• はてぶ
  • あとで
松阪牛だけじゃない!意外と知らない「三重・松阪」の観光スポット7選

全国的にも有名な観光スポット"伊勢志摩"に近い三重・松阪市。松阪と聞いて日本三大和牛の"松阪牛"や、松阪城跡といった昔ながらの町並みが広がる城下町!というイメージを持つ方も多くいるはず。ただ、松阪には歴史的建造物が豊富なエリアだけでなく、実は自然やアートにこだわったユニークな観光スポットも存在します!そんな今回は、意外と知られていない三重・松阪市の穴場の観光スポットをいくつかご紹介していきましょう。 (※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①松坂城跡/松阪市殿町

松阪市を訪れたのなら、先ずは「松坂城(松阪公園)」で情緒ある景観を楽しむと良いでしょう。この「松坂城」は戦国時代の"武将・蒲生氏郷(がもううじさと)"が築いた城であり、日本100名城にも選ばれた国指定史跡です。現在、城自体は無く石垣(いしがき)のみが残っています。
松阪駅から徒歩15分で行ける「松坂城跡(松阪公園)」は桜の名所としても知られています。約300本のソメイヨシノと山桜が咲き乱れる3月下旬〜4月上旬の間は、多くの観光客が訪れ、年に一度ピンク色に染まる石垣の姿は誰もが虜になること間違いなしです。

詳細情報

  • 三重県松阪市殿町松坂城
  • 0598-23-7771

②旧長谷川邸/松阪市魚町

「松坂城跡」を訪れた後は、江戸時代にムーブメントを起こした松阪木綿の老舗"丹羽屋"の跡地となる「旧長谷川邸」へ。ここは、松阪の商人"長谷川治郎兵衛"の旧邸で、国重要文化財にも指定されています。哀愁ある御屋敷や広大な庭園は疲れた心を癒してくれます。
長谷川治郎兵衛と同じく、江戸時代の松阪三大豪商だった"小津清左衛門(おづせいざえもん)"の旧邸「松阪商人の館」にも足を運んでみると良いでしょう。一見、庶民的な外観ですが、奥に入ると日本で唯一とされる重厚かつ存在感溢れる"万両箱"が展示されています。

詳細情報

  • 松阪市魚町1653

③高須海岸・松名瀬海岸/松阪市高須町

きれいな海でアクティブに過ごしたい場合は、「高須海岸」がオススメです。伊勢湾に面した「高須海岸」は、透き通る海と白い砂浜が広がるほか、太陽が沈む時間帯は絶景スポットとして多くの観光客が訪れます。
また、すぐ近くの「高須町公園オートキャンプ場」ではBBQもできるんです。隣接する「松名瀬海岸」では、潮干狩りが楽しめます。そのほか、夏には海水浴も可能。満潮時にはウィンドサーフィンもできますが、純粋に潮風と穏やかな波を眺めるだけでも心が癒されます。

詳細情報

  • 三重県松阪市高須町
  • 0598-51-1241

④旧三重県立工業学校製図室(赤壁)/松阪市殿町

「御城番屋敷」から徒歩2分で到着する「松阪工業高校」の敷地内には、"赤壁(せきへき)"の名で愛されている一風変わった「旧三重県立工業学校製図室」があります。木造平屋建てのこの建物は、明治41年に建てられたものですが、何と言ってもレトロな雰囲気漂う赤褐色の外観は見応え抜群です。
旧三重県立工業学校製図室は校門(北側)のすぐ側にありますが、赤褐色に染められた門扉も渋い雰囲気を醸し出しています。観光客目線ではなく、当時の学生になった気分で写真を一枚撮ってみるといいでしょう!明治に建てられた学校施設がいまだに現存するのは珍しいため、松阪に来た際は一度訪れてみる価値アリです。

詳細情報

  • 三重県松阪市殿町1417

⑤松阪もめん手織りセンター/松阪市本町

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する