• はてぶ
  • あとで
東北の7月は満開でした。7月の東北で見られる花の絶景7選

東北の7月は満開でした。7月に咲く花といえば何を想像しますか?あじさいにしては少し遅いような、ひまわりにしては少し早いような…東北の7月は見られる花も様々。本当に見ごたえ抜群の花の絶景が揃っています。ぜひ、7月の東北で鼻の絶景に会いに行ってみてください。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1. みちのくあじさい園 / 岩手県

最初に紹介するのは岩手県一関市にある『みちのくあじさい園』のあじさいです。東京ドーム3個分以上の広大な杉山で400種・4万株ものあじさいが咲くという東北を代表するあじさいの名所なんです。例年は6月下旬から見頃を迎え、7月下旬まで楽しめます。

見頃:6月下旬~7月下旬

約1.5kmの小路の脇にあじさいが咲き、森林の中は涼しげな風が吹いて、森林浴やハイキングにもぴったりの場所ですよ。東北では見頃も東京よりも少し遅れるので、あじさいを見逃したという方は東北に行った際に足を運んでみてはいかが?

詳細情報

みちのくあじさい園

岩手県一関市舞川原沢111 あじさい園

3.33 5130
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.南くりこま高原 一迫ゆり園 / 宮城県

続いてはカラフルなゆりが見せる絶景。宮城県栗原市にある『南くりこま高原 一迫ゆり園』のゆりです。約30,000平方メートルの園内に約200種15万級ものユリが色鮮やかに花を咲かせます。

見頃:6月末~7月下旬

『南くりこま高原一迫ゆり園』は例年6月下旬から7月下旬まで開園します。日本では珍しいゆりの花が一面に整って咲き誇る景色を見ることができます。可憐なゆりを是非写真に収めてみてくださいね。

詳細情報

一迫ゆり園

宮城県栗原市一迫真坂清水堰田

3.00 016

3.美郷町ラベンダー園 / 秋田県

淡い紫が一面に広がる絶景。心も落ち着くこんな景色を見せてくれるのは秋田県の『美郷(みさと)町ラベンダー園』です。6月中旬から7月中旬まで見頃となるラベンダーが約2ヘクタール の広大な畑に2万株咲き誇ります。

見頃:6月中旬~7月中旬

2018年の「美郷町ラベンダーまつり」は6月16日(土)~7月16日(月) 。今年は見られなかった人も来年はぜひ訪れてみてくださいね。美郷町オリジナル品種のホワイトラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」も見ることができ、白と紫の見事なコラボを見ることもできます。

詳細情報

美郷町ラベンダー園

秋田県仙北郡美郷町千屋大台野1

- 08

4. 伊豆沼・内沼 / 宮城県

7月から8月に見ごろを迎え、ピンクの花を咲かせる蓮の花。こちらのまるで極楽の一角かのような一面に広がる蓮の花を見ることができるのが宮城県栗原市の『伊豆沼・内沼』です。

伊豆沼・内沼はすまつり:2018年7月20日(金)~8月31日(金)

2018年は7月20日(金)から8月31日(金)までの間は『伊豆沼・内沼はすまつり』が開催され、沼一面に広がる淡いピンクの蓮の花を見ることができます。美しさもスケールも日本一といわれ、遊覧船に乗って間近でハスを見ることができるので見ごたえ抜群です。上品に咲く蓮の花は一見の価値ありです。ぜひ見に行ってみては?

詳細情報

伊豆沼・内沼

宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2

3.00 01

5.猿賀公園 / 青森県

青森県平川市にある『猿賀公園(さるかこうえん)』も湖面に咲く蓮が美しい場所です。猿賀公園は春は桜の名所として、夏には鏡ヶ池一面に咲く淡いピンクの蓮の花をお目当てに多くの人が訪れます。

「平川市蓮の花まつり」:2018年7月21日(土)~29日(日)

2018年は7月21日(土)~29日(日)には「平川市蓮の花まつり」が開催されます。こちらの場所は蓮の群生地としては北限と呼ばれています。湖面に広がる緑の大きな蓮の葉と、可憐にところどころに見られるピンクの花のコラボも上品で絶妙ですよ。

詳細情報

猿賀公園

青森県平川市猿賀石林

3.53 418
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 鯉艸郷(りそうきょう) / 青森県

続いて紹介するのは青森県十和田市にある『手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう)』です。こちらでは季節によってさまざまな花を見られる場所で、7月には淡い紫が美しい花菖蒲を見ることができます。
6月下旬~7月上旬にかけては20万株・600種類の花菖蒲が咲き誇ります。2018年は「花菖蒲まつり」が6月23日(土)~7月16日(月)に開催されています。今年は見逃したという方は来年またチャレンジしてみてください。6月には上の写真のような不思議でカラフルなルピナスも見ることができます。

詳細情報

7.ひまわりの丘 / 宮城県

夏らしさあふれる黄色の絶景。夏に欠かせない「ひまわり」の絶景が見られるのは宮城県大崎市にある『ひまわりの丘』です。8月に満開になり見頃を迎えますが、7月末にもひまわりを見ることができます。

ひまわりまつり:2018年7月28日(土)〜8月15日(水)

6ヘクタールもの広大な土地に約42万本ものひまわりが花を咲かせます。7月末から8月上旬にはひまわりが見頃を迎え、丘は鮮やかな黄色に染まります。夏の青空にぴったりなひまわりの絶景を見て心も晴れやかになってくださいね。

7月は東北で花の絶景を見に行こう

いかがだったでしょうか?7月の東北で見られる花の絶景を紹介してきました。花菖蒲やゆり、あじさいなど様々な花が見頃を迎えます。ぜひ東北に行った際は花の絶景に酔いしれてくださいね。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する