• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】一夜限りの思い出を。全国の婚礼施設17会場が、万華鏡のような光の空間に

全国の婚礼施設17会場を一般開放し、約1000本のキャンドルと、ランプシェード、話題のハーバリウムなどを使って、館内を“幻想的な光のアート空間”として装飾するイベント「キラメキナイトミュージアム」が名古屋・大阪・石川・京都・福岡・愛媛・栃木・青森で開催されます。

このまとめ記事の目次

全国の結婚式場17会場で「キラメキナイトミュージアム」開催

開催期間:2018年7月21日(土)~12月15日(土)の期間に順次開催

キラメキナイトミュージアム
全国の婚礼施設17会場を一般開放し、約1000本のキャンドルと、ランプシェード、話題のハーバリウムなどを使って、館内を“幻想的な光のアート空間”として装飾するイベント「キラメキナイトミュージアム」が名古屋・大阪・石川・京都・福岡・愛媛・栃木・青森で開催されます。
キラメキナイトミュージアム
メーンは、ランプシェードと照明を使い、“万華鏡アートミュージアム”として、披露宴会場を貸し切る演出。披露宴会場ならではの天井の高さや広さを活かします。バンケットには、細かな花柄の透かし彫りを施したランプシェードを。色の着いたランプを入れ、灯りをつけると、幾何学模様のカラフルな光と影の万華鏡のようなアートが、天井や床、壁一面に広がるんです。
キラメキナイトミュージアム
また、直径1.8メートル程の透明のバルーンも設置し、そのバルーンめがけてプロジェクターで万華鏡の映像を投影。会場に一歩入ると、実際の万華鏡を覗いたような、色鮮やかに整然と輝く光の世界が、空間全体に広がります。
キラメキナイトミュージアム
さらに会場内には、オイルを入れたガラス瓶にドライフラワーなどを飾り付ける今人気の「ハーバリウム」も設置。さらに、各オブジェの周辺に花びらを敷き詰め、美しい“フラワースポット”を造ります。万華鏡のような幻想的な空間のなか、花を随所に散りばめた、異次元の“アート空間”を体験できますよ。
キラメキナイトミュージアム
別会場のチャペルには、高さ14センチから72センチまで大小異なる、様々な形をした約
50個のステンドグラスと、約300本のキャンドルを設置します。優しい灯りとカラフルな光に包まれた、荘厳で幻想的な世界を堪能してくださいね。キャンドルは館内各所や庭などに計1000本を灯します。
キラメキナイトミュージアム
また建物内には、ランタンとフラワーで装飾するフォトブースも登場。「和」や「Sphere(球)」「ヨーロピアン」といったように、演出テーマを分け、ブースごとで異なる雰囲気の写真が撮れますよ。バンケットやチャペルとともに、館内を散策、撮影してみては?その他、ミュージシャンによるアコースティックライブも行われ、雰囲気は抜群。
キラメキナイトミュージアム
大阪の会場「旧桜宮公会堂」は、1935年に「明治天皇記念館」として建設された歴史的洋
館で、その正面玄関は、国の重要文化財(1956年指定)に指定されているのだとか。普段なかなか行くことのない婚礼施設。きっと憧れてしまうはずです。

一夜限りのロマンチック空間へ。

キラメキナイトミュージアム
過去にも婚礼施設でのキャンドルイベントが行われ、カップルたちに大人気となりました。一度足を踏み入れたら、うっとりしてしまうこと間違いなしのロマンチック空間が広がっていますよ。入場料は全施設無料で、年齢制限もなく、誰でも気軽に参加できます。絶対に恋人と訪れたい、一夜限りのイベント。貴重なのでお見逃しなく。

詳細情報

■キラメキナイトミュージアム
開催期間:2018年7月21日(土)~12月15日(土)※順次開催、各会場一夜限り
会場:アマンダンテラス、旧桜宮公会堂、アマンダンヴィラ、北山モノリス、天神モノリス、松山モノリス、宇都宮モノリス、フレアージュスウィートなど
実施時間:18:00~21:00(最終来店20:30)
料金:入場無料
※予約不要、年齢制限なし、入場制限なし
※開催日など、詳しくは下記リンクをご覧ください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する