世界遺産マニアの筆者厳選。一生に一度は行きたい“イギリス”の世界遺産10選

日本から飛行機で約12時間ほど、観光地としても人気のあるイギリスには世界遺産が多くあります。多くの方が知っているウェストミンスター宮殿をはじめ、まだ知られていないような世界遺産がイギリス各地にあります。そこで今回は筆者が厳選した一生に一度は行ってみたいイギリスの世界遺産10選をご紹介します。このほかの世界遺産を知るきっかけにしてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年6月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1. ストーンヘンジ、エイヴベリーの巨大遺跡と関連遺跡群

Stonehenge, Avebury and Associated Sites

まずはじめにご紹介する世界遺産は「ストーンヘンジ」です。イギリス南部、ロンドンから電車やバスを利用して訪れることができるストーンヘンジ。先史時代に築かれたとされる環状列石の遺跡群が世界遺産となっています。未だにストーンヘンジの役割など不明な部分が多く、謎に包まれた世界遺産として知られています。
夏至の朝にストーンヘンジの外側のストーンの方角から太陽が昇り、ストーンヘンジの中心部に太陽が登るといった現象などから天文学的な意図があって作られたものだと考えられています。こちらのストーンヘンジを訪れる際にはあらかじめバスツアーを予約しておくとスムーズに観光することもできますよ。ぜひ事前に調べてみてくださいね。

詳細情報

ストーンヘンジ

Nr Shrewton, Wiltshire SP4 7DE

3.14 6110

2. ロンドン塔

Tower of London

お次に紹介する世界遺産は、ロンドン中心部に位置する「ロンドン塔」です。テムズ川沿いにある「ロンドン塔」は観光客の方が多く訪れる人気の観光スポットにもなっています。「ロンドン塔」は以前は要塞施設として機能していた要塞宮殿として知られています。
photo by piyopuu56
ヨーロッパにある要塞建築の中ではもっとも保存状態が良いとされている「ロンドン塔」。中庭では当時の様子を再現したパフォーマンスが行われるなど、まるでタイムスリップしたかのような体験をすることができますよ。イギリスの様々な歴史を戴冠することができるロンドン中心地の世界遺産です。

The Shard(ザ・シャード)

ロンドン塔を見渡すなら、テムズ川を挟んだ反対側に位置する超高層ビル「ザ・シャード」がおすすめです。こちらのビルの69・72階が展望室となっており、ロンドン塔だけでなくロンドン市内を一望することが可能です。少しお高めになりますが、贅沢にロンドンを満喫できるスポットとして人気が高くなっていますよ。

詳細情報

Tower of London - Constable Tower

Tower Bridge Approach, St Katharine's & Wapping, London EC3N 4AB, United Kingdom

- 060

The View from The Shard

32 London Bridge St, London SE1 9SG, United Kingdom

3.05 018

3. ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスタ・アビーとセント・マーガレット教会

Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret's Church

お次に紹介するのは、イギリスを代表する世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスタ・アビーとセント・マーガレット教会」です。ロンドンのシンボルとも言える時計台「エリザベスタワー(ビッグベン)」を含む建造物が世界遺産として登録されており、宮殿は現在国会議事堂として使用されています。
夜になればライトアップされ幻想的な宮殿を眺めることができます。1800年代に火災で一度消失していますが、昔の姿をそのまま再現するゴシック・リバイバルという様式で再建されているため以前の姿を現在にも残しています。また寺院ではほとんどの国王の戴冠式が行われるなどイギリスにおいても重要な建造物となっています。

London Eye(ロンドン・アイ)

ウェストミンスター宮殿を含む世界遺産や、ロンドン市内を見るなら「ロンドン・アイ」と呼ばれる観覧車がおすすめです。テムズ川を挟んだ反対側に位置するこちらの観覧車からウェストミンスター宮殿などを上から眺めることができ、全体を見渡すことができます。観覧車は全面ガラス張りとなっているで様々な方面を見渡すことができそうですね。

詳細情報

4. 海事都市グリニッジ

Maritime Greenwich

photo by piyopuu56
お次に紹介する世界遺産は「海事都市グリニッジ」です。イギリス南部にあり、大航海時代から19世紀末までイギリスの玄関口として発展していたグリニッジ。グリニッジ公園の丘の上には「グリニッジ天文台」と呼ばれる世界の時間の基準となる天文台があることで知られ、入り口には24時間をかけて一周する「24時間時計」が設置されています。
photo by piyopuu56
グリニッジ天文台には軽度0度線の本初子午線が通っており、実際に本初子午線をまたぐ事も可能となっておりこちらも人気の観光スポットとなっています。またグリニッジ天文台は丘の上に位置しているので、ロンドンの街並みを眺める事もでき景色を楽しむ方も多くいらっしゃいます。

詳細情報

グリニッジ Greenwich

Blackheath Ave, United Kingdom

- 072

5. エディンバラの旧市街と新市街

Old and New Towns of Edinburgh

お次に紹介する世界遺産は「エディンバラの旧市街と新市街」です。エディンバラ旧市街の中心にそびえ立つエディンバラ城が有名な世界遺産都市となっています。現在は軍事博物館として中を見学することも可能となっており、旧市街を代表する建築物です。
ロンドンからエディンバラまでは飛行機で約1時間30分ほどとロンドンからは遠い位置にありますが、街全体が世界遺産となっているエディンバラの市街を実際に訪れ時間をかけ観光し旧市街・新市街ともに体感して見るのもいいですね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

piyopuu56美味しいビールが飲みたい

このまとめ記事に関して報告する