• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
稚内に来たら絶対に訪れたいおすすめの観光名所10選

日本の最北部にある稚内は、宗谷岬など、有名な観光スポットがあるだけでなく、新鮮な魚介類も美味しいです。札幌から特急列車が走っている他、稚内空港も存在し、東京からのアクセスも可能です。市内の移動は、路線バス以外にもレンタカーが便利です。今回は、稚内のおすすめ観光スポットを10個紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

1:宗谷岬

宗谷岬は、日本最北端の岬で有名で、毎年全国各地から多くの観光客が訪れます。北緯45度31分・東経141度56分に位置するこの岬は、一般人が立ち入れる日本最北端の地となっています。なお、政府が実効支配している日本最北端は、宗谷岬から西へ約1km離れている、無人島の弁天島です。列車の発着時刻に合わせて、路線バスも運行しています。
宗谷岬周辺は公園となっており、最北端の碑・間宮林蔵像・宗谷岬音楽碑などの石碑が立っています。最北端の碑は北極星の一稜をモチーフにしたものです。また、立像となっている間宮林蔵は稚内から樺太へ渡り、樺太の島を確認した事で有名となっています。なお、快晴の日は樺太の姿も見えます。

詳細情報

  • 北海道稚内市宗谷岬
  • 0162-23-6161

2:ノシャップ岬

ノシャップ岬は、稚内駅から北に5km離れた場所にあります。アイヌ語で「ノッ・シャム」と発音し、「岬の突き出た所」と「波の砕けた場所」を意味します。空が澄んでいる時は、利尻富士や礼文島も見渡せます。なお、晴れた日の夕方には、夕日が美しく見えるため、カップルなどで賑わいます。
すぐ近くにある恵山漁港公園には、ノシャップ岬の碑だけでなく、イルカのモニュメントが置かれています。ノシャップ岬のすぐ近くに水族館があることに由来されていると思われがちですが、昔話では、イルカが宗谷海峡を渡ったと言われており、その名残となっています。なお、このノシャップ岬で、日本海と宗谷湾が区切られています。

詳細情報

  • 北海道稚内市ノシャップ2-5

3:防波堤ドーム

稚内港の北にある防波堤ドームは、海上からの高さ14m・長さ427mを誇り、外観もアートのような造りになっており、世界でも類を見ない防波堤となっています。見た感じでは、古代ローマ遺跡を思わせるような雰囲気で、中を歩いてみると、大きな空間に圧倒され、思わず上を見上げたくなります。
防波堤ドームは、冬に激しくなる北西の波がなだれ込んで、周辺の港に被害が及ぶのを防ぐために建てられました。元々は稚内と樺太を結ぶ樺太航路が運行され、冬の大波に悩まされていましたが、防波堤ドームのおかげで、冬の大波に悩まされる事も少なくなりました。現在も防波堤として役立っており、北海道遺産にもなっています。

詳細情報

  • 北海道稚内市開運1-2-2
  • 0162-23-6161

4:稚内公園

稚内公園は、市街地を見渡せる高台に存在し、隣り合う森林公園と併せて約100ヘクタールが市民の憩いの場として親しまれています。5月の中旬には八重桜や蝦夷山桜などが咲き誇り、道北の桜スポットとして有名になります。周囲には開基百年記念塔や九人の乙女の碑なども存在し、見どころが沢山あります。
氷雪の門は、稚内公園の北部にある門で、稚内市を代表するモニュメントです。サンフランシスコ平和条約により異国の地となってしまった樺太への望郷の思いと、樺太で亡くなってしまった方々を弔うため、昭和38年に建てられました。毎年8月20日は、慰霊祭「氷雪の門・九人の乙女の碑平和祈念祭」が行われます。

詳細情報

  • 北海道稚内市中央1丁目
  • 0162-23-6460

5:ノシャップ寒流水族館

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する