全部制覇したい!東京都内の夏に行きたいアイス&かき氷店14選

外の気温が高い日が増えてきて、本格的に夏がやってきますね。夏といえば欠かせないのがアイスやかき氷。そこで今回は、東京都内の夏に行きたいアイス&かき氷店を14個ご紹介します。冷たいアイスで暑い夏を乗り切ってみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

茶茶の間 / 明治神宮前

日本茶に特化した甘味処「茶茶の間」では、日本茶ソムリエが淹れる日本茶と日本茶のスイーツのペアリングが楽しめます。
かき氷をはじめあんみつやアイスクリームなど、幅広いスイーツをいただくことができます。和スイーツ好きには必見のお店です。
茶茶の抹茶プレートなど、こだわりの食材を使用したスイーツはどれも絶品。
上品な味を楽しむことができます。もちろん、冷たい冷茶を飲みに行くだけでも、十分涼を感じられるはずです。

茶茶の間

東京都渋谷区神宮前5-13-14

4.08 1094
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
茶茶の間

表参道にある˚*.꒰ 茶茶の間꒱.*˚さん ・ 「抹茶ちゃプレート」2200円 ・ 明治神宮前駅から徒歩8分ほどのところにある茶茶の間さんは、日本茶と自家製スイーツが楽しめる日本茶専門店! 今回は看板メニューの抹茶プレートを注文 これは抹茶チーズケーキ、抹茶生チョコ、抹茶アイスクリームの3種類が一度に楽しめるプレート! 日本茶ソムリエの店員さんが丁寧に点ててくれた「鷲峰」という品種の抹茶がセットになって付いてきました! チーズケーキは、抹茶スポンジ、ベイクドチーズケーキ、チョコ、抹茶マスカルポーネムース、抹茶パウダーの5層仕立てになっていて、ふわっと軽めの口あたり! 抹茶生チョコは濃厚でまろやかな風味、抹茶アイスはしっかり苦味もあるタイプで下にあるバニラアイスと一緒に食べるとちょうど良い甘さ加減になってくれます! ちなみにスイーツには全て同じ抹茶を使用することで味わいと香りに統一感が生まれるようにしているそう! セットの抹茶も香りが良く、ほどよい渋みが口の中をすっきりとさせてくれるスイーツとの相性がぴったりのお茶でした! スイーツはそれぞれ単品でも注文できるし、期間限定のメニューもあるので、抹茶好きな人はぜひ一度行ってみて!! ꒰ঌ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈໒꒱ •東京都渋谷区神宮前5-13-14 12:00~19:00 ▶月・火・水定休 西明治神宮前駅から徒歩8分

静かな空間でお茶とスイーツが楽しめる♡

営業日の兼ね合いや臨時休業など、来よう!と思ってから1年以上訪問機会を逃していた【茶茶の間】さん。 美容院が早く終わり、次の約束までまだ時間があったのでダメ元で訪問。 ちょうど1席あいていて、待たずに入ることが出来ました♡ メニューブックや店内商品棚の撮影はNG。 オーダーしたのは、 ・茶茶の抹茶プレート、本日の煎茶「ひとえ」セット 2,000円(税込) 茶茶の間の抹茶スイーツを一度に楽しむことが出来るプレートで、スイーツは愛知県西尾市産の抹茶を贅沢に使用した自家製。有機栽培の抹茶の香りを活かされたスイーツたちが並ぶ贅沢プレートには 抹茶チーズケーキ・抹茶生チョコ・抹茶アイス・煎茶ゼリーのせ抹茶ババロアともりだくさん。 ひとえのお茶は「菫菜色」。 抹茶の香りがとてもいいのに、ちっとも苦くない! 爽やかでいてほんのり甘いスイーツたち。 選んだ「ひとえ」のお茶は2杯どり、ジャスミンのようなスッキリ爽やかな香りとフローラルな味わいで、どのスイーツにもあっていました。 坂をのぼってきたので思わずアイスでお願いしましたが、周りの皆さんはホットの方がほとんど。 でもね、アイスでも香りも味も十分楽しめました。 昨年、静岡のお茶畑まで見学に行きましたが、この歳になって美味しいお茶に幸せを感じるようになったので、都内でもこんなに美味しいお茶が味わえて嬉しかったです。 ご馳走様でした。

和kitchenかんな / 三軒茶屋

世田谷の閑静な住宅街で和食とかき氷を提供するお店「和kitchenかんな」。こちらのかき氷は、旬の素材を使用したふわふわで濃厚なかき氷です。
カラフルで見た目もかわいらしいかき氷は写真映えも抜群です。
季節ごとのメニューなど新メニューも頻繁に出るため、ぜひ通いたいお店。
公式インスタグラムで新メニューなどの最新情報をゲットできるので、気になった人はぜひチェックしてみてください。

