• はてぶ
  • あとで
見たら自然と涙があふれ出す。この夏行きたい“東北の絶景”14選

暑さも本格的になってきて、そろそろ夏の旅行先を考える頃でしょうか。今回は、「この夏行きたい“東北の絶景”」をご紹介します。東北はおしゃれなお店やスポットは都会に比べたら、そう多くはありません。だけど、とっても美しい、世界に誇る絶景があなたを待っていますよ。(※掲載されている情報は2019年8月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

青森県

1.青池

まずは青森県からご紹介します。1個目にご紹介するのは、世界自然遺産に登録されている白神山地の十二湖の1つ「青池」です。インクを垂らしたかのように美しい、この“青”は完全に自然が作り出したもの。天候や角度によって、表情を変えるのも魅力の1つです。

詳細情報

青森県西津軽郡深浦町松神 青池

3.69 11177

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.奥入瀬(おいらせ)渓流

2個目にご紹介するのは、特別名勝かつ天然記念公園に指定されている「奥入瀬渓流」です。森林の奥に潜むこの渓流の流れは、豪快でありながらも、どこか繊細で、ふわふわと湧き上がる雲のようにも見えます。

詳細情報

青森県十和田市奥入瀬渓流

4.25 341124

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

秋田県

3.大曲の花火

続いて、秋田県の絶景をご紹介します。3個目は「大曲の花火」です。例年8月の最終土曜日に開催されていて、2019年は8月31日(土)に開催される予定です。“夏の秋田の風物詩”と言っても過言ではありません。毎年日本各地から多くの人々が訪れて、1年で最も秋田が賑わうイベントです。

詳細情報

4.十和田湖(イトムカの入江)

4個目にご紹介するのは、世界最大の二重カルデラ湖「十和田湖」です。この十和田湖の入江は、カヤックかボートツアーでしか行くことができない秘境なんです。この秘境に行くには鹿角郡小坂町から出発する「RIBツアー」がおすすめ。湖水は驚くほど透明で、下を泳ぐ魚を観察できるほど。

詳細情報

岩手県

5.龍泉洞

続いて岩手県の絶景です。5個目にご紹介するのは、日本3大鍾乳洞の1つ「龍泉洞」です。まだまだ未知の部分も多く、現在公開されているのは洞内の3分の1ほど。世界有数の透明度を誇るこの澄んだ青は“ドラゴンブルー”とも言われています。幻想的で、非現実的なこの空間にのまれてしまいそう。

詳細情報

6.浄土ヶ浜

6個目にご紹介するのは、「浄土ヶ浜」です。かつてこの海岸のあまりの美しさに心を奪われた僧侶が「さながら極楽浄土のごとし」とつぶやいたことが海岸の名前の由来。「快水浴場百選」にも指定されていて、夏には海水浴が楽しめます。夜にここで見る星空は、息を飲む美しさ。

詳細情報

7.高清水(たかしょうず)展望台

7番目に紹介する岩手県の絶景スポットは「高清水展望台」です。岩手県遠野市の市街地との標高差500mもある展望台で、雲海が見れることでも有名なスポットです。展望台へは車でいくことが出来ます。童話や伝承を多く残る遠野市の雲海は、神々しい絶景を作り出してくれます。

詳細情報

岩手県遠野市松崎町松崎

写真を投稿する
3.01 02

山形県

8.最上川

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する