• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
郷土料理からレア食材まで!イタリアで食べるべき絶品グルメ10選

世界中で愛され、国内でも簡単に本場の味が楽しめてしまうイタリア料理。だけどせっかくイタリアへ旅行したなら、ふだんと同じメニューじゃつまらないですよね。美食の国イタリア。日本と同じく、山と海の幸に恵まれたこの国では素材の味を活かした絶品グルメが沢山あります。今回は郷土料理からレア食材まで、現地で食べて欲しい絶品グルメをご紹介します。

このまとめ記事の目次

1. ズッキーニの花のフライ[Fiori di zucca Fritto]

「ズッキーニの花のフライ」とは、名前の通りチーズをズッキーニの花で包み、衣をつけて揚げた日本の天ぷらのようなものです。日本では珍しい「ズッキーニの花」ですが、イタリアではメジャーな食材で、ピザ屋やレストランで良く見かけることができます。
ズッキーニの独特な風味とチーズのコラボレーションは一度食べたらやみつきに。お店によって使用しているチーズが違ってたり、アンチョビが入ってたりするので、食べ比べてみるのも面白いですね。

2. カンノーロ[Cannolo]

キャノーラ油でカリッと揚げたマルサラ酒(シチリア特産のワイン酒)入りの生地に、少し甘みをつけたリコッタチーズクリームを詰めこんだ、イタリア・シチリア島を代表する伝統スイーツ。ぜひブレイクタイムのお供にいかがでしょうか?

3. オッソブーコ[Ossobuko]

ミラノ人が誇る絶品煮込み料理「オッソブーコ」。起源は古く、中世の頃から食べられていたそうです。
イタリア語で「穴のあいた骨」というユニークな意味をもつオッソブーコは、仔牛のスネ肉の輪切りを、白ワインやトマト、またスパイスなどで時間をかけて煮込み、リゾットやマッシュポテトと一緒に食べるのがミラノ風だそうです。

4. バッカラ マンテカート[Baccala Mantecato]

水に戻した干し鱈をペースト状にし、ブルスケッタなどで頂く「バッカラ マンカート」はヴェネチアのおつまみフードとしても人気です。シンプルではありますが、塩味はしっかり。お酒によくあいます!
ヴェネチアでバーカロに行ったなら食べておきたい絶品グルメ。

5. スフォリアテッラ[Sfogliatlla]

貝がらのように可愛く型られたパイ生地に、カスタードクリームやチーズクリームなどを入れ、オーブンで焼き上げた「スフォリアテッレ」。ナポリ定番の朝食メニューの一つです。
アマルフィの修道院から誕生したといわれるスフォリアテッレは、他の華やかなドルチェと比べ素朴でありながらも、昔からナポリ地方で親しまれるローカルフードです。

6. ブッラータ[Burrata]

賞味期限が48時間、と短いことから「幻のチーズ」とも言われるブッラータ。
薄くのばしたモッツァレラの皮に、ストラッチャテッラと呼ばれる細かくしたモッツァレラとクリームを混ぜあわせたものを包み作り上げられたものです。形はモッツァレラのようですが、ナイフを入れるとクリーム状のチーズが中からトローリ。
これに蜂蜜をかけてチーズのみで頂いたり、フルーツや野菜とともに頂いたり、食べ方は人それぞれ。日本国内ではとてもレアなため、現地で食べたい絶品グルメです。

7. クラテッロ[Culatello]

国内のイタリアンレストランでも必ずと言ってもいいほど見かける「パルマ産生ハム」の文字。そんな生ハムで有名なイタリア・パルマ地方には、「幻の生ハム」といわれる究極の逸品があります。
「クラテッロ」と呼ばれるこの生ハムは、1頭の豚からたった僅かしかとれないお尻の部位を使用しており、また成功率も普通の生ハムに比べて非常に低いんだそうです。
またクラテッロを作られる際に余った切れはしで作られたサラミ(Salumi di culatllo)は、お土産にも最適です。

8. サルティンボッカ[Saltimbocca]

ローマを代表するサルティンボッカは、薄く伸ばしたお肉をセージと生ハムでまいて焼き、白ワインソースをかけただけのシンプルメニュー。イタリア語で「口に飛び込む」と言われるほど簡単にできる時短メニューですが、立派なメインディッシュとしても出されます。
家庭料理でも、またレストランででも味わえる定番の一品です。

9. レモンチェッロ

日本でも人気の「レモンチェッロ」。これもまたイタリアを代表するリキュールです。ビタミンCたっぷりのマンマ自家製レモンチェッロを、食後にストレートで飲むのがイタリア流だそうです。お土産にも喜ばれそうですね。

10. カルチョーフィ[Carciofi]

イタリアンでよく使われる食材の一つに「アーティチョーク」という野菜があります。食べたことがなくても、名前だけでも知っている人も多いはず。
イタリア語で「カルチョーフィ」と呼ばれるこの野菜は、地中海を原産地とする、まさしくイタリアらしい食材です。また最近ではスーパーフードとしても注目を浴びているカルチョーフィ。ミネラルも豊富で解毒作用もあるのだとか。

いかがでしたでしょうか?

いかがでしたでしょうか?その地ならではのグルメを楽しむのも、旅行の醍醐味ですよね。今回は郷土料理からレア食材まで、現地で食べて欲しい絶品イタリアングルメをご紹介しました。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する