• はてぶ
  • あとで
2人だけの秘密にしたい。大切な日のための「夜の浅草デート」スポット7選

観光というイメージが強い下町・浅草。デートで「昼」に行ったことがある人も多いのではないでしょうか?しかし、浅草は「夜」がとても素敵なんです。あなたの大切な人とぜひ行ってほしい浅草の夜のデートスポットをご当地グルメからナイトクルーズまで7つご紹介します。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ライトアップされた「浅草寺」にうっとり

浅草といえばやはり「浅草寺」ですよね!夜の雷門はライトアップされているので、昼間の賑やかな雰囲気とはまた一風違った、静穏とした時間が流れています。「浅草 夜デート」の開始はここでの待ち合わせから始めるのもいいですね。雷門を潜ると、皆さんお馴染みの仲見世通りが続きますが、この通りは18:00〜19:00頃には閉店するお店が多くなっているのでそこだけ要注意です。
長い仲見世通りを過ぎると、やっと浅草寺と五重塔が見えてきます。こちらも夜はライトアップされており、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出しています。デートには欠かせない「おみくじ」は夜でもやっています!二人で結果を照らし合うドキドキを味わえるのもデートの醍醐味ですよね。

詳細情報

②「ホタルナクルーズ」で非日常体験を

デートがマンネリ化している!というカップルも多いのではないでしょうか?そんなカップルにオススメしたいのが、この「ホタルナクルーズ」。実はこれ、東京都観光汽船が運営する水上バスなんです!外観は流線型を描いたフォルム、内観は幻想的なLED照明が利用されており、まるで宇宙船の中にいるような、非日常的空間が広がります。
複数の乗り場によって運行経路や到着地点は異なりますが、浅草からは、浜離宮・日の出桟橋・お台場海浜公園などへ運行しています。また、四季のイベントによって、花見クルーズや花火観覧クルーズなど多彩なクルーズがあるんです。イベントクルーズ以外であれば、飲食の持ち込みも許されているのも嬉しいですよね。水上バスは滅多に体験できないので、とっておきのデートになること間違いなしです!気になった方はぜひホームページをチェックして、予約をしてみてくださいね。

詳細情報

③「ホッピー通り」でローカルな雰囲気を味わう

観光がひと段落したら、やはりお酒を飲みたくなりますよね。ここは、仲見世通りから伝法院通りを抜けた場所にあり、下町の風情が残る浅草では、今日も活気の良い店員が客引きをしており、お昼から多くの人で賑わいを見せています。昔ながらの飲み屋でお酒を交わすデートもたまにはありかもしれませんね。
ホッピー通りは、煮込みを売りにしているお店が多いことから、別名「煮込み通り」と呼ばれています。煮込みとお酒のコラボレーションは堪らないですよね。特にオススメしたいのが「鈴芳(すずよし)」というお店。煮込みはもちろん、黒と白の「生ホッピー」も有名なんです。生ホッピーを目当てに訪れる人も多くいるほど、とても人気です。ぜひ大切な人と、下町の雰囲気とホッピーを存分に味わってみてくださいね。

詳細情報

④老舗の「風流お好み焼き 浅草染太郎」は外せない

浅草に来たらぜひ訪れて欲しいのがこの、味のあるのれんが目印の「風流お好み焼 染太郎」。お店の外観からも見てわかるように、まさに映画のセットのようなどこか懐かしい雰囲気が漂います。昭和12年から続く老舗で、現在に至るまで、多くの著名人や地元の人々に愛され続けてきました。また、店内は全て座敷のお席となっています。
ここに来たら外せないのが「お染焼き」です。具と生地をよく混ぜて、両面にしっかり焦げ目を付けるのがポイント。自分で焼くこともできますが、店員さんにお願いすれば焼いてもらうことも可能です。また、「しゅうまい天」や「あんこ巻き」などの変わり種メニューもあります。このお店は人気店なので行列ができていることも多いので事前予約は欠かせませんね。

詳細情報

⑤おしゃカフェ「SUKE6 DINER」で夜まで語らう

「SUKE6 DINER」は2015年にできた、3階にパン工場があり、1階と2階は上階で焼きたてのパンが楽しめるオールデイダイニングという新しいスタイルのカフェです。朝から夜遅くまで営業しているので、地元の方から観光客まで全ての人が気軽に立ち寄ることができるカフェとなっています。
名物は、アツアツのフライパンの上に、新鮮な野菜、目玉焼きとベーコン、焼き立てのトーストを添えた「イングリッシュブレックファスト」。ブレックファストという名前が付いていますが、1日中通して注文することができます。浅草でのデートは、観光だけの目的ではなく、このようなカフェで夜までゆっくりと語り合えるのも魅力的ですね。

詳細情報

東京都台東区花川戸1-11-1 あゆみビル1.2階

3.61 8116

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥誰もが知る「神谷バー」でお酒を嗜む

浅草といえば、浅草寺に負けず劣らず街のシンボルいうべきなのがこの「神谷バー」。このお店の歴史は、明治13年にも遡り、多くの文豪にも愛されてきました。お酒の他にもお料理も充実しており、やはりこのお店でも「煮込」は人気1位。煮込みをつつながらお酒を交わし、話もさらに弾みそうですね。
このお店で最も有名なのがこの「デンキブラン」。電気が珍しい物であった明治の頃からハイカラ品として嗜まれており、今や浅草を代表するカクテルとなっています。デンキブランは度数が45度と高いですが、「電気ブランサワー」というまろやかなカクテルもあるのでお酒が弱い方にはおすすめです。また、デンキブランは生ビールと交互に飲むのがカミヤ流という豆知識を知っておくと、相手にちょっと自慢できそうですね。

詳細情報

東京都台東区浅草1-1-1

3.30 15136

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦「東京スカイツリー」で夜景と星空を眺望

デートの締めはやはり「夜景」。展望台は22:00まで営業しているので、東京スカイツリータウン内のソラマチや、浅草周辺で夕ご飯を食べ終えたら、美しい夜景を目指して展望台へ向かうのも良いかもしれないですね。思いを寄せる人や恋人と東京の街並みを一緒に眺めると、心の距離もグッと近くことでしょう。
なんと、スカイツリータウン内には「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン」というプラネタリウムもあるんです!高クオリティな技術によるドーム内一面に広がる星空は、見る人全員の想像を覆すほど幻想的で、思わずうっとりとしてしまいます。また、ここにはカップルは嬉しい、「三日月シート」と呼ばれる二人掛け専用の席があります。とても人気なので、予約はお早めに。

詳細情報

夜の浅草でロマンチックなデートを。

いかがでしたか?昼間は多くの人で賑わっているこの街も、夜にはまた違う一面を発見できることでしょう。初デートの方も、お付き合いが長いカップルも、ロマンチックな雰囲気に相手は喜んでくれること間違いなしです!大切な人との次のデートは、夜の浅草にしてみてはいかがでしょうか。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する