ここが柳川のよかとこ!水郷柳川のオススメ観光スポット10選!

かの詩人、北原白秋の故郷であり、あの本格派歌手である徳永英明、人気俳優の妻夫木聡など多くの有名人の故郷でもある福岡県柳川市。きれいな街並や自然の四季を感じのんびり観光したい...ゆったりとした時間を過ごしたい...そんなあなたにぴったりの柳川の観光スポット10選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1.柳川川下り

柳川といえばこれは外せません。約410年前柳河城築城の際に、城下町を形成するために人工的に堀が掘られ、今もなお先人たちの知恵盛り込まれた仕組みが息づいています。乗船している間は、船頭さんが歴史や仕組みなど興味深い話を楽しくしてくださいます。
途中には水上売店などがあり、暑い日はそこで飲み物を買って、船上で飲むと爽快です。両脇に佇む枝垂れ柳が風に揺られ、音を立ててなびく様は風情に溢れています。また、雨の日にはレインコートも無料で配布され安心です。

詳細情報

2.御花(おはな)・松濤園(しょうとうえん)

御花は、江戸時代に柳川藩主邸宅として建てられ、現在では料亭旅館となっています。本館、西洋館、松濤園、立花家史料館などの施設に加え、広い芝生や池、テニスコートや神社までもが敷地内にあります。西洋館はあの鹿鳴館様式の流れをくむ伝統のある建物で、堂々としたその様は迫力があります。
また、国の名勝に指定されている松濤園は宮城県松島の景観を模しており、海に見立てられた池に大小の中島や岩島を配し、その周囲を多くのクロマツが茂っている様は、とても優美で情緒が感じられます。また、冬場には、野生の鴨が飛来し、庭園で群れ遊ぶ様子が見れ素晴らしい景観が望めます。

詳細情報

御花

福岡県柳川市新外町1

- 029

3.からたち文人の足湯

からたち文人の足湯は川下りコース沿いにあり、一度に70人が利用できる施設で散策の後の休憩場所として地元の方とお話ししたり、同じく休憩に来ている方とお喋りできたり、まったりしつつコミニュケーションも取れます。
また、横には北原白秋や檀一雄、長谷健などの柳川に関わりのある文人を紹介しているパネルも設置してあります。ゆったりと足湯を満喫しつつ、文人たちの心に想いを巡らせ、癒しを満喫することが出来ます。

詳細情報

4.旧戸島家住宅

旧戸島家住宅は、江戸後期建築の侍屋敷で庭園は国の名勝に、主屋は県指定有形文化財に認定されています。数寄屋風の意匠が随所に見られ、掘割から水を引き入れた池とそれを囲む木々と併せて、非常に落ち着きのある趣深い空間を形作っています。
また、「柳川ひな祭り・さげもん巡り」(2月中旬~4月上旬)の期間中は、ひな壇に加え、さげもんと呼ばれる、縁起の良い鶴やうさぎ、ひよこなどの布細工と鮮やかな糸で巻き上げられた「柳川まり」とを組み合わせたものが吊り下げられています。その繊細かつ派手な様はとても魅力的で惹かれます。

詳細情報

旧戸島家住宅

福岡県柳川市鬼童町49-3旧戸島家住宅

- 08

5.柳川ひまわり園

柳川の夏の名所といえばひまわり園。有明海に面する広大な干拓地の5haに約50万本のひまわりが咲き乱れている光景はただ一言、「圧巻」です。太陽のほうを向く50万本のひまわりは見たもの全てを圧倒します。
夏の明るい太陽、雲一つない青空、一面に咲き誇るひまわりの黄色のコントラストはまるで絵画のようでとても素晴らしい景観です。

詳細情報

6.むつごろうランド

むつごろうランドには、昔柳川で使用した農漁具などを展示した資料展示室があり、外の広いスペースにはかまどを備えたキャンプ場でBBQをしたり、遊具で駆け回って遊んだりできます。
また、展望台があり、そこから有明海を一望することが出来ます。なんといってもこの展望台から見る夕日は消えていく太陽がばっちり見えてとても綺麗です。

詳細情報

むつごろうランド

福岡県柳川市市橋本町389

写真を投稿する
3.10 00

7.三柱神社

三柱神社は、初代柳川藩藩主立花宗茂、岳父戸次道雪、宗茂室誾千代姫の三神を祀ったことから三柱神社という名前になりました。境内には、手・足・腰、熱病(病気平癒)、商売繫盛・開運厄除・心願成就の神様を祀る社があります。また、欄干橋には四隅に市の有形文化財に指定されている擬宝珠と呼ばれるものがあり、とても歴史を感じることが出来ます。
春には春季大祭として、流鏑馬や古武道の披露や地場産市が、秋には市の有形文化財に指定されている「どろつくどん」や、艶やかな「踊り山」が参道や町内を練り歩き、夜遅くまで賑わう「おにぎえ」と呼ばれる祭りが開催されて、多くの人が三柱神社に足を運びます。

詳細情報

8.椛島菖蒲園

椛島菖蒲園は、川下りコース沿いにあり管理をされている椛島さんが丁寧に管理をされており、5月下旬~6月上旬にかけて約20種3万本の菖蒲が色鮮やかに咲き誇っています。
また、品種ごとに開花時期が微妙にずれるため、徐々に鮮やかになっていく様子が、日本の道百選である川下りコース沿いの「水辺の散歩道」からも観ることができて、散策をより楽しめます。

詳細情報

椛島菖蒲園

福岡県柳川市本町74−6

写真を投稿する
3.01 00

9.中山の大藤

4月上旬から咲き始め、中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。同時期に「中山大藤まつり」が開催され、ライブなどのイベントや垂れ下がる数えきれないほどの藤を観ようと、非常に多くの観覧客が訪れます。
また、この藤は晴れの日の昼間に観るのも良いのですが、是非お勧めしたいのが、雨が降った日の夜です。雨によって濡れた路面が提灯の光を程よく反射し、とても幻想的かつ神秘的な雰囲気を醸し出して、観ていて吸い込まれるような程の魅力があります。

詳細情報

10.柳川温泉「南風(はんかぜ)」

大浴場は一週間ごとに男湯と女湯が入れ替わり、露天風呂やサウナもあり、子供からお年寄りまで天然温泉を満喫できます。また事前予約をすれば石タイルやヒノキの家族湯を利用でき、家族や友人などでゆっくりお湯に入り温まることも出来ます。
大広間やくつろぎコーナーもあり、売店で飲み物やアイスを買って湯上がりのひとときを気持ちよく過ごせたり、囲碁や将棋だけでなく、カラオケもあり楽しく遊ぶこともできます。

詳細情報

柳川温泉 南風

福岡県柳川市上宮永町6-3柳川総合保健福祉センター内

写真を投稿する
3.00 00

一年を通して魅力いっぱいの柳川

いかがででしたか?今回は水郷柳川市の観光スポットをご紹介させていただきました。春夏秋冬いつ来てもそれぞれの楽しみ方ができ、人も空気も優しい柳川をぜひ今後の旅行先リストに加えてみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する