• はてぶ
  • あとで
《Vol 11》京都を再発見。シティーボーイと行くトレンドスポットを巡る1日プラン

古き良き魅力が詰まった京都。歴史ある神社仏閣を巡るのもとっても素敵ですが、そんな京都にも新しいおしゃれスポットがたくさんできています。今回は、シティーボーイと行く京都のトレンドスポットを巡る1日プランをご紹介。京都の新たな魅力に気がつくはずです!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

[9:00] 木のぬくもり溢れるカフェでモーニング

おはようございます!京都の朝がやってきました。まずは「ME ME ME(ミーミーミー)」でモーニングからはじめましょう!もともとは渋谷にあった人気の実力派カフェですが、2017年からは京都に移転してオープンしました。
ウッディーな店内は、どこをみてもおしゃれ。フルーツがたくさん乗ったフレンチトーストや、ジューシーなサンドイッチなど、どのモーニングメニューも絶品。朝はがっつり食べて、京都での一日をスタートさせましょう!

詳細情報

京都府京都市上京区上生州町210

3.46 630

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[10:30] 個性派ブックストアでいい本と出会う

「ME ME ME」から目と鼻の先にあるのが、ここ「誠光社(せいこうしゃ)」。ここは、いわゆる独立系本屋さんで、オーナーの個性が光る本のセレクションを楽しむことができます。凛とした佇まいもシティーボーイ好み。
木の温かみに溢れている店内には、まるで誰かの家の本棚を見ているかのようなアットホームな雰囲気が流れています。本だけではなく、雑誌やZINE、雑貨なども置いてあり、お気に入りの一冊と思いがけない出会いがあるかも。

詳細情報

[11:30] 話題の割烹でカジュアルにランチ

そろそろお腹も空いてきた頃ではないでしょうか。「龍月庵(りょうげつあん)」は「誠光社」の近くにある話題の割烹で、オープン当初から京都の食通の間で話題になっているお店です。店内は落ち着いた雰囲気で、シティーボーイ好み。
店内には、カウンター席8席と4人がけテーブルが2つ。小さく居心地のいいお店で、テンションが上がりますよね。お造りのランチや御膳ランチなど、優しい味の京料理ならではの美味しさを存分に味わえます。

詳細情報

京都府京都市上京区河原町通丸太町上る桝屋町368

写真を投稿する
3.04 03

[13:30] 美しい庭園をお散歩

新しいスポットもいいですが、歴史のある京都ではやはり昔からある美しいスポットも訪れたいですよね。ここ「渉成園(しょうせいえん)」は、江戸時代を代表する美しい回遊式庭園。駅からも近いのですが、意外とあまり知られていない穴場という意味で、新スポットと言えるかもしれません。
風情ある「渉成園」の中には、大小2つの池があります。また、園内にはいくつかの茶室や書院があり、なんとも日本的な美が広がっています。トレンドはばっちりおさえるシティーボーイですが、新しいスポットに行くのと同時に古き良き美しさにも触れる、それがシティー流。

詳細情報

京都府京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町渉成園(枳殻邸)

3.44 778

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[15:00] “白”のカフェでチルアウト

早起きした今日は、ちょっとずつ疲れが出てきているのでは?そんなときは、ここ「Walden Woods Kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)」で休憩しましょう!コーヒー専門店で深い味を楽しみながらのブレイク。白一色を基調としたシンプルでスタイリッシュな雰囲気を楽しめます。
オーダーする場所は1階で、イートインできるスペースは2階にあります。まるでアトリエのような開放的な雰囲気には、シティーボーイがチルアウトするにはぴったり!とにかくどこを見てもおしゃれなカフェです。

詳細情報

[17:00] セレクトショップで京都のトレンドチェック

コーヒーブレイクで一休みしたら、大阪に店舗を構えるセレクトショップ「rroomm(ルーム)」の新店舗、「lloomm(ルーム)」でショッピングを楽しみましょう。シティーボーイなら、京都でもトレンドをチェックしておきたいですよね。
東京のとはまた違った雰囲気をもったセレクトショップ。京都のトレンドを反映したおしゃれな服はもちろん、靴や雑貨、アクセサリーなどが揃っています。自分へのお土産や、友達へのギフト探しもいいかも。

詳細情報

京都府京都市下京区鍋屋町244‐1

写真を投稿する
3.02 03

[19:00] 京料理とお酒でカンパイ

京都には、素敵な酒場がたくさんあります。ここは、京都の美味しい野菜をたっぷり楽しめる「おにかい」という居酒屋です。モダンでスタイリッシュな雰囲気で、シティーボーイ好みの店内も素敵ですよね。
ここ「おにかい」の料理は、今日野菜の美味しさをぐっと引き出した料理がたくさん!お酒との相性もよく、きっと素敵な夜になれること間違いなし。人気のお店のため、予約をすることをお忘れなく!

