無人島にリゾート施設?富士山も見える、駿河湾の「淡島ホテル」にワクワク

誰もが憧れる絶景リゾート。素晴らしい眺めと最上級のおもてなしは、日々の疲れもさっぱり忘れてしまうようです。そこで今回は、駿河湾に浮かぶ淡島に立つリゾートホテルをご紹介します。日常から切り離されたスローライフをお楽しみできますよ。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

リゾート施設で日常にサヨナラ

星野リゾート 界 箱根

誰もが憧れるリゾート施設。日常から逃げるようにしてたどり着いた先には、肩の荷も下りるような贅沢な空間が広がっています。日本国内に点在する「星野リゾート」はその代表例で、各地方特有のおもてなしが大人気です。

アクアイグニス

三重県の「アクアイグニス」では、クリエイターによってデザインされた個性的な客室が特徴的です。片岡温泉と地産地消を掲げるこだわりの料理で、地元に根差した最高級の癒しを提供してくれます。今回はそんなリゾート施設の中から、無人島に浮かぶ一つをご紹介します。

詳細情報

予約する

神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230

3.75 8243
箱根の伝統に包まれる閑静な空間と季節の会席

【星野リゾート 界 箱根】 @箱根湯本 箱根湯本駅から車で7分ほど。 せせらぎの中に包まれる閑静な立地です。 エントランスを抜けると和モダンなガラス張りの空間。設えてある寄木細工は箱根の伝統であると共に、界 箱根のモチーフになっています。客室の一つである箱根寄木の間は至る所に寄木細工をあしらったご当地部屋。大きな窓の手前にカウンターテーブルがあり、絶景を眺めながらゆったりおしゃべりができます。箱根寄木の間以外の部屋も全室リバービューです。 画を切り取ったような雰囲気で、風景に溶け込むような感覚のある半露天風呂に入った後は季節の会席メニューを。春の食材がたくさん盛り込まれていてます。 まずは燻製サーモンの和風パリソワール。ヴィシソワーズにコンソメを散らしたライトなスープです。燻製サーモンの旨みや浅葱の爽やかなどもあり、幾層もの味わいが重なります。 八寸は、湯葉、小柱、海老の黄身寿司、合鴨ロース、じゅん菜、胡麻豆腐の香煎揚げ、お造りの盛り合わせ、棒寿司など。 特に胡麻豆腐の香煎揚げはごまや桜の香り、あられのカリッとした食感が良かったです。 蓋物のえんどう豆と鶏つくねの葛寄せは、えんどう豆の色合いが美しいもっちりした層の中に鶏つくねと黄身。出汁が効いた餡でまとめてありほっとする一品です。 八寸や土鍋ご飯の器に寄木細工の器を採用していたりと、目にも楽しい会席でした。 スタッフの方の配慮も行き届いており、お祝い事やハレの日の利用におすすめのお宿です。

船で行くリゾートホテルとは

専用旅客船がお出迎え

「淡島ホテル」はその名の通り、静岡県沼津市駿河湾に浮かぶ淡島にたたずんでいます。周囲2.5kmととても小さなこの島には、宿泊客専用の船で向かいます。たった3分の距離ですが、海を隔てることで日常生活から脱し、自然と心も躍るようです。
富士山が立ち尽くす光景に臨むホテルは、そのいかにも日本っぽい景色とは対照的に、まるで一面を海に囲まれた地中海のアイランドリゾート。清潔感のある白を基調とした建物と海のブルーから、心の歪みも洗われるようですよ。12歳未満のお子様は立ち入ることのできない世界をもっと覗いてみましょう。

優雅なプライベート空間

スタンダードスイート

すべてスイート仕様の客室は、“サンライズウイング”と“サンセットウイング”の二つの棟から成り立っています。これらの建物は、日の出/日の入りを眺められるだけでなく、どちらの棟からも富士山の雄姿を目に焼き付けることができるよう設計されています。

淡島スイート

欧風でどこかマリン調なインテリアが飾る“スタンダードスィート”は、大きく座り心地抜群のソファーが特徴です。また“淡島スイート”では、広々としたスペースで心身からのくつろぎが叶います。バルコニーで潮風を浴びながらうたた寝なんかもたまりませんよ。

サンセットテラス

ゆっくり流れる時間を存分に楽しめる癒し施設もご紹介します。季節の花々や緑に萌える
広々としたお庭に、真っ赤に染まった富士山が見える“サンセットテラス”では、普段軽視しがちな自然の純粋さに心も浄化されます。

淡島温泉

絶景で満たされた後は“淡島温泉”も忘れずに。まるで海と一体となっているような露天風呂は、開放感抜群です。早朝には朝日に照らされる富士山を眺めることもできて、心身ともにリセットされますよ。
腕によりをかけたお食事もお楽しみの一つ。日本一の深海である駿河湾から水揚げされる魚介類を、フレンチイタリアンでいただけます。新鮮で味わい深い地元の素材を、丁寧かつ鮮やかに味わえますよ。食後にはバーで同行者と語らえば、密度の深い夜になりそうです。

小さな島でスローな休暇を

いかがでしたか。日常を抜けだした先の無人島には、何にも代えがたい贅沢な時間とくつろぎの時間があなたを待っています。東京都内からも2時間以内で行ける「淡島ホテル」へ、ご家族や大切な人と逃避してみては。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

ikyuで見る

静岡県沼津市内浦重寺186

3.26 010

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する