関東・甲信越の“おすすめ避暑地”17選。今年の夏に行くべきスポットLIST

厳しい暑さが続きますね。休みの日に外に出かけたいけれど、なかなか気分が乗らないなんていう方も少なくないかと思います。そんな今回は、関東・甲信越のおすすめ避暑地17選をご紹介します。ぜひこの記事を参考に、暑さを逃れて、涼しい旅行先へお出かけしてみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

那須高原 / 栃木

栃木県北部にあるのが「那須高原」です。茶臼岳、朝日岳、南月山、三本槍岳、黒尾谷岳の「那須五峰」の裾野に広がる那須高原は、7〜8月の平均気温が19℃と過ごしやすいのが特徴。

那須フラワーワールド

「那須フラワーワールド」では季節の花々を楽しめます。広大な花畑に彩り鮮やかな花々が咲き誇る様子は圧巻です。7月〜8月はバラ・日光キスゲ・クレオメ・サルビア・ユリ・ヘメロカリス(デイリリー)など、多くの種類の花が咲き誇ります。

乙女の滝

「乙女の滝」は、清らかな水と澄んだ空気に癒されるスポットです。白笹山から流れる沢名川にある小さな滝で、夏は滝の天然ミストシャワーによりリフレッシュすることができますよ。名前の由来は諸説ありますが、人魚を見かけたという伝説や優しい滝の流れが乙女の髪の毛のようだからとも言われています。

奥日光 / 栃木

続いてご紹介するのは、栃木県にある「奥日光」です。日光東照宮で知られる「日光」ですが、さらに西へ進んだ「中禅寺湖」や「華厳の滝(けごんのたき)」のあるエリアを”奥日光”と言います。標高の高い奥日光エリアは、夏でも涼しく過ごしやすいスポットです。

華厳滝

「華厳の滝」では、高さ約97mから時には毎秒2.5トンもの水が流れ落ちる、迫力満点の落水を見ることができますよ。エレベーターで、観爆台まで行くことができ、爆音の中、水飛沫を浴びながら間近で滝を眺められます。

イタリア大使館別荘記念公園

中禅寺湖の湖畔にある「イタリア大使館別荘記念公園」もおすすめ。明治中頃から昭和初期にかけて中禅寺湖には、各国の大使館はじめ多くの外国人別荘が建てられました。平成9年まで歴代の大使が使用していた別荘が、当時の設計図をもとに復元され展示されています。ぜひ涼みがてら行ってみてくださいね。

奥日光

奥日光

写真を投稿する
3.00 00

みなかみ / 群馬

群馬県最北端に位置しており、利根川源流の地が、「みなかみ」です。バンジージャンプやラフティング、カヌーなどのアクティビティも充実しており、ひんやりとした空気や水に癒されます。

諏訪峡

中でも「諏訪峡」は利根川の流れが造り出した、みなかみを代表する渓谷で、美しい自然の景色を楽しむことができます。流れに沿って遊歩道が整備されています。諏訪峡の入口にかかる吊り橋(笹笛橋)より眺める谷川岳は絶景です。

一ノ倉沢

日本三大岩場であると言われる一ノ倉沢を間近で見ることができるのもポイントです。剱岳、穂高岳とともにクライミングの難所として知られていて、谷川連峰随一の岩場となっています。数々のクライマーたちが命を賭けた絶景をここからなら安全に楽しむことができます。冬季は閉鎖されるため、夏にしか見られない絶景です。

草津 / 群馬

続いてご紹介するのは群馬県の「草津」。日本三名泉の1つにも数えられる草津温泉があります。温泉街の中心にある「湯畑」では、毎分4,000Lもの湯が湧き出る様子を見ることができます。

嫗仙の滝

草津にある「嫗仙の滝(おうせんのたき)」は、赤い岩肌に白い滝の流れる様子が美しく、人々を魅了するスポットです。険しい道を登っていかなければいけない秘境的スポットですが、その価値がある絶景を見ることができますよ。

チャツボミゴケ公園

夏の「草津」でぜひ訪れたいのが「チャツボミゴケ公園」。“硫黄泉”などの酸性泉に限って成育する特殊なコケのことを”チャツボミゴケ”と言い、日本でも限られた火山帯でしか見ることができないため貴重なんです。チャツボミゴケが群生している様子を見ることができ、鮮やかな緑色の光景が広がります。冬季は休園しているので、ぜひ夏にひんやりと涼みに行ってみてくださいね。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する