和kitchen かんな

東京都世田谷区下馬2-43-11 COMS SHIMOUMA 2階

3.85 33256
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999

蜷尾家 / 三軒茶屋

三軒茶屋にある「蜷尾家(になお)」です。こちらは、台湾発のソフトクリーム店です。台湾・台南にオープンして以来、絶大な人気を誇っており、台湾のアイスクリームブームの火付け役と言われています。
本場台湾の人気フレーバーの中から週に2種類ずつが並びます。アイスクリームの他にも、ストレートティー、ミルクティーやゼリー入りのお茶など様々なメニューが揃っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

BumBunBlauCafe / 旗の台

旗の台にある「BumBunBlauCafe(ブンブンブラウカフェ)」です。「カラダに良くて美味しい」がテーマのこちらのお店は、かき氷とラーメンをいただくことができる珍しいスポット。
「BumBunBlauCafe」では、ぽってりとした見た目が可愛いエスプーマかき氷をいただくことができます。こだわりの食材を使って作られるかき氷は絶品。季節によって登場するメニューが異なるのでいつ行っても楽しむことができそうです。

PEANUTS Cafe / 中目黒

中目黒にある「PEANUTS Cafe」です。目黒川沿いにあるこちらのお店は、世界中で愛される「PEANUTS」の世界観を楽しみながらカフェやお食事ができるスポット。店内もとっても可愛く、フォトジェニックです。
こちらでは、スヌーピーの柄がプリントされたクッキーでアイスをサンドした「アイスサンドクッキー」をいただくことができます。アイスクリームの他にも、様々なメニューがあるので、ランチにもカフェにも利用できますよ。

森乃園 / 人形町

人形町にある大正三年に創業したほうじ茶の専門店「森乃園」です。ここでは、ほうじ茶を使用したこだわりの絶品ほうじ茶スイーツをいただくことができます。
抹茶のお店は比較的多いですが、ほうじ茶の専門店は意外と見かけないのではないでしょうか。
中でもここのおすすめほうじ茶スイーツは「ほうじ茶ソフトクリーム」です。ほうじ茶本来の味を楽しむことができるこのソフトクリームはほうじ茶の老舗であるここならでは。今年の夏は冷たいほうじ茶を飲むだけではなく、ほうじ茶のソフトクリームでひんやり気分を味わってみてはいかがでしょうか。

雪うさぎ / 桜新町

美味しいかき氷が食べたいならここで決まりです。かき氷の専門店である「雪うさぎ」では、SNS映えもバッチリな、ボリューム満点のかき氷を堪能することができます。ひんやりしたかき氷は暑い日にはぴったりですね。
ここのかき氷は氷がとてもふわふわで、病みつきになってしまうこと間違いなし。またここのメニューは、季節によって限定のメニューも登場するため、どの季節に訪れても楽しむことができます。

雪うさぎ

東京都世田谷区駒沢3-18-2

3.60 19145
  • 〜¥999
  • ¥1,000〜¥999
“BIGサイズ!濃厚ソース!最高です。”

【最寄駅】 桜新町駅、徒歩7分 【来店時間】 土曜日、16時頃 【用途】 ちょっと一息 【定休日】 月曜日 【予約】 なし 【待ち時間(店外)】 15分 【利用人数】 3名 【予算】 1,000-2,000円 【注文内容】 かぼちゃ キャラメル 1,000円 【こんな人にオススメ】 駒澤/桜新町エリア周辺でかき氷屋さんを探している 田園都市線沿いでかき氷屋さんを探している 【概要】 桜新町にあるかき氷専門「雪うさぎ」 池尻/駒澤エリアを散歩中に少々暑くなってきまして駆け込ませていただきました。 1番人気の「塩キャラメルグラノーラ」を中心として無果汁昔氷まで様々な種類のかき氷を提供されています! 定番メニューも豊富で季節に応じて旬な果物を利用した限定メニューなど通年で楽しむことができるお店です♪ 【レポ】 ☆かぼちゃ キャラメル 1,000円 こちら”数量限定品 女性人気No.1!濃厚かぼちゃクリーム”というキャッチコピーにやられて注文しました!w 注文物が卓に到着してみての感想としては、2点ほど。フワフワすぎだろ!サイズデカすぎだろ!になります。 味はミルクベースにかぼちゃ×キャラメルの濃厚ソース。 そしてかぼちゃナッツ?のようなものも入っていて良き味を引き出していました。 個人的にはハーフサイズとかハーフ&ハーフなんかあると嬉しいと感じました!w (もしかしてあるのかな?) ご馳走様でした!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する