この夏、瀬戸内をひとり旅!瀬戸内海沿岸で外せない定番絶景スポット11選

女子旅で話題のスポットやご当地グルメが人気のエリアなど観光地盛りだくさんの『瀬戸内』エリア!今回はそんな瀬戸内海沿岸で、ひとりでも行きたいおすすめの定番観光スポットを紹介していきます。この夏、瀬戸内の風に吹かれながら旅に出てみては?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

厳島神社 / 広島県

世界遺産にも登録されている『厳島神社』。水上の上に浮かんで立っている大きな鳥居がシンボルです。6本の柱で成り立っており、埋まっているわけではないそうです。神秘的な光景をぜひ見に行きましょう!
また大きな鳥居だけでなく、廻廊も見どころです。鮮やかな赤色が目を引く回廊で、西側と東側をこの廻廊が結んでいます。長く続くこの廻廊は、厳島神社の中でも特に歴史を感じさせる美しい建物です。

しまなみ海道 / 愛媛・広島

愛媛・広島間を結ぶ『しまなみ海道』。全長は約60キロで、7つの橋と瀬戸内に浮かぶ数々の島々を結んでいます。海や自然に囲まれたこの道をドライブやサイクリングすると、気分も晴れやかになりますよ!
サイクリングにも最適で、サイクリストの集まるスポットでもあります。愛媛と広島のアクセスも、しまなみ海道でとても楽になるので、観光スポットへの移動の際にはぜひ一度通りたい場所です。遠くから大きな橋を眺めるのも絶景ですよ!

直島 / 香川県

夏の海と芸術が見事なコラボを見せる島『直島』。こちらの島は島全体が美術館のような芸術的、フォトジェニックな島なんです。直島には、岡山県の宇野港や香川県の高松港からフェリーで行くことができます。
かぼちゃの形をしたモニュメントや『ANDO MUSEUM』という草間彌生さんや安藤忠雄さんなど、現代の日本を代表する芸術家によって作られた芸術作品が並びます。一人、直島の芸術と夏の海の景色を楽しむ旅をしてみては?

ベネッセアートサイト直島

香川県香川郡直島町琴弾地 ベネッセアートサイト直島

3.13 341658

倉敷美観地区 / 岡山県

続いて紹介するこの夏行きたいスポットは岡山県にある『倉敷美観(びかん)地区』です。昔ながらの風情が残るこの地区はまさに一人でふらりと街を巡るのにもぴったり!特に夏は川沿いに並ぶ柳の緑が映え、美しい景観が見られます。
「川舟流し」は実際に乗ってみるのも良いですが、船と柳と古屋敷という日本の美を感じる見事なコラボを写真に収めてみるのも良いかも!また、倉敷といえば定番のグルメ・クレープのような生地で餡子をまいたお菓子「むらすゞめ」も食べてみてくださいね。

父母ヶ浜海水浴場 / 香川県

photo by hasten_slowly
信じられないほど美しい夕焼けが見られる絶景スポット『父母ヶ浜(ちちぶがはま)海水浴場』。美しい夕陽は、「日本の夕陽百選」にも選ばれるほどです。たまには美しい夕焼けを見ながらひとり黄昏てみてもいいかもしれません。
風がなく晴れた日の夕焼け時には鏡面となった水面が見事に夕焼けを映し出して美しい瞬間を作り出します。運も味方につけて風がおさまったタイミングを狙って素敵な写真を撮ってみてくださいね。

父母ヶ浜

香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3

4.18 54954

尾道 / 広島県

ノスタルジックな雰囲気流れる街『尾道』。港には船が止まり、道を一本奥に入れば静かな路地に猫が1匹歩いている。そんな風情ある景色があふれる街で、何もせず過ごす1日もきっとあなたの記憶に残る旅の1ページになるはずです。
千光寺公園へはロープウェーで登っていきます。ここから望む景色も絶景。尾道の街並みや瀬戸内海に浮かぶ島々を望む景色は趣を感じる絶景です。尾道といえば、ラーメンも有名なので食べてみてください。

下灘駅 / 愛媛県

眼前に広がる広大な海の前にぽつりと佇む『下灘(しもなだ)駅』。四国予讃線の駅で、日本一海に近い駅とされ、インスタグラムでも話題の絶景駅です。夏の晴れた日にぜひとも訪れたい場所です。
特に夕焼け時はオレンジ色に染まる空と伊予灘の海、静かに佇む駅のホームが見事に絵になります。どこまでも続くかのような地平線を眺めながら、ひとり考え事をしてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する