• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
"こくら"を通り過ぎるなんてもったいない!癒しのオススメ「小倉」観光10選

新幹線の通る「小倉(こくら)駅」。九州の玄関口でありながらも、ついつい通り過ぎてしまうことが多いのではないでしょうか?しかし小倉には通り過ぎてしまうにはもったないほど魅力的が詰まっています!そこで今回は北九州市の小倉北区・小倉南区でオススメしたい観光スポットを厳選して10、お届けしたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

①小倉駅(こくらえき) 駅舎/北九州市小倉北区

最初にご紹介するのは、北九州の交通の中心となっている、旅の要の小倉駅(こくらえき)です。駅だけどちょっとした観光名所を感じさせる近代的な建物には、新幹線、在来線、モノレール、バスなど、あらゆる交通機能が凝縮されていて、「九州の玄関口」とも呼ばれています。
ビルの中は商業施設やレストランなどが充実していて、さらに駅周りにはおしゃれなお店やショッピングモールが隣接しています。また小倉駅の魅力の一つ、駅のどこかにいる銀河鉄道999のメーテル達の銅像を探してみてください。これはファン必見ですね。一緒に写真を撮ってみるのもいいかもしれませんね。

詳細情報

  • 北九州市小倉北区浅野1
  • 093-521-0052

②小倉城/北九州市小倉北区

2つ目にご紹介するのは、JR小倉駅から徒歩で約20分、悠然と建つ小倉城(こくらじょう)です。慶長7年(1602年)、細川忠興公が築城したこちらのお城は、2017年「続日本100名城」に選ばれました。(入場チケットは、小倉城、小倉城庭園、松本清張記念館のセットがありお得です。)
小倉城の特徴として、天守閣は「唐造りの天守」と呼ばれ、5階が4階よりも大きく設計されています。日本でも数少ない「唐造り」、ちょっと不思議な形を実際に見てみてはいかがでしょうか。(天守閣は平成30年8月6日から平成31年3月31日までの予定で、展示リニューアルとエレベーター設置工事のため休館になります。)

詳細情報

  • 福岡県北九州市小倉北区城内2-1
  • 0935611210

③小倉城庭園(こくらじょうていえん)/北九州市小倉北区

3つ目にご紹介するのは、小倉城の隣にある小倉城庭園(こくらじょうていえん)です。大きな庭園ではないのでゆっくりと散策でき、四季折々の風景を楽しむことができます。また庭園からの小倉城も観賞してみてくださいね。庭園の美しさと小倉城のコラボが、当時の雰囲気を醸し出しています。
土日祝は実際に本格的なお抹茶をいただくこともできます。小倉城庭園では礼法「思いやりの心」と「もてなしの心」を大切に受け継いでいますので、日本の文化を体感しながら、おいしいお茶をいただき、ゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 福岡県北九州市小倉北区城内1-2
  • 093-582-2747

④北九州市立松本清張記念館(きたきゅうしゅうしりつまつもとせいちょうきねんかん)/北九州市小倉北区

4つ目にご紹介するのは、小倉城の南西に隣接する松本清張記念館(まつもとせいちょうきねんかん)です。松本清張の全てが詰まっている、といっても過言でないくらいの展示が揃っており、書庫には約3万冊の蔵書が並べられ、生前実際に暮らしていた2階建ての家がそのまま記念館として使用されています。
記念館には、松本清張の軌跡をたどる展示内容があり、映画の上映や読書室などもあります。また、休憩コーナーもあり、ファンの方への気遣いも感じられます。戦後の大作家松本清張の過ごした空間や作品の世界を、是非体感してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 福岡県北九州市小倉北区城内2-3

⑤旦過市場(たんがいちば)/北九州市小倉北区

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する