長野駅からスタート、徒歩&電車バスで観光地めぐり!善光寺、小布施でのんびりぶらり旅

信州長野の夏といえば、軽井沢を思い浮かべる方も多いかと思います。松本城やノスタルジックな街並みが魅力の松本も捨てがたいですが、今年はもうひとつの中心地である長野駅を降りてみてはいかがでしょうか。駅からバスに乗って善光寺へ、お参りのあとは美味しいおやきやお菓子を頬張る楽しみも。善光寺からほど近いレトロな動物園や、懐かしい電車に揺られた先にある小布施の街まで、穏やかにたのしむ信州の観光スポットをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【善光寺表参道をぶらり】

善光寺 / 長野駅から路線バスで15分

まずは長野駅からアクセスも良い「善光寺」へ。長野駅から路線バスに乗って、善光寺大門で下車。そこから善光寺本堂まで歩いて向かいます。「遠くとも一度は詣(まい)れ善光寺」と謳われた無宗派の善光寺は、誰でも分け隔てなく受け入れる庶民の寺院として昔から多くの人々に親しまれてきました。本堂は国宝に指定されています。
参拝や見学をした後は、ぜひ本堂の内陣に入口のある「お戒壇巡り」へ(内陣券が必要です)。階段を下り真っ暗な本堂の下を壁をつたいながらゆっくり進んでいきます。どこまで続くかと不安になるかもしれませんが、大丈夫。御本尊の真下あたりにある錠前が手に触れたら、極楽浄土が約束されると言われています。

八幡屋礒五郎本店 / 善光寺から徒歩6分

お参りのあとは石畳の地面が美しい「善光寺表参道」でお買い物や腹ごしらえを。約1.8kmに渡って左右に続いているたくさんの素敵なお店、どこから行こうか目移りしてしまいますね。その中でも善光寺土産の定番のひとつと言えば、入口の大きな唐辛子が目印の七味唐辛子店「八幡屋磯五郎本店(やわたやいそごろうほんてん)」です。
日本三大七味の一つと称されている八幡屋磯五郎の七味唐辛子。缶に入った定番のものから、七味ポン酢や辛みそまで、ピリリと美味しい調味料が揃っています。中でも人気なのが善光寺本堂の絵柄をその年にふさわしいテーマに変更した限定イヤーモデル缶。今年はどんなものがあるかチェックしてみましょう。
tabelogで見る

八幡屋礒五郎本店

長野県長野市大門町83

3.13 750

門前そば処 藤木庵 / 善光寺から徒歩7分

長野と言えばやはり信州そばですね。参拝後に歩き疲れた時の腹ごしらえは善光寺門前の「信州善光寺 門前そば処 藤木庵」へ。創業190年余りの歴史がある老舗ですが、店内は近年改装されモダンな雰囲気。藤木庵こだわりの十割そばは直ぐに売り切れてしまうので、開店前から行列になっていることも。
藤木庵の人気メニューは、三種類のつゆ(蕎麦つゆ・くるみつゆ・とろろつゆ)でいただける「ごくらく蕎麦」。様々な味で味わえるのが嬉しいですね。コシのあるお蕎麦を堪能した後は、あたたかいそば湯をどうぞ。蕎麦は水溶性なので、茹でた際に溶け出した栄養素をそば湯を飲むことで補えると言われています。
tabelogで見る

藤木庵

長野県長野市大門町67

3.06 233

城山公園&城山動物園 / 善光寺から徒歩ですぐ

善光寺の庭と言えるほどすぐのところにある城山公園(じょうやまこうえん)は、善光寺に隣接した長野市で最も古い公園なんです。こちらの公園には、城山動物園・長野県立美術館・東山魁夷館などの施設があり、善光寺の喧騒から少しはなれ、ゆっくり休憩できる公園です。
園内にある「城山動物園」は、小さめの動物園でなんと入場無料です。入園すると可愛いアシカが出迎えてくれますよ。ニホンザルやペンギンなどたくさんの動物がいて、小さな動物園ながら、楽しめますよ。

