• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】パーク史上初の“最恐”アトラクションも!USJのハロウィーンが今年もヤバい

2018年9月7日(金)~11月4日(日)まで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、まさに『ハロウィーン新時代』の到来を築くシーズナル・イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が開催されます。パーク内にゾンビが出現したりと、毎年話題になるUSJのハロウィン。今年もかなりパワーアップした内容になっています。

このまとめ記事の目次

USJで「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」開催

開催期間:2018年9月7日(金)~11月4日(日)

2018年9月7日(金)~11月4日(日)まで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、まさに『ハロウィーン新時代』の到来を築くシーズナル・イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が開催されます。
USJでは、2002年ハロウィーンをテーマにしたシーズナル・イベントを開始。USJのハロウィンと言えば、パーク内にゾンビが現れたりと、面白いイベントを毎年行っていることで有名ですよね。17年目を迎える今年は、過去のハロウィーンとは一線を画す、まったく違うハロウィーンの楽しみ方を届けてくれるのだとか。

美しすぎるホラーが体験できる『大人ハロウィーン』

これまでのホラー・アトラクションの概念を覆す、“大人”な女性も満足できるファッショナブルで、体験する者すべてが魂を奪われ、息をのむ心理的恐怖を体感できる『大人ハロウィーン』は今年初登場。
今までに見たこともないダーク・ホラーの迷宮の世界で、ゲスト自身が物語の一員となる、まったく新しいホラーを体感できる『ホテル・アルバート』が登場します。華やかなホテルを舞台に、ゲスト自らがドアを開け進み、登場人物と話し、事件を目撃するなど、登場人物の一員となることで展開される完全没入型ホラー体験が、パークオリジナル演出で楽しめますよ。

家族でハチャメチャに楽しめる『“こわかわ”ハロウィーン』

朝から夜まで一日中、子どもも一緒に家族みんなでハチャメチャに楽しめる『こわかわハロウィーン』。ミニオンなどパークの仲間たちが、ちょっぴり怖いけど、とびきり可愛いモンスターたちに大変身し、この時期しか出会えない、おちゃめで陽気な姿で登場します。
昼は大熱狂のパレード『フェスタ・デ・パレード』やキッズのお楽しみ、滝のように降り注ぐお菓子を体いっぱいでキャッチする『ハッピー・トリック・オア・トリート』などで大興奮、夜には初開催の『ユニバーサル・ワンダーランドこわかわナイト』を満喫し、家族みんなで一日中楽しんで熱狂できる、とびっきりのハロウィーン体験を。

さらなる恐怖体験が差し迫る『絶叫ハロウィーン』

そして今年は、パークのハロウィーンの代名詞と言える、あの絶叫ホラー体験が超絶パワーアップしてさらなる“最恐”になって登場。今年は、エリアごとにまったく異なるおぞましいストリート・ゾンビが現れ、夜のストリートが熱狂に包まれる中、『ゾンビ・デ・ダンス』では、ゾンビたちがゲストと一緒になって踊り、テンションを最高潮に盛り上げてくれます。

“最恐”で“最高”なハロウィンが待っている。

パークのハロウィーン・イベントの核となるアトラクションが今年はさらにパワーアップするのみならず、パーク史上かつてない初体感の新型アトラクションも登場し“最恐”で“最高”なハロウィンを過ごせること間違いなし!

詳細情報

■ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン
開催期間:2018年9月7日(金)~11月4日(日)
場所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

※『ハロウィーン・ホラーナイト』は2018年9月8日(土)~11月4日(日)開催
eparkMamakoeで見る
  • 大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
  • 570-200-606

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する