• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
石川出身の筆者が贈る!「金沢・能登」2泊3日の充実プランはこれだ

今回は、今大注目を浴びている「金沢」で幼少期を過ごしていた筆者が胸を張ってオススメする石川県を思い切り楽しむための「金沢・能登」の旅行プランをご紹介します!人気観光地から穴場スポットまで、是非次回の旅の参考にしてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

金沢熱が止まらない!

2015年に北陸新幹線が開業して以降、アツい視線が止まらない「金沢」。情緒溢れる街並みや美味しいグルメなど、女子旅や家族旅行でも人気のスポットですよね。「石川」というと、金沢をイメージされる方が大半ですが、実は能登半島にも石川の魅力がギュッと詰まっていることをご存知ですか?
今回は、石川の魅力は金沢だけにとどまらない!ということをどうしてもお伝えしたい筆者が胸を張ってオススメする石川県の2泊3日の旅行プランをご紹介。お友達や恋人、家族で是非足を運んでみてくださいね。それでは、ご覧あれ!

Day1:「小京都」金沢の伝統を感じる

10:00 金沢駅に到着。旅のスタート!

東京7:20発の北陸新幹線に乗車して9:51に金沢駅に到着!1日目は「小京都」とも言われる金沢の魅力に迫ります。金沢市内は、比較的近い距離に観光地が集結しているので、「まちのり」というレンタサイクルで観光をするのがオススメ。手荷物はまちのり事務局で300円で預けることができるので、荷物を預けていざ出発!
まちのりの基本料金は1日200円。最初の30分までは0円で、以降30分ごとに200円の追加料金が発生します。金沢の歴史ある街をサイクリングすると、なんだか楽しそうなスポットやローカルグルメに出会えそうな予感。

11:00 21世紀美術館で現代美術を楽しむ

近代的でフォトジェニックな写真が撮れるとして注目を浴びている「21世紀美術館」。こちらの美術館は、「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトとして作られたことから、小さいお子様からご年配の方まで様々な出会いの「場」となるような美術館を目指しているのだそう。
美術館の中でも人気の作品は、通称「レアンドロのプール」と呼ばれる作品。上から見るとまるで水中に人がいるかのように見えるのだそう。作品だけでなく、建物のデザインも魅力的であると話題なので、注目してみてくださいね。
  • 石川県金沢市広坂1-2-1 金沢21世紀美術館
  • 0762202800

13:00 美術館近くの古民家カフェでランチ

21世紀美術館から徒歩圏内の「FULL OF BEANS」 は、築100年以上の金沢の町家を改装して作られた古民家カフェ。奥能登で作られたお米や、金沢で100年以上続く老舗青果店で加賀野菜を仕入れ、旬の野菜を使用しているのだそう。
金沢名物のB級グルメをお洒落にアレンジした「ハントンライス」などもいただくことができますよ。お洒落なカフェですが、靴を脱いで上がるお座敷席がこれまた地元の温かみを感じられます。お子様連れでも安心してお食事できますよ。
tabelogで見る
  • 石川県金沢市里見町41-1
  • 0762223315

15:00 妙立寺で忍者気分を味わう

通称「忍者寺」と呼ばれる妙立寺は、加賀百万石の三代藩主である前田利常が1643年に移築建立したお寺。こちらのお寺には様々な仕掛けが施されていることから忍者寺と呼ばれ、親しまれているのです。内部はとっても複雑な作りになっているのでガイドの方の案内のもと見学をします。その為、あらかじめ予約をお忘れなく!
いざという時に敵から逃れる為の対策として建てられたため、落とし穴や隠し扉などがいたるところに施されているのです。どのように設計されたのかつい気になってしまうほどの高いクオリティに感激してしまうかもしれませんね。テーマパークとは異なる本物の忍者屋敷に興奮すること間違いなし!
  • 石川県金沢市野町1-2-12
  • 076-241-0888

17:00 夕暮れ時のひがし茶屋街を目に焼き付ける

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

COCONUTSハイビスカスとヤシの木とココナッツが好き。

このまとめ記事に関して報告する