• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今度の休日は伊豆の下田に行こう!伊豆下田で行くべき観光スポット15選

伊豆の下田は、日米和親条約によって開港されたところで、温暖な気候や沖合を流れる黒潮の恩恵があり、グルメや温泉を求める人達で賑わっています。このページでは、伊豆の下田を訪れた時に、巡ってみたい観光スポットを、厳選してご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

1. 黒船クルーズが就航する「下田港」/下田市外ヶ岡

「下田港」は、1854年(安政元年)にペリーが黒船で来航したことで知られる港です。下田港は、江戸時代から良港として知られていたところで、鎖国当時も多くの国内航路の船で賑わっていました。日米和親条約が結ばれ、下田は北海道の函館と共に開港され、日米通商条約が結ばれるまで栄えたところです。
「下田港」には、伊豆クルーズ下田港めぐりとして、ペリーが来航した時の艦船を模した黒船遊覧船が就航しています。1周約20分の港めぐりで、ペリーが乗ってきた艦隊が投錨した場所や、幕末の志士に影響を与えた吉田松陰が密航を試みた弁天島などのスポットを巡る楽しい下田港めぐりです。

詳細情報

  • 静岡県下田市下田港

2. 下田公園/下田市三丁目

伊豆急下田駅から徒歩で20分のところに「下田公園」があります。この公園は、別名を鵜島城とも呼ばれる下田城があった場所で、稲生沢川の河口に近い小高い丘の上にあります。下田公園の開国ひろばには、「開国記念碑」がある他、頂上付近には3つの展望台があり、下田港を見下ろす素敵な景色を見ることができます。
冬の「下田公園」は、野生種と園芸種の椿(つばき)が鑑賞できるスポットで、12月から3月頃まで楽しむことができます。6月には約15万株300万輪の紫陽花が咲き誇り、「あじさい祭り」が開催され多くの人で賑わいます。1面に紫陽花が咲いている紫陽花と眼下の下田港が楽しめます。紫陽花は5月下旬ごろから咲き始め、7月上旬まで咲いています。

詳細情報

  • 静岡県下田市3-1174
  • 0558-22-1531

3. 下田海中水族館/下田市三丁目

下田でイルカやアシカのショーが楽しめるのが「下田海中水族館」です。水槽があるアクアドームペリー号という大きな船が入り江に浮かんでおり、船内で約50種10,000点の生物を飼育されています。海藻の生育にも力を入れていて、海中林の再現を目指しているという、行ってみる価値がある水族館です。
「下田海中水族館」には、入り江に浮かぶ「海上ステージ」や「マリンスタジアム」があり、イルカやアシカのショーが行われていて、人気の中心となっています。ペンギンの生態を、上から下から観察できる「パノラマペンギンプール」は、今までと異なる水族館を体感させてくれます。見学に充分時間を取りたい施設です。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 静岡県下田市三丁目22-31
  • 0558223567

4. ペリーロード/下田市三丁目

下田の街に、ペリー来航時に交渉場所となった了仙寺があります。この了仙寺は、日米和親条約が結ばれた歴史上の重要なスポットとしても知られるところです。この了仙寺に続く通りは、「ペリーロード」と呼ばれていて、ペリーが、部下300名程を連れて、パレードしたといわれています。
「ペリーロード」は、伊豆急下田駅から徒歩で約15分の場所にあり、平滑川に沿った約400mの小路です。石畳が敷かれたレトロな雰囲気が漂う道で、アンティークお店が点在していて、歴史を感じることができるスポットです。川端には、柳の木が植えられていて、新芽が芽吹いたころから夏頃にかけてが、「ペリーロード」が美しいおすすめの季節です。

詳細情報

  • 静岡県下田市三丁目
  • 0558-22-1531

5. 爪木崎(つめぎさき)/下田市爪木崎

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する