“東京から1時間30分”で行ける夏のおすすめ旅行先13選

旅行したい気持ちが盛り上がる、夏。ですが、なかなか仕事が忙しくてまとまった休みがとれないという方も多いのでは?今回は、そんな方におすすめな、東京から1時間〜1時間半で行ける夏のおすすめ旅行先をご紹介します。東京から1時間〜1時間半で行ける夏のおすすめ旅行先を厳選しました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

熱海 / 風情ある街並みを体感しよう

踊り子号なら80分、新幹線なら1時間以内でたどり着くことができる熱海。東京からのゲッタウェイ旅行にはぴったりですよね。温泉はもちろん、海やグルメなど旅をエンジョイできるスポットがたくさんある熱海。どことなく残る昭和の風情がたまりません。

おすすめスポット:来宮神社

夏の熱海旅行で訪れておきたいのがここ「来宮神社(きのみやじんじゃ)」。熱海のパワースポットで、緑が美しいんです。夏の暑い日に、竹林を散歩するのは気持ちいいですよね。特に夏は緑が映えます。また、ここは縁結びのパワースポットとしても知られています。そちらも合わせて楽しんでみてくださいね。

逗子 / 美しい景色や自然を楽しもう

夏といえば海のある観光地に行きたくなりますよね。逗子は電車でちょうど1時間30分ほど、車ではもう少し早く着くことができます。鎌倉や葉山も近いので旅行として周辺も観光することもおすすめですよ。

おすすめスポット:surfers

こちらの「surfers」は逗子の海を眺めながらお食事がいただけます。海沿いカフェの定番”ガーリックシュリンプ”はぷりぷりのエビがたまりませんよ。海風を感じ、最高のロケーションでいただくご飯は最高です。

おすすめのスポット:逗子海岸

逗子といえば”海”ですよね。今年度は6月28日(金)~9月1日(日) まで海水浴場が開設されます。波が穏やかなことで有名な「逗子海岸」なのでだれでも安心して楽しむことができますね。逗子に訪れた際は立ち寄ってみてください。(遊泳エリアの確認後、お楽しみください。)

房総半島 / 自然の絶景を堪能しよう

アクアライン開通により、東京からのアクセスがぐっと良くなった房総半島。車では1時間30分弱でたどり着けます。海あり山ありの雄大な大自然を楽しむことができる房総半島は、夏の小旅行にはぴったりなんですよ。

野島崎灯台

日差しがカンカン照りの日中に比べて、夏の夜は涼しくて過ごしやすい時間です。野島崎灯台では、都会では見ることのできない満天の星空を見ることができます。非日常空間で疲れた心も体もリラックスしましょう。

マザー牧場

また房総半島の観光スポットとして人気な「マザー牧場」もおすすめです。夏の時期であれば写真のような鮮やかで美しいペチュニアを鑑賞することもできますよ。動物と触れ合ったり自然を満喫したいあなたにぴったりの観光地です。

長瀞 / 豊かな自然を満喫しよう

東京から1時間ほどでたどり着くことができる埼玉県「長瀞(ながとろ)」です。観光地として人気が出てきた長瀞は、秩父にも近く、自然とグルメをさくっと楽しむにはおすすめのスポットなんです。

岩畳

ここ長瀞ではなんといっても「岩畳」がおすすめ。ここ岩畳は、断層谷や岩石段丘が連なっている渓流です。夏には冷たい水に触れたくなりますよね。荒川を船で降る"ライン下り"は、夏にぴったりのアクティビティですよ。

川越 / 古き良き町並みを体感しよう

東京から車でも電車でも1時間ほどで到着する埼玉県「川越」。川越もまた、夏の小旅行にはぴったりのスポットです。“小江戸”という愛称で知られる川越は、ノスタルジックな雰囲気が人気なんです。アクセスの良さもとっても魅力的ですよね。

川越氷川神社

川越の夏スポットといえば「川越氷川神社」。毎夏、「縁むすび風鈴」というイベントが開催されています。二千個以上の江戸風鈴が飾られ風の音を運ぶ様子は、まさに夏の風物詩。浴衣を着たりしてみてもいいかもしれませんね。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

torigasuki知らない鳥まだまだたくさん

このまとめ記事に関して報告する