• はてぶ
  • あとで
まんねりベテランさんもほやほやラブラブカップルも集まれ!夏の最強デート先6選

「あれ、夏にすること決まってないな。ちょっとマンネリ化してるかも。」「やっと夏が来たね♪やりたいこと多すぎ!どうしよう?」あなた達カップルはどっちに近いですか?今回はちょっとマンネリ化してるような気がするベテランカップルさんと、アツアツのほやほやラブラブカップルさんに分けて夏の最強デート先を6つ紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.夏のお泊り旅編

夏と言えば待望なのがサマーバケーション、そう夏休み。長期で休むことができる夏休みには、思い切って2人で遠くにカップル旅行するのも良いですよね。また海に囲まれた島国、日本の夏旅行は、解放感もあってとっても魅力的。人気の旅行先は、人が集まる率も高いので、今の内から計画を立てておくのがベスト。少しでも参考になるおすすめ旅行先を紹介します。

ベテランカップルのあなたには「竹富島でのんびり島旅」がおすすめ

せっかくの長期休み、のんびりと2人だけの時間を過ごしたいベテランカップルさんには、都心の喧騒からは離れて、離島でゆっくり過ごせる旅行がおすすめです。沖縄や伊豆諸島など、東京近郊では見られないような美しい海も待っています。日本らしさと、贅沢リゾート気分が味わえる島旅行はとってもおすすめです。
沖縄県の「竹富島」は、中でも2,3泊する旅行先としては、ぴったりの島なんです。赤い屋根の平屋の建物や白いビーチなど、夏だからこそ一層満喫できる沖縄らしい景色を堪能することができますよ。2人そろって水牛車にのっての散策は、旅行した際には欠かせない観光の名物ですよ。

詳細情報

沖縄県八重山郡竹富町竹富竹富島

3.97 441876

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

『何もない』けど『全てがある』島

石垣島離島ターミナルからフェリーで10分から15分、アクセス抜群です。 大きくはない島なので、レンタサイクルを借りて島をまわるのが基本。砂の道は結構タイヤを取られるので、電動自転車がおススメです。かなり違います(笑)。 遠浅でキレイなブルーが続くコンドイビーチにはたくさんの猫ちゃんたちが思い思いに昼寝、カイジ浜で星の砂を探すのも楽しいです。アイヤル浜はちょっとアクセスが悪いですが、その分人も少なく絶景ビーチを独り占めできます。 1番好きなのは西桟橋。突き出た桟橋からパーフェクトブルーの海を見ていると、嫌なことなど吹っ飛びます。竹富島に泊まった方のみ見れる西桟橋からの夕日は格別とか... ランチのオススメはなんといってもそば処竹の子。八重山そばの完成形だと個人的には思ってます。 都会のガヤガヤ感や便利さ比べたら何もない島だと思います。でも、1つとして同じもののないシーサーが見下ろす赤甍の民家と輝く白い砂の道、ゆっくり進んでいる水牛車からはおじぃの三線の音が聴こえてくる...沖縄の原風景がここにあります。時間を気にせず、何をするでもなく、思いついたことをゆっくりする。すごく贅沢で内容の濃い体験ができる島だと思ってます。

ほやほやカップルのあなたには「定番の軽井沢避暑旅」がおすすめ

夏の旅行先の定番として外せないのが、新幹線や車で、東京約2時間から3時間とアクセスも良い長野県「軽井沢」。中でもほやほやカップルには、『ハルニレテラス』がおすすめ!海とはまた違ったアクティビティや自然に囲まれて過ごす時間は、最高の一時ですよ。国内屈指の避暑地としても人気のエリアですし、ほやほやカップルの2人の「はじめて」旅にいかがでしょうか?
「ハルニレテラス」でめいいっぱい観光した後は、「星野リゾート BEB5 軽井沢」に一泊。あの憧れの星野リゾート系列の中で、BEB5は本当にお手頃な価格帯を提供しています。コスパも重視したい二人にはぴったりのお宿ですよ!居心地の良いお部屋でゆったりするのも、テラスで自然を感じつつ仲を深めるのも、どちらも素敵な過ごし方ですね。

詳細情報

長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148 ハルニテラス

4.06 39944

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ベテランカップルは海岸でデート!

