夏の“涼”を感じる草津温泉カップル旅。草津旅行で行きたいスポットまとめ

みなさん「草津温泉」を訪れたことがありますか?草津温泉といえば古くから人々に愛されてきた“日本の名湯”としても知られていますよね。そんな草津温泉ですが、旅行におすすめなのは「冬」だけではありません!夏にこそ楽しめる草津の魅力もたくさんあるんですよ。今回はカップルで行く「夏の草津温泉旅行」の観光スポットをご紹介して行きます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

夏の草津旅行に出かけよう!

「温泉旅行」というと、なんとなく“冬”に行くイメージが強いですよね。日本三名泉の一つにも数えられる「草津温泉」も夏よりも冬のほうが圧倒的に観光客の方が多い印象。ということは、夏の温泉地は意外にも穴場だったりするんです。

「草津温泉」ってどんなところ?

草津温泉とは群馬県吾妻郡草津町にある温泉で、白根山東麓に位置しています。1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出すというということで自然湧出量は日本一!だからこそ、草津にある温泉施設や旅館では“源泉掛け流し”の湯を楽しむことができるんですね。
草津といえば「湯もみ」が名物でもあります。湯もみは江戸時代から伝わる独特な入浴法のことで、50℃近い草津の源泉の温度を下げるために始まったと言われます。熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴できるまでの一定の温度に下げ、また湯を柔らかくする効果もあるそう。

スポット編

湯畑

言わずと知れた草津のシンボル「湯畑」。温泉街の中心に位置する大きな湯畑はインパクト抜群ですよね。毎分4000リットルもの温泉が毎日湧き出ていて湯けむりを舞い上げているんだそう。特有の硫黄成分のニオイは草津ならでは。
湯畑の周りには瓦を敷きつめた歩道やベンチがあったりするので、昼でも夜でも散策が楽しめます。また夜の湯畑はライトアップが見どころ。輝くライトと湯けむりがとっても幻想的で美しく、比較的気温も涼しいので夜の散歩がおすすめ。

西の河原通り

草津温泉のメインストリート、「西の河原通り」。湯畑から延びるこちらの通りでは、数多くのお店が立ち並んでおり、グルメを満喫したりショッピングをしたり、デートにぴったりな過ごし方がおすすめです。浴衣姿で、昔ながらの雰囲気ある空間を楽しむことができますよ。
また、こちらの通りは西の河原公園まで続いており、四季折々の自然に囲まれたそちらの公園も人気の観光スポットとなっています。特に夜はライトアップされて幻想的な雰囲気のある公園になるため、夜にいくのもおすすめですよ。

チャツボミゴケ公園

夏季に美しい景色を見せてくれる「チャツボミゴケ公園」。こちらはJR長野原草津口駅より車で40分ほどの距離にある“コケ”の公園。駅や温泉街からは距離があるのでドライブなどで訪れた時におすすめのスポット。
「チャツボミゴケ」とは強酸性の水が流れる場所に生息するコケのことで、実はここはラムサール条約にも認定された“日本最大級の広さで自生するコケの絨毯”が魅力。なかなかこれほどまでにコケが広がっている光景を目にすることはないですよね。冬季は休業しているので、夏の草津旅行でぜひ行ってみてくださいね!

おさ湯

動物好きな2人におすすめなのが、「おさ湯」です。おさるさんによる草津名物の湯もみショーや、カピバラの温泉シーンを見ることができます。可愛らしい動物たちの姿に、すっかりメロメロになってしまいます。
草津での思い出作りにぴったりなスポット、「おさ湯」。2階には赤ちゃんのおさるさんやカピバラと触れ合ったり、写真を撮ったりできるスペースもあるんです。温泉と動物たちに癒されて、ほっこりデートを楽しんでくださいね。

おさ湯

群馬県吾妻郡草津町大字草津字泉水505

3.09 258

草津熱帯圏

湯畑から歩いて10分ほどの場所にある「草津熱帯圏」。高さ15メートルのドームの中に、様々な種類の熱帯や亜熱帯に生息する動植物たちと出会うことができます。普段なかなか見ることのできない動植物を見ることができます。
ワンちゃんを連れて入園することができるので、愛犬家の方にもおすすめです。動物たちとの距離が近く、動物好きにはたまらない場所となっています。ぜひ、草津に来た際にはこちらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
tabelogで見る

草津熱帯圏

群馬県吾妻郡草津町草津286

3.15 11308
草津温泉でも楽しめる動物園『草津熱帯園』

草津温泉にあるマイナーだけど実はすごい動植物園。
草津温泉湯畑より徒歩約10分ほどの場所に位置しています。

カピバラやキツネザル、爬虫類や猛禽類などその数なんと250種1000頭の動物が飼育されています。
まず入口をくぐると売店やレストランがある本館に入ります。

その建物をくぐり外に出ると猿山が...。
血気盛んなお猿さんたちが歓迎?してくれます!怖い!

そしてその先にあるドーム状の建物がメインである熱帯園。
ドーム内は高さ15メートになっており、うまく飼育エリアが配置されている為、とてつもない数の動物がいます。

熱帯園という事で主に熱帯地方に暮らす動物たちがおり、お猿の鳴き声やオウムの声真似など色んな音が混ざり合ってました(笑)
これぞジャングル!って感じの雰囲気です。

そしてこの熱帯園で個人的に一番面白かったのが動物の説明書き。
毒舌&ユーモアあふれる紹介文で面白おかしく知識が身に付きます。
また、動物たちに餌やりすることができるので是非餌を購入してあげてみてください。

草津温泉に来たけどもう何回も来てるから別の所へ行ってみたいという方にピッタリの場所です。
カップルやファミリーでも楽しめるので動物好きの方は必見です!

グルメ編

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

omosirotarou群馬県のおすすめスポットやグルメなどご紹介していきます

このまとめ記事に関して報告する