOcean Aveからほんの2ブロックしか離れていないので、サンタモニカ・ピアやサンタモニカ・プレイスと合わせて周ると満喫できます。

詳細情報

⑥ゴールデン・ゲート・ブリッジ/ サンフランシスコ

カリフォルニアといえばサンフランシスコも欠かせませんね。立ち寄っておきたいのは、有名なゴールデンゲートブリッジ。魅力はその美しさと巨大さからくる圧巻の迫力です。霧の多いサンフランシスコなので、霧が濃い日でもはっきりと見えるようにとナショナルオレンジの橋になったそうです。
遠くから見たり、船でクルーズしたりと、さまざまアプローチの方法がありますが、サンフランシスコに来たからには橋の上を歩いてみたいですね。この橋には歩道があり、ウォーキングやランニングの人が多く、誰でも自由に歩くことができます。ただ多くの観光客は、橋の写真を撮っただけで帰ってしまうため、あまり歩いていません。歩いた先の景色が良いので、ゴールデンゲートブリッジに行ったらぜひ歩いてみましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する