• はてぶ
  • あとで
大分・別府の人気グルメまとめ10選!冷麺・地獄蒸しからB級グルメまで

大分県の別府といえば別府温泉を思い浮かべる方が多いと思いますが、美味しいグルメがあることでも有名です。ご当地グルメの冷麺から新鮮な海鮮、地獄蒸しなどの美味しいグルメに心地の良い温泉。想像するだけで別府に行きたいと思ってしまいますね。今回はそんな別府の本当に美味しいグルメスポット10選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.手のべ冷麺専門店 六盛(ろくせい)本店/別府市松原町

別府のご当地グルメ”別府冷麺”で有名なお店はこちらの「手のべ冷麺専門店 六盛」です。冷麺というと盛岡が有名ですが、大分では昭和25年頃から冷麺のお店が大分では開かれるなどの長い歴史があり、今では別府の代表的なご当地グルメとなっています。
国産牛と昆布でとったスープはさっぱりしていながらも、しっかりと出汁の味が感じられる上品な味わいです。麺にはそば粉が入っており、コシが強く喉越しの良い麺になっています。チャーシューには国産牛のスネ肉を、キムチにはミネラル豊富な沖縄の塩を使うなど細部までこだわり抜いた一杯は必ずあなたを満足させるはずです。

詳細情報

2.胡月(こげつ)/別府市石垣東

「胡月」は上記で記載した「六盛」と並んで人気の別府冷麺のお店です。麺はちゃんぽんを彷彿させるかのような太さで喉越しが強く、満足感が高いです。スープには地下水を使っており、強いこだわりが伺えます。昆布中心にとった出汁に醤油、塩で味付けられたスープはあっさりとした上品な味わいがクセになります。
がっつりと食べたい方は「チャーシュー冷麺」がおすすめです。こだわりのチャーシューはさっぱりとしたスープと相性抜群です。9月〜11月になると、カボスを添えてくれるのでカボスのさっぱりとした風味が感じられる夏にぴったりの冷麺を食べることができます。

詳細情報

3.レストラン東洋軒/別府市石垣東

大分の郷土料理として愛され続けている”とり天”で有名なお店は「レストラン東洋軒」です。大正15年に大正天皇の料理人も務めた宮本四郎によって創業されたという長い歴史を持っています。
特製醤油とニンニク、ごま油で下味がつけられている国産鶏のもも肉を新鮮な卵を使用した衣で包み、揚げたとり天はしっとりと柔らかく、ジューシーな味わいです。卓上にある特製のタレや辛子をつけると一味違った味わいが楽しめますが、初めての方はスタンダードがオススメです。昔から変わらない伝統の味をぜひご賞味あれ。

詳細情報

4.とよ常 本店/別府市北浜

別府駅周辺の人気店である「とよ常 本店」は「特上天丼」と「とり天」が有名です。看板メニューの「特上天丼」は創業から変わらない味を守り続けている秘伝のタレとどんぶりからはみ出してしまう程大きいサクサクな天ぷらが相性抜群の贅沢な一品です。
特上天丼と並んで有名なのが、「とり天」です。とよ常の「とり天」は「せせり」と呼ばれる鶏の首の肉を使っているのが特徴です。コリコリとしたせせり特有の食感にサクサクの衣が合わさった威力は抜群です。一緒についてくるタルタルソースと甘味ダレにつけて頂くのも美味しいのでおすすめです。

詳細情報

5.甘味茶屋/別府市実相寺

大分の郷土料理の「だんご汁」がいただけるのがこちらの「甘味茶屋」です。「だんご汁」とは小麦粉を使った平たい麺を味噌仕立ての汁に入れ、ごぼうや人参、豚肉などと一緒に頂く料理のことを言います。野菜の出汁がきいた優しい風味の汁ともちもちっとしただんごは相性抜群です。
甘味茶屋でもう一つ食べていただきたいのが「やせうま」と呼ばれるおやつです。「やせうま」は「だんご汁」と同じ小麦粉を使った平たい麺にきな粉と砂糖をまぶした大分の郷土料理です。きな粉と砂糖の上品な甘味は「だんご汁」を食べた後もぺろっと食べれちゃう美味しさです。甘いものは別腹ですよね。

詳細情報

6.亀正(かめしょう)くるくる寿司/別府市北中7組

別府で大人気の回転寿司はこちらの「亀正くるくる寿司」です。回転寿司と聞いてチープなイメージを抱いた方は大間違いです。こちらでは九州で獲れた新鮮な海鮮がリーズナブルにいただけるお店なのです。お醤油も様々な地方からくる観光客の方のために辛口と甘口の二種類用意されており、心遣いが感じられます。
亀正くるくる寿司に来たら食べていただきたいのが「関アジ」です。大分と愛媛の間にある豊予海峡で捕獲され、佐賀関という港で水揚げされた新鮮な「関アジ」はプリッとした弾力のある身がたまりません。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

lanlanlande渋谷在住20年生粋のシティボーイ。衣食住の衣にお金かけすぎ。

このまとめ記事に関して報告する