• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
風情いっぱいの名湯温泉街を堪能。有馬のおすすめ観光スポット7選

大阪や神戸から近く、古くから温泉街として知られた有馬は、関西で有数の温泉地。かの豊臣秀吉も度々通ったという有馬温泉は、歴史ある温泉街としても有名です。風情のある街並みと温泉は、宿泊しても日帰りでも楽しめるスポット。またその他にも、名物の炭酸せんべいなどのグルメや温泉街ならではの観光スポットも見逃せません。関西の湯処、有馬の魅力をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1.有馬本温泉 金の湯

有馬温泉と言えば金泉、銀泉が有名。金泉は空気に触れることで茶褐色に変わることから、金泉と呼ばれます。金の湯は、そんな金泉を気軽に楽しめるのが嬉しい市営の立ち寄り温泉。施設の外には地元の人にも人気の足湯があり、いつも多くの人でにぎわっています。
施設内にある太閤の泉は、有馬温泉ゆかりの豊臣秀吉にちなんで、秀吉の馬印であるヒョウタンをモチーフにした蛇口がユニーク。歴史ある有馬温泉のならではの趣向ですね。ちなみに金泉に対して銀泉は、無色透明なお湯。金、銀と縁起のいいお湯処を入りくらべてみるのもいいですね。

詳細情報

  • 兵庫県神戸市北区有馬町833
  • 078-904-0680

2.太閤橋(たいこうばし)

有馬温泉街の入り口にかかる赤い欄干の橋は、太閤・豊臣秀吉にちなみ太閤橋(たいこうばし)と呼ばれています。夜はライトアップされ、幻想的な景色で夜の温泉街をいろどります。特に桜の季節には美しい桜とともに絶好の写真スポットに。橋から降りることができる親水公園も有馬ならではの景色を楽しめるスポットです。
情緒ある古湯である有馬温泉は、日本で古くから親しまれてきた温泉です。天下をとった秀吉も、好んでたびたび訪れたのだそう。太閤橋の近くには、秀吉の正妻であるねねの方の名前を冠した「ねね橋」があります。夫婦で有馬の湯を楽しんだのかもしれませんね。由緒ある温泉街で歴史の面影を感じてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 兵庫県神戸市北区有馬町

3.有馬本街道(湯本坂)

有馬温泉駅から徒歩5分の場所にある情緒ある街道です。街道沿いには食事処やお土産店などが並び、有馬散策にぜひおすすめの場所。格子戸や石の道しるべなど、レトロな風景が郷愁をさそいます。有馬名物、炭酸せんべいや有馬筆などのお店もあり、温泉につかった後の散歩にぴったりです。
お店が数多く並ぶ湯本坂でぜひやってみたい食べ歩き。有馬名物・炭酸せんべいはさくっとした軽い食感でやみつきになるおいしさです。神戸牛を扱う竹中肉店ではコロッケがおすすめ。店先で揚げているコロッケは、散策にかかせないおやつです。神戸牛を贅沢に使ったミンチカツもおすすめです。

詳細情報

  • 兵庫県神戸市北区有馬町 有馬本街道(湯本坂)
  • 079-904-0708(有馬温泉観光総合案内所)
  • 兵庫県神戸市北区有馬町813
  • 0789040298

4.天神泉源(てんじんせんげん)

有馬温泉を代表する泉源である天神泉源は、有馬天神社の境内にあります。有馬天神社は北野天満宮から分けられた由緒ある神社で、学問の神様として有名。鳥居のすぐ横で泉源がモクモクと湯けむりをあげる光景は、いかにも温泉街的な情緒がありますね。観光がてらお参りもしたいところです。
98.2度もあるという天神泉源は、金泉の温泉源。湯けむりをあげる姿は、まさに温泉街の象徴そのものです。金泉は地下185メートルから汲み上げられ、鉄分を多く含む湯は地上にあがって空気に触れることで酸化し、金色に表現される茶褐色に変化します。有馬温泉のシンボルともいえるスポットは、ぜひカメラに収めておきたいですね。

詳細情報

  • 兵庫県神戸市北区有馬町 天神泉源
  • 078-904-0708(有馬温泉観光総合案内所)

5.有馬川親水公園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する