2.グランピング編

夏と言えば海もいいですが、自然の近くでゆったりと過ごすのもおすすめです。最近では、都内を初め、グランピングが楽しめるオシャレなスポットも増えています。避暑地の高原や、涼しげな湖の近くで、二人きりの時間を楽しんでくださいね。

ベテランカップルには居心地抜群の「Glamprook 飯綱高原」がおすすめ

観光地はどこも人気で混んでいる…、そんな夏休みでも、2人だけの時間をとことん楽しみたい。そんなベテランカップルさんにおすすめしたいのは「Glamprook 飯綱高原」で過ごすひと時です。外から見ると、白いドームのような可愛らしい見た目のお部屋は、中もリゾート感満載なんです!
長野県の自然を感じつつも、涼しい室内で存分に二人きりの時間を過ごすことができます。そしてこの施設の魅力は、宿泊料金で様々なサービスが受けられる、オールインクルーシブの体制をとっていることです。ゴルフや近くの温泉、無料でアルコールを提供しているラウンジなど、2泊しても足りないほどの充実ぶりです。夜が更けるまで、素敵なひとときを是非。

詳細情報

長野県上水内郡飯綱町川上2755−1

3.66 161
オールインクルーシブが最高!

2020年にオープンしたばかりのグランピング施設。 最寄の長野県牟礼駅からは無料送迎があります。 12月でしたのでかなり雪が降っており、気温も低かったですが、施設内は暖かくドーム内も寒さは気にならなかったです。 施設内にも大浴場がありますが、こちらは温泉ではないため、歩いて10分ほどの場所にある日帰り温泉に行きました。 オールインクルーシブで料金に飲食代が含まれているため、気にせず食べたり飲んだりできるところが良いポイントです。夕食はコースで、グラスワインとビールは追加なしで頼めました!お料理がとても美味しくて驚きました。メインは魚料理と肉料理どちらもあり、量も十分でした。また、ラウンジスペースが夜はバーになるため、好きなお酒を自分で作って飲むことができました。リキュール、焼酎、ワイン、日本酒と種類も豊富でした。また、ピザ窯でピザを焼いてくださり、焼き立てのピザも食べられます。 外には焚き火台があり、そこで焚き火と、マシュマロ焼き体験ができるのですが、今回は雪が降っており、できなかったのが残念でした…冬はよく雪が降る地域ですので注意です。 星4の理由は、ドーム内に水場が無いこと。トイレ、洗面所はありません。フロント、レストラン、ラウンジのある共有施設の方でトイレなどを済ませてからドームで寝るという感じです。グランピングなので仕方ないのですが、少し不便に感じました。 それ以外はかなり満足です。サービスも良く、落ち着いて過ごすことができました。星もとても綺麗でした!

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ほやほやカップルにはオシャレ爆発のBBQ「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-」がおすすめ

日帰りでグランピングを満喫したい、ロマンチックな時間を過ごしたい、そんなことを考えているほやほやカップルにおすすめしたのが、都内ならではの景色と、スタイリッシュな雰囲気の中BBQを楽しめる「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」です。
豊洲にあるこちらのスポットは、都内と言うこともあってアクセスはとっても抜群。また、デートスポットとしても人気のお台場や東京タワー、レインボーブリッジといった東京を代表するスポットや東京湾が一望できる、最高のロケーションなのも魅力的です。開放的な昼にはBBQ、夜には夜景を楽しみながらロマンチックに過ごすことができますよ。

詳細情報

東京都江東区豊洲6-1−23

3.34 120

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3.ひまわり編

夏の代名詞とも言える、絶景を彩ってくれる美しい花と言えば、思いつくのはそう「ひまわり」ですよね。隣で笑う君のように空に向かって微笑みかける満開のひまわりたち。見ている2人の最高の思い出を、まさに華々しく飾ってくれます。写真フォルダを黄色一色に染めて夏の思い出を作りましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する