• はてぶ
  • あとで
ただ美しい景色を眺めながらぼんやりしたい。贅沢できる海外”島旅スポット”8選

たまには、ただぼんやりと美しい景色を眺めながら、のんびりした時間を過ごしたいもの。日頃の疲れを癒してくれ、非日常を味わえる贅沢な旅に出たいですよね。リゾートアイランドは、プライベート感が強いものも多く、ラグジュアリーな生活を送るのにぴったりです。今回は、おすすめの海外の島旅スポットをご紹介します。眩しいほど美しい景色を眺め、ただぼんやりと何もしない贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。(※掲載されている情報は2018年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】バリ島/インドネシア

贅沢できる海外の島旅スポット1つ目は、アジア屈指のリゾートアイランド「バリ島」です。日本からは、直行便が出ており7時間半ほどで行くことができます。バリ島はこれからの夏の季節がベストシーズンなので夏休みの旅行にもおすすめです。
バリ島といえば、人気なのが「ヴィラ」。ヴィラとは一戸建ての宿のことで、広いリビングやプライベートプールがついているので、自分の別荘にいるかのようなバカンス気分を味わえるんです。バリに行って、アジアが誇る贅沢なリゾートライフを堪能してみてはいかがでしょうか?

詳細情報

【2】モルディブ

2つ目にご紹介するのは、1島1リゾートと言われている世界的な有名リゾート「モルディブ」です。ハネムーン先としても非常に人気の高級リゾートの1つです。眩しいほど輝く海が広がっており、とにかく非日常を満喫できます。
モルディブといえば、真っ先に頭に浮かぶのが「水上コテージ」。起きた瞬間から寝る直前まで海を満喫できる水上コテージは憧れますよね。モルディブに行ったら、水上コテージに泊まって、ただただ美しいモルディブの海を眺めながらぼんやりと贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

【3】マヨルカ島/スペイン

続いてご紹介するのは、自然も芸術も楽しめるスペインのリゾート「マヨルカ島」。スペイン王室一家もバカンスに訪れるという地中海に浮かぶ人気のリゾートアイランドです。バルセロナから飛行機で約1時間半ほどです。
マヨルカ島には、ターコイズブルーの海、歴史が感じられる街並み、さらにショッピングなど多彩な魅力が詰まっています。また、絶品グルメの宝庫でもあります!「パルマ・デ・マヨルカ」の夜景は、ライトアップされたマヨルカ大聖堂がとてもロマンチックなので必見ですよ。

詳細情報

【4】サントリーニ島/ギリシャ

続いてご紹介するのは、エーゲ海に浮かぶギリシャの人気リゾート「サントリーニ島」です。白を基調とした建物と、真っ青の空と海のコントラストが印象的で、ハネムーン先としても近年人気のスポットとなっています。
日本にはなかなかない統一感のあるヨーロッパらしい美しい街並み。“世界一美しい”と言われている夕日も必見です。また、青いドーム型をした屋根が特徴のギリシャ正教会の大聖堂などの観光スポットもまわってみてくださいね。

詳細情報

Dimokratias 24, Paleo Faliro 63, Greece

3.74 1236

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】ニューカレドニア

5つ目は、まだ日本人の間ではそれほど知名度が高くない楽園「ニューカレドニア」です。ニュージーランドの少し北にあり、日本から直行便で8時間半ほどで行くことができます。ニューカレドニアは、本島と周囲の小さな島々で構成されており、美しい海に囲まれています。
世界で2番目の長さを持つニューカレドニアの珊瑚礁は、「ニューカレドニア・バリア・リーフ」と呼ばれ、世界遺産にも登録されています。映画『天国にいちばん近い島』の撮影地となった離島「ウベア島」に行ってみるのもおすすめです!

詳細情報

【6】タヒチ

6つ目は、太平洋の真珠と呼ばれる「タヒチ」。日本からは、直行便で11時間半ほどと少し遠めですが、見たこともないようなクリアなブルーの海を堪能できます。またタヒチでは、フランス文化の影響を強く受けている街を散策をしたり、近くの離島へ日帰りツアーで行ってみたり、様々な楽しみ方があります。
やはりタヒチ旅行といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ボラボラ島」。年間の海水の平均温度は26度ほどなので、1年中いつ行っても海に入ることができます。シュノーケルで鮮やかな魚と戯れたり、スパで癒されたり、極上のひと時を過ごしてみてくださいね。

詳細情報

98730, BORA BORA, FRENCH POLYNESIA

3.84 2421

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【7】オアフ島/ハワイ

7つ目にご紹介するのは、日本人から非常に人気の南国リゾート、ハワイの「オアフ島」です。アクセスが良く、気候はとても快適で、治安も良く、ごはんも美味しいなど、とにかく過ごしやすいのでリピーターも多いのがこの島。
コバルトブルーの眩しいほど美しい海、アメリカブランドが安く手に入るショッピングモール、癒しを与えてくれるハワイアンミュージックや、ハワイでしか味わえない絶品グルメなど多彩な魅力を兼ね備えているオアフ島、欲張りなあなたにおすすめです!

詳細情報

【8】グアム

最後にご紹介するのは、日本からたった4時間ほどで行くことのできるグアムです。時差も1時間なので短い期間の休暇でも行きやすいのが特徴です。常夏の島なので、水温も高く、年間を通して海で遊ぶことができますよ。
グアムの海は透明度が良いので、シュノーケルやドルフィンウォッチングがおすすめ。まずは、グアムの王道ビーチである「タモンビーチ」に行って、白い砂浜と真っ青の海を満喫してみてはいかがでしょうか?

詳細情報

非日常を味わえる島旅に出かけよう。

贅沢できる世界の島旅スポットを8つご紹介しました。誰しも、たまにはゆっくりとラグジュアリーな時間を味わって癒されたいものです。自分へのご褒美に、極上の島旅をしてみてはいかがですか?(※掲載されている情報は2018年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 「あぁ時間がない!」と時間に追われる毎日を送ってはいませんか?そんな貴方には「…

  • 毎日お仕事お疲れ様です。仕事には悩みはつきもの。辛いこともありながらようやく夏…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する