• はてぶ
  • あとで
気分も晴れやかに。日本全国の“もやもやを吹き飛ばす絶景スポット”10選

季節は秋へと移り変わりましたね。日照時間も短くなり、夏が恋しい…となんだか寂しい気持ちになる方も多いのではないでしょうか。そんな、なんだか気分が上がらず、モヤモヤした気分になった時に訪れて欲しい素敵な絶景スポットをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをお勧めします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 立石寺 / 山形県

まず最初にご紹介するのは、山形県にある「立石寺(りっしゃくじ)」。“山寺”の名で親しまれている、断崖絶壁の絶景スポットです。非常に歴史のあるお寺で、この絶景やパワーはきっともやもやも悩みを吹き飛ばしてくれるはず。
かの有名な松尾芭蕉がこの地を訪れた際に「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句を詠んだことでも有名な「立石寺」。1,000段以上というちょっと過酷な石段を登った先には、圧巻の景色があなたを待っています!

詳細情報

山形県山形市山寺4456−1

3.98 271149

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 竜王マウンテンパーク SORA terrace / 長野県

続いてご紹介するのは、長野県にある「SORA terrace」です。こちらはロープウェイで約8分間登った先、標高1770mの所にあります。妙高山や北アルプスを一望できます。夏でも平均気温は18度と、東京の10月末並みの気温なんだとか。
夕方になって気温がグーンと下がるタイミングが、雲海発生の絶好のチャンスなんだとか。眼下一面に雲海が広がり、思わず雲の上にいる気分になってしまいます。夕日と雲海が作り出す空の色も、とてもロマンチックですよ。

詳細情報

3. 奥入瀬渓流 / 青森県

続いてご紹介するのは、青森県にある「奥入瀬渓流」です。秋田県と青森県にまたがる十和田湖から流れ出ていて、特別名勝・天然記念物として国の指定を受けています。雄々しく力強く流れる様子に、パワーをもらえそうな気がします。
渓流沿いには遊歩道が整備されていて、その道を木々が囲んでいます。夏には新緑の間から注ぐ木漏れ日がとても心地良いですよ。大自然に囲まれて、リフレッシュできること間違いなしのスポットです。また、秋の時期になると紅葉も楽しめます。例年10月中旬〜11月上旬頃が見頃の時期になるそうです。

詳細情報

青森県十和田市奥入瀬渓流

4.25 341124

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 清里テラス / 山梨県

続いてご紹介するのは、山梨県にある「清里テラス」です。パノラマリフトで約10分間登った先にあり、標高1900mの所にあります。標高が高いので、真夏でも涼やかな風が吹き渡る気持ち良いスポットです。
眼下には富士山や南アルプスの緑が広がっています。自然の大パノラマを目前に、雲よりも高い場所でくつろぐことができます。ここでしか体験できない、最高の非日常を味わうことができるスポットですよ。

詳細情報

山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 サンメドウズ清里テラス

4.23 41714

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. 月待の滝 / 茨城県

続いてご紹介するのは、茨城県にある「月待の滝」(つきまちのたき)です。日本は全国に名勝と言われる場所がありますが、ここは数少ない“滝の裏側に入れる”スポットなんです。濡れずに入ることができ、直に水しぶきとマイナスイオンが浴びられます。
裏側から見るこの滝は、太陽の光を浴びてキラキラと輝いていて幻想的な美しさですよ。時折虹も出ていて、それもまた絶景です。規模はそんなに大きくはありませんが、距離が近い分、大迫力の滝が楽しめます。また、11月中旬頃から徐々に色づき、紅葉を楽しむことができますよ。

詳細情報

6. 天橋立 / 京都府

続いてご紹介するのは、京都府にある「天橋立(あまのはしだて)」です。幅約200m、全長約3.6kmの砂嘴(さし)でできており、たくさんの木々に囲まれています。展望所から眺めたり、中を歩いたり、と楽しみ方は様々。
何千年もの歳月をかけて自然が作りだした珍しい地形が、天にかかる橋のように見えることから“天橋立”と名付けられたんだとか。砂浜を歩いていると、海風が心地よく吹いてきて、爽やかな気持ちにしてくれること間違いなしですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する