詳細情報

京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町3882階

3.84 10139

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[21:30] 夜カフェでアンニュイなひとときを

お酒を飲んだあとは、夜カフェでアンニュイな時間を過ごすのがシティー流。ここ「ELEPHANT FACTORY COFFEE(エレファントファクトリーコーヒー)」は、河原町にある隠れ家のようなカフェ。夜一時まで営業しているおしゃれな夜カフェなんです。
大勢でわいわいというよりは、一人か二人で静かに夜を過ごすのがオススメ。飲み物もフードも、どれも丁寧に作られていることがわかります。コーヒーを片手に、京都での滞在をゆったりと振り返るのはいかが?

詳細情報

京都府京都市中京区蛸薬師通木屋町西入ル備前島町309-4HKビル2階

3.55 899
食後の一杯は隠れ家で

なかなか強行のカフェ・喫茶店巡りの1日。 途中、コーヒーやクリームソーダから浮気をしてみたり、うっかりお酒に立ち寄ったりもしたけれど、宿に戻る前にやはり食後の1杯を求めて。 【ELEPHANT FACTORY COFFEE】さんを訪問。 小雨の降る中、探しながらたどり着いたお店はビルの2階にひっそりと佇む隠れ家。 ドアを開けてびっくり、店内、私たちで満席。 「珈琲は北海道美幌の福井さんが自宅で丹精に焙煎されている少量の豆を一週間に二度送ってもらっています」とのこと。 オーダーは中煎りストレート、やさしい苦味お酸味のタンザニアを。 お友達はすっきりとした飲みやすさのEFブレンド8を。 ちなみに今月の豆はモカでした。 紅茶にもこだわりあり、でフランスのリヨンに本店を構えるお茶の専門店「CHA YUAN(チャユアン)」さんからお取り寄せだそう。 コーヒーはチョコにコーティングされたレーズンが添えられていて嬉しい! 説明書き通り、苦すぎず、酸味もキツくなく。おしゃれな落ち着く間接照明の中、流れる洋楽も心地よく、いただいた珈琲は苦みに酸味、コクのバランスがとれた、体がほっとする感じ。 2人とも細かいのがなく、1000札を2枚出しましたら、¥300のおつりを¥100玉×2、¥50玉×2にして下さいました。 こういう心遣い、素敵すぎます!! ご馳走様でした。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【簡単には見つからない隠れ家】

📍ELEFANT FACTORY COFFEE 👣 阪急京都線「京都河原町駅」3A出口より約6分 京阪本線「祇園四条駅」3番出口より約8分 ⏰ 13:00〜25:00
定休日:木曜日(食べログより抜粋) 🪑16席ほど 🙅‍♂️コンセント、Wi-Fi 京都旅。1日目夕方。 朝からモーニングを食べ、昼にハンバーグを食べ、そしてドーナツを頬張る。 夕方に訪れたのがこちら。 エレファントファクトリーコーヒーさん。 複数の方にお薦め頂いたこちらのカフェ。 路地裏にひっそりと。 知ってる人しか見つけられへん。 なんと静粛な雰囲気。 話し声ではなく、本のページをめくる音。 もちろん話してはいけないとかそんな場所ではありませんが、黙って珈琲と向き合う。 そんな場所です。 いただいたのは、タンザニア中煎り。 中煎りですが、しっかりした深めなテイストです。 舌に触れた時に感じるとコクと苦味。 徐々にそれらが抜けてきて、酸味が舌と喉に残る。 間違いなく、人の手でないと感じられない味です。 (当たり前) やっぱりでも機械では再現できない味を作れるのはシンプルに尊敬。 こんなコーヒー僕も淹れてみたい。 一緒にレーズンチョコレートがついてきます。 普通に美味しくて、普段から食べたいくらい。 良い空間で良い珈琲。 ここ、25時まで開いてます。 夜カフェにもどうぞ。 ごちそうさまでした。

京都の魅力を再発見!

いかがでしたか?京都の新スポットをシティーボーイとめぐる、そんなステイの1日プランをご紹介しました。名所を巡るのも素敵ですが、京都滞在中のどこかにはこんな日を加えてみるのもいいかも。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cityboy_citygirl東京生まれ、東京育ち

このまとめ記事に関して報告する