• はてぶ
  • あとで

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1軒目にご紹介するのは昭和47年創業の「お好み焼き 御幸」は竹原でも大人気のお好み焼き屋さんです。そばのイメージが強い広島風お好み焼きですが、うどんももっちりしていて美味しいのだとか。好きな具材をトッピングした絶品のお好み焼きを食べて、一日目を締めくくりましょう。

詳細情報

広島県竹原市中央5-9-1

写真を投稿する
3.18 00

ほり川

2軒目にご紹介するのは「ほり川」です。こちらは大正8年創業の醤油醸造元の蔵をリノ―ベションしてオープンしたお好み焼き専門店です。看板メニューは「純米吟醸たけはら焼き」。ひとくち食べると口全体にお酒がふわりと香り、ここでしか食べられない味となっております!

詳細情報

2日目

2日目は尾道をルーズに観光です。尾道駅には竹原駅からJRの在来線で約1時間で到着しますよ。いま若者を中心に人気を集めつつある尾道で、地方の穏やかな暮らしと、瀬戸内に息づくカルチャー体験を楽しんでください。

【10:00】パワースポット千光寺へ

尾道で外せないのは定番のパワースポット「千光寺」です。坂の上にお寺を構える千光寺への道中は険しい坂道。楽をしていきたい方にはロープウェイのご利用をオススメします。駅から徒歩約15分の場所にあるロープウェイ乗り場に行けば、ものの3分でサクッと千光寺公園まで駆け上がります。
桜の名所100選や夜景100選にも数えられている千光寺公園は、桜や紅葉のような季節に応じた美しさに加え、尾道の夜景を眺められるロマンチックなスポットにもなっています。天気のいい日には、目の前に広がる瀬戸内海の光景もきれいに映りますよ。

文学のこみち

公園の道中に横たわる全長約1kmの遊歩道“文学のこみち”も人気スポットの一つとなっています。尾道にゆかりのある作家の詩が刻まれた岩が、歩道のあちこちに鎮座していて趣のある空間に仕上がっています。時間に余裕をもって、のんびりと散策してくださいね。

詳細情報

【11:30】猫の細道を散策

千光寺から石段を5分ほど下ると、「猫の細道」というスポットがあります。猫のモニュメントがあったり、野良猫に遭遇できたり、猫好きにはたまらない観光地となっています。この辺りは坂道が多いので、歩きやすい服装や靴がおすすめです。
「猫の細道」には、招き猫美術館や、猫のグッズが売っていお店など、猫に関係するいろんなスポットがあります。歩いているだけでもとっても楽しいので、ロープウェイで登った分をゆっくり下りながら散策してみましょう。

詳細情報

【13:00】お昼ごはんは尾道ラーメン

散策の途中、お昼ごはんは“尾道ラーメン”をオススメします。食欲そそるこのご当地グルメは、鶏ガラと魚ベースの醤油スープとシンプルなトッピング、そしてスープに浮かんだ背脂が特徴です。

壱番館

「尾道ラーメン 壱番館」では、大きな角煮の乗った尾道ラーメンが人気です。肉厚でとろとろな角煮は油っこくないあっさりしたスープとの相性抜群。ボリュームたっぷりですが、あっという間に食べられちゃう絶品です。

丸ぼし

地元の食材で作り上げたラーメンを提供している“丸ぼし”は、尾道ラーメン専門の人気ラーメン店です。あっさりスープと背脂との相性は、大人気もうなずける美味しさ。尾道ラーメンが食べられるお店はこの他にもたくさんあるので、探してみてくださいね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

setouchitrip来てみんちゃい

このまとめ記事に関して報告する