• はてぶ
  • あとで
茨城県大洗町を満喫できる10の観光スポット!定番から穴場まで

太平洋に面した茨城県大洗町は、茨城県有数の海水浴場がある町として知られています。そんな海岸ぞいには、北海道まで運行しているフェリーが出ている港があったり、豊かな漁業を守るためにたてられた神社があったりします。農業、漁業も盛んでグルメも楽しめる大洗。アニメとのコラボでも昨今人気がある大洗から海に歴史にと楽しめるおすすめの観光名所をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.大洗シーサイドステーション

大洗のショッピングモールとして人気があるのが「大洗シーサイドステーション」です。大洗駅から大洗シーサイドステーションはまで徒歩で15分の場所にあります。アクセスのよいところにあるので気軽に行くことができます。施設内では、ショッピングを楽しんだり、大洗の新鮮な魚を楽しめるレストランなども入っています。
ショッピングやグルメのほかにも、モールの壁面アートに注目です。昨今のSNSの影響か、インスタ映えするスポットがモール内に登場。壁に描かれた羽を背に天使になってみたり、水中の生き物と一緒に写真に納まったりと楽しめます。またこちらの施設はアニメにも登場しているということで、聖地としてファンが多く訪れているのも特徴です。

詳細情報

2.めんたいパーク

かねふくという明太子を作っている会社の工場がテーマパークのようになって工場見学ができるのが、「めんたいパーク」です。関東は茨城の大洗にあるのが唯一となるので、ぜひ大洗にきたら訪ねてみましょう。明太子にだけフォーカスしたテーマパークで、その館内では明太子のできる過程を見て学ぶことができたり、工場直売のかねふくの製品を購入できるコーナーがあります。うれしいことに、明太子を無料で試食できるコーナーもあるので、味を確かめてから購入できます。
明太子についていろいろ学べる館内のあちこちでみかけることができるのが、眼鏡をかけた「タラコン博士」と小さなたらこの「タラピヨ」のオリジナルマスコットキャラクターです。大洗駅より徒歩20分前後で行くことができる場所にある「めんたいパーク」は、太平洋を見ることができる眺めの良い場所にあります。入場料も無料で親子で楽しめる施設です。

詳細情報

3.大洗磯前神社

大洗にある大洗磯前神社は岬にたつ神社として知られます。波立つ岩上に鳥居が見える景色はフォトスポットしても人気の場所です。そんな大洗磯前神社は、856年に創建された歴史ある神社の一つです。毎年8月25日に例祭があります。
神磯の鳥居のほかにもこちらの神社には見どころがたくさんあります。神社の拝殿へたどり着く前に、県道にみえてくる大きな一の鳥居。そして本殿に続く階段の前にある第二の鳥居と、計三つの鳥居はどれも見逃せません。二の鳥居をぬけて長い階段をぬけると、大己貴命・少彦名命が祭神として祀ってある社殿にたどり着きます。

詳細情報

4.アクアワールド 茨城県大洗水族館

大洗町にあるアクアワールド大洗水族館は、太平洋に面した水族館で、水戸大洗インターチェンジより車で15分、JR大洗駅よりバスなどを利用して15分で行くことができるアクセスのよい場所にあります。大洗の海の生き物をはじめ館内は9つのゾーンに分かれています。サメの飼育数が日本一な水族館で、サメのはく製を見ることもでき人気があります。
オーシャンゾーンには、オーシャンシアターがありイルカやアシカのライブショーを見ることができます。館内には来館記念のお土産を購入するのにぴったりなスーベニアショップやサメの化石などを購入できるミュージアムショップもあります。館内を見学して小腹が空いたときや小休憩をしたいときにおすすめなコーヒーショップや飲食スペースがあり、そちらでは太平洋を眺めながら飲食を楽しめます。

詳細情報

5.大洗マリンタワー

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する