【小布施をぶらり】

善光寺からは歩いて長野鉄道「善光寺下(ぜんこうじした)駅」まで行き、そこから電車に乗って栗のまち「小布施(おぶせ)町」に向かいます。乗車時間はだいたい30分くらいで到着します。車窓からは、長野の山並みが見え、田園風景も楽しめますね。

小布施駅

長野県上高井郡小布施町小布施親木1497-2

- 044

栗の小径 / 小布施駅から徒歩10分

小布施駅に着いたら、歩いて10分程度のところにある、「栗の小径」に行ってみましょう。栗の小径では、栗の木の間伐材を使って舗装された遊歩道があります。歩くたびに足の裏に当たる感触がおもしろいので、ゆっくりと歩いてみてくださいね。
風情のある道は、葛飾北斎の「北斎館」から葛飾北斎と関係の深い「高井鴻山記念館」へと続いています。栗の小径周辺には、小布施の栗菓子の名店や、ノスタルジックな日本家屋が並んだ街並みなどを見ながらゆっくり散策してみてくださいね。

栗の小径

日本、長野県小布施町小布施470

- 05

北斎館 / 小布施駅から徒歩12分

こちらは、浮世絵師である葛飾北斎の描いた晩年の肉筆画の集大成がここ「北斎館」で堪能できます。北斎と言えば富嶽三十六景などの浮世絵が有名ですが、83歳の頃に初めて小布施を訪れてから、この地でたくさんの肉筆画や錦絵などを描きました。
北斎館では4つの展示室があり、晩年のさまざまな作品を見ることができます。中でも第4展示室の「祭屋台」天井画は必見!東町祭屋台には「龍」「鳳凰」が、上町祭屋台には「男浪」「女浪」の怒涛図。男浪は街のマンホールにもなっていますので、探しながら小布施の街を散歩してみるのもまた楽しいですね。

栗の木テラス小布施店 / 小布施駅から徒歩7分

小布施の街並みを堪能したあとは、北斎館からも近い「栗の木テラス小布施店」へ。ここ小布施で栗菓子を作り続ける桜井甘精堂のお店です。こちらの紅茶は日本紅茶協会による「おいしい紅茶が飲めるお店」に認定されており、美味しいケーキと紅茶をいただけます。
栗のケーキと言えばやはりモンブラン。栗の木テラス自慢の栗あんをたっぷり使ったモンブランが人気です。他にも「マロンシュークリーム」や「栗ぷりん」といった栗スイーツ、ショートケーキなどケーキの種類も10種類ほどありますよ。行列ができる事も多いですがテイクアウトも可能です。
tabelogで見る

栗の木テラス小布施店

長野県上高井郡小布施町大字小布施中町784

3.41 745

長野電鉄 / 長野駅~湯田中駅

長野県を縦断する長野電鉄は、古い木造駅舎も多いので、目で楽しむ車窓の旅というのも良いものですね。あれ、この電車どこかでみたことあるような?こちらは特急列車のひとつ「ゆけむり」。かつて小田急ロマンスカーだった車両です。一番前の展望室もゆけむりでは乗車券プラス、特急料金(大人100円!)で乗れちゃいます。
小布施駅から美しい景色を眺めながら終点の湯田中駅まで行って温泉に入るも良し、レトロな駅舎を見かけたらただ降りてみるなんていうのも旅ならではですね。懐かしい雰囲気を味わいながら乗車できる長野電鉄。昔の営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線だったなつかしい車両も「ながでん」では現役です!

長野駅からぶらり旅

長野駅から善光寺大門まではバスで約15分。参道や街並みを楽しみながらゆっくり歩いて向かってもいいかも知れません。なつかしさが嬉しい長野電鉄に乗って少し足を伸ばせば、北斎や小布施といった駅前とはまた違った長野の魅力も感じられることでしょう。もちろん、信州のグルメを堪能することも忘れずに!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する