• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
四季折々の自然が楽しめる!長瀞町おすすめ観光スポット10選

東京都内から約1時間30分ほどで行くことができる長瀞町は、春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉、冬は蝋梅の花と四季を通じて見所も多く楽しめることができます。都心部から近く見所やアクティビティも豊富な長瀞町のおすすめスポットを10選紹介します。(なお情報は記事記載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも自選確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1.創建から1900年以上の歴史ある「宝登山神社」

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)は長瀞駅からは歩いて15分くらいの距離にあります。春は桜並木の下を歩くことができとても気持ちがいいです。創建から1900年以上と歴史ある宝登山神社は秩父神社や三峯神社と共に、秩父三社と呼ばれています。本殿は宝登山の下にありますが、奥宮は山頂にあります。
火止山が由来となった宝登山では、火災盗難除け、諸難除け、家内安全、商売繁盛などのご利益があります。宝登山神社奥宮は宝登山山頂付近にあるため標高497mで歩いて上ると1時間くらいかかりますが、ロープウェイで上まで行くことが出来ます。条件が揃わないと見られませんが宝登山から雲海も見ることができます。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
  • 0494-66-0084

2.山一面黄色に色づく「宝登山ロウバイ園」

標高497mの宝登山山頂には約3000本の臘梅(ろうばい)が咲き乱れます。宝登山頂へはロープウェイで楽々と登ることができるのでアクセスも容易です。山頂にある宝登山臘梅園の特徴は、景色が非常に良く山頂から眼下に広がる秩父の町並み、秩父のシンボル武甲山、鋸状の山容をした両神山など秩父の風景を堪能することできます。
早咲きのろうばいは12月上旬から咲き始めますが、日あたりの良い西ろうばい園から満開を迎えます。例年の見頃は1月下旬頃から始まります。花がロウ細工のように美しく、香りのよい臘梅をたくさん見られるところは他ではなかなかありません。開花状況は宝登山ロープウェイのホームページで確認ができます。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡皆野町金崎1738
  • 0494663311

3.約500本の梅がお出迎え「宝登山梅百花園」

長瀞宝登山梅百花園は、宝登山山頂にあります。ここでは約170品種の梅が集められ、関東一品種の多い梅園となっています。蝋梅の終わる2月中旬頃から3月下旬にかけて約470本の梅たちが百花繚乱の如く、山肌を紅白に染めていきます。蝋梅とはまた違った香りを宝登山山頂にて堪能することができます。
品種によって開花時期が大きく変わるため、時期によってはまだつぼみ状態の梅もあれば満開の梅もあります。品種の違いを楽しむように、一本一本を観て回るのをおすすめします。花の色だけでなく、花びらの枚数や形もさまざまな梅の花を堪能しながら、園内をのんびり散策しましょう。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1766-1

4.約5万本のカタクリが楽しめる「長瀞かたくりの郷」

長瀞かたくりの郷

長瀞かたくりの郷は秩父鉄道樋口駅から800m、徒歩約10分のところにあります。長瀞七草寺の道光寺が目印となっています。県道沿いにある道光寺駐車場の裏山がかたくりの郷です。山の斜面に薄紫色のカタクリの花が5万本群生しており、訪れる人たちを楽しませてくれます。

長瀞かたくりの郷

長瀞かたくりの郷は関東一のカタクリの大群生地で、約1万坪の広さがあります。秩父地方ではカタクリが見られる場所は多いですがここまで多く咲いているところはなかなかありません。カタクリの花は、陽が差さないと花びらが開かないため、雨や曇りの時に行ってしまうと花びらが開いてないのでご注意ください。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡長瀞町岩田735

5.岩根山を紫色に染める「岩根山ツツジ園」

岩根山つつじ園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する