• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
青い海と白砂浜を欲してるあなたに!定番&穴場の東南アジアのビーチリゾート10選

夏も本番。海に行きたくて仕方ない時期ですよね。でも本州の海は、砂が黒っぽくて海もそれほどきれいでないところが多い…。やっぱり、エメラルドグリーンに輝く海と真っ白のビーチで癒されたいですよね。東南アジアには、そんな絶景のビーチが無数にあります。ホテルやアクティビティが充実している定番のビーチリゾートから、観光客がまだ少なく手つかずの自然が残る秘境アイランドなどをご紹介していきます。東南アジアは、物価が安いところが多いので、節約したい方にもおすすめです!

このまとめ記事の目次

【1】セブ島/フィリピン

まずは、日本人から絶大な支持を得ているフィリピンの「セブ島」。日本からの所要時間は5時間ととても近く、物価も安いので気軽に行くことができます。豪華なリゾートホテルから、素朴なゲストハウスまで滞在スタイルも様々です。ベストシーズンは、1月中旬~5月中旬です。
セブの海の周辺には、世界的に有名なダイビングスポットも点在します。シュノーケリングだけでも、ニモの愛称で親しまれている「カクレクマノミ」に出会えたり、ジンベエザメと一緒に泳げるツアーなどもあるので、泳ぐのが好きな方におすすめです!

詳細情報

  • Cebu Island, philippines
  • 03-5562-158

【2】スミロン島/フィリピン

2つ目にご紹介するのは、同じくフィリピンのセブにある「スミロン島」。セブ島の南に位置する「オスロブ」という村からボートで20分ほどで行くことのできる小さな離島です。この島には、潮が引いている時のみ現れる真っ白のサンドバーから上陸します。
スミロン島の海は、フィリピンで初めて海洋保護区に指定され、とにかくサンゴや海の生物が豊富。水の透明度は、セブ島と比べてもはるかに良いです。セブ島から日帰りツアーで行くのがメジャーですが、島唯一の宿泊施設に泊まってみるのもおすすめです!

詳細情報

  • sumilon island Philippines

【3】ダナン/ベトナム

3つ目にご紹介するのは、ベトナムの「ダナン」。世界遺産とビーチが両方楽しめる近年人気急上昇中のリゾートです。日本から直行便で約5時間30分のフライトなので、気軽に行くことができます。ベストシーズンは、5月から8月頃です。
ダナンから、世界遺産の古都ホイアンまで30分ほどで行くことができるんです。そしてなんと言ってもベトナム旅行の嬉しいポイントは、物価が日本の3分の1程度であること。とことん出費を抑えてた旅行にしても良いですし、普段はなかなかできないような贅沢な体験をするのもおすすめです。

詳細情報

【4】バリ島/インドネシア

続いてご紹介するのは、アジアンリゾートの代表格であるインドネシアの「バリ島」。エリアによって様々な特徴があり、多くのリピーターから支持されています。直行便で7時間ほどで行くことができ、ベストシーズンは、5月から9月です。
ビーチでマリンアクティビティを楽しんだり、寺院巡りをしたり、バリの伝統舞踊を鑑賞したり、インドネシア料理を堪能したりと、とにかく魅力がたくさんあります。まるで自分の別荘のような気分を味わえるヴィラ(一戸建ての宿)で、贅沢なリゾートライフを満喫するのもおすすめです。

詳細情報

  • Bali, Indonesia
  • 0859321493

【5】ロンボク島/インドネシア

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する