• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
この穴は何だ…? 埼玉の気になるパワースポット『吉見百穴』に行ってみたい

岩山にある無数の穴。埼玉県比企郡吉見町にある不思議な穴の遺跡、「吉見百穴(よしみひゃくあな)」。200を超える穴は、一体何のために作られたのでしょうか。埼玉の知られざる穴場パワースポットを徹底解剖します。別世界にやってきたかのような気分になれる不思議な穴の世界。あなたも、一度訪れてみませんか?

このまとめ記事の目次

不思議なパワースポットに行きたい

パワースポットを巡りたい

日本にはたくさんのパワースポットがあります。神社やお寺など、行くだけでパワーがみなぎってくる場所。自然が作り出した絶景からエネルギーをもらえる場所。自分自身がリフレッシュするためにも、パワースポットは特別な旅先のひとつです。

知られざるパワースポット

中でも心惹かれるのは、まだ人に知られていない穴場のパワースポットですよね。今回ご紹介するのは、埼玉にあるパワースポット「吉見百穴(よしみひゃくあな)」。その不思議な世界をご紹介していきます。

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」とは?

どんな場所?

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」は、古墳時代の後期に作られた横穴式墓群。今から約1400年前に作られた遺跡なのです。大きな岩山の中に全部で219基もの穴があり、日本でも稀に見る規模の遺跡です。

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」の歴史

不思議な穴を巡る論争も

以前、この遺跡は住居であったという説もありましたが、その確かな証明がなされぬまま、集合墓地という説が定着しました。また、第二次世界大戦下には、地下軍需工場として利用されていました。

地下軍需工場としての過去

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」の内部は、地下軍需工場として使われるにあたって、洞窟として切り開かれていきました。直径3メートルほどの開口部があり、碁盤の目のように通路が作られています。

夏も涼しい洞窟内

現在、その中を見学することができます。内部はとても涼しく、年間を通して15℃に保耐えれています。涼しい気分を味わうことが出来るお出かけスポットとしてもおすすめです。また、この史跡は、1923(大正12)年に国史跡の指定を受けています。

ヒカリゴケを探そう

ヒカリゴケが自生する地

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」は、ヒカリゴケが自生していることでも有名です。関東平野の中で、ヒカリゴケが見られることは非常に稀なケース。現在は、それを保全するために保護対策を行っています。

国の天然記念物

ヒカリゴケはコケの一種で、細胞が小さな光を反射させるため、光り輝いて見えます。吉見百穴で見られるヒカリゴケは国の天然記念物に認定を受けています。損なうことがないように、大切にヒカリゴケを観察するようにしましょう。

「吉見百穴(よしみひゃくあな)」へのアクセス方法

どうやって行く?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する