淡路島のおすすめデートスポット11選!定番から穴場までご紹介

みなさん「淡路島」をご存知でしょうか。瀬戸内海で最大の島と言われている兵庫県の「淡路島」。実はマリンスポーツや温泉や山&海の幸が豊富で関西のリゾート地とも言われていてとてもデートにおすすめなのです!今回はそんな"兵庫のハワイ "と言われている「淡路島」での王道なデートスポットから穴場までを12選ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

行く前にチェック!

淡路島ってどんなところ?

兵庫県の南に位置している「淡路島」は魅力がたっぷりあります!自然だらけの「淡路島」は遊ぶところも多く、食べ物もほっぺたが落ちてしまうくらい美味しいものばかりです。また、神話では日本で最初に作られた島とされていて、歴史的な場所が多く、神々のストーリーも島中に描かれています。

アクセスは?

神戸から世界最長の吊橋と言われている「明石海峡大橋」を渡ると約1時間で到着と、とてもアクセスが良いです。東京からは、飛行機か新幹線で神戸まで行き、車やバスで淡路島に行くのが1番早いです。飛行機だと東京から神戸まで約1時間15分、新幹線では東京から神戸まで約3時間となっています。

淡路夢舞台 / 淡路市

淡路市にある「淡路夢舞台」は、言わずと知れた日本を代表する有名建築家、安藤忠雄氏によってデザインされた施設群です。様々な動物や植物、人間が共生できるような空間を意識してつくられた場所だそうです。
安藤忠雄氏の建築を鑑賞しながら、淡路島の自然を感じることができるのが、こちらの施設の大きな魅力です。こちらの画像にあるのは、ホタテの貝殻。「貝の浜」のエリアには、なんと100万枚ものホタテの貝殻が敷き詰められています。これらは1枚ずつ職人の手で敷き詰められているというから圧巻です。

幸せのパンケーキ本店 淡路島リゾート / 淡路市

淡路島にあるSNS映え抜群のカフェといえば、淡路市にある「幸せのパンケーキ本店 淡路島リゾート」です!こちらは全席オーシャンビューとなっており、海を眺めながらリゾート気分で絶品パンケーキをいただくことができます。
リゾート内には、幸せの階段や幸せの鐘、岬のブランコなどのフォトスポットがたくさんありますよ!思い出に残るひとときを堪能できるはずです。行列必須の人気店なので、事前予約をしてから訪れることをおすすめします。
3.83 27439

うずの丘 大鳴門橋記念館 / 南あわじ市

海の水が渦を巻く「うずしお」をご存知ですか?南あわじ市にある「うずの丘 大鳴門橋(おおなるときょう)記念館」には、そんな現象について学ぶことができる「うずしお科学館」があったり、グルメやショッピングも楽しめる複合施設となっています。玉ねぎキャッチャーというUFOキャッチャーもありますよ。
こちらは、巨大なたまねぎのオブジェ「おっ玉葱」です。写真からも分かるように高さはなんと2.8mという大きさ!まさにおったまげる大きさですよ。ぜひ大鳴門橋と鳴門海峡を背景に「おっ玉葱」の写真を撮ってみてください。写真映えすること間違いなしですよ。

絵島 / 淡路市

淡路市にある「絵島」は淡路島の中でも特別な島なのです。一説によるとイザナギノミコトとイザナミノミコトという神々が海の水をかき回して、持ち上げた矛(ほこ)から垂れた水から島々ができていった、という言い伝えがあります。信じる、信じないは別としてこの島は日本神話にとってとても大切な島です。
写真のように、絵島の岩肌は絵具を水面に垂らしたようなマーブル模様がとても美しいです。これを自然が作り出したと考えると、なんとも感慨深いです。ぜひ大切な人と一緒に、日本の始まりと言われている島を見てみてはいかがでしょうか?(※現在は島内は立ち入り禁止ですが、外からご覧いただけます。)

おのころ島神社 / 南あわじ市

南あわじ市にある「おのころ島神社」は、日本発祥の日本の神々の誕生の聖地と言われています。先ほど出てきたイザナギとイザナミの神がまつられていて、安産の神や縁結びの神社として知られている場所です。
こちらの写真の石は「鶺鴒石(せきれいいし)」と呼ばれるもの。お祈りの仕方が3通りあり、今の絆を深めたいカップルの場合をご紹介します。男性が赤を持ち、女性が白をもち、2人で手を繋いで思い込めてお祈りをするそうです。大事な人とぜひ訪れてみてくださいね。

パルシェ 香りの館・香りの湯 / 淡路市

淡路市にある「パルシェ 香りの館・香りの湯」は、“香り”に特化したテーマパークなんです!こちらでは、ハーバリウムやオリジナルの香水を作るといった特別な体験ができますよ。2人だけの思い出を形に残してみてはいかが?
館内には、瀬戸内海を一望できる温泉施設やお食事処、淡路島ならではのお土産を手に入れることのできる特産館が併設されているので一日中楽しめるはずです。また、大農園には季節ごとの花が咲いており、その花々を摘み取るというような体験もできるんです。お花の香りに癒されてみてはいかが?
3.45 965
のんびり過ごしたい方に

天気もよくて、暑すぎずという日に行きました。 あんまり期待してなかったのですが、入園料も無料だし寄り道には丁度いい感じ。車は入ってすぐの駐車場と、少し入ったところに展望駐車場もありました。 9月の終わりだったので、咲いていたのは紫のセージと赤や白などの千日紅でした。花が植えてある側に鋏とビニール袋が置いてあり持ち帰りOKとのこと。小さなお子さんも、ご家族などで楽しまれてました。この日は10月中旬から下旬にかけての分でしょうか、コスモスも植えてありました。 少し歩くと少し大きなローラータイプの滑り台があります。子どもさんも飽きずに楽しめそうです。 香りの館ではランチが楽しめるようです。9月以降はアフタヌーンティーを休止していると表示がありました。ハーバリウムや、キャンドルなど手作り体験も出来るみたいでした。 香りの館の中から出ると小さなお庭があります。バラや数種類のハーブが植えてあって、天気の良い日は側にあるベンチに座って眺めているだけでも癒されます。お土産コーナーも、とてもいい香りが充満していて女性なら個人的に欲しいだろうなと思うようなグッズもありました。 あとは温泉施設があるみたいでしたが、中に入らなかったのでどんな感じかは分かりません。 また散歩代わりに来ても良いかもっていう感じでした。

淡路島で香水作り体験!

淡路島は北淡ICを降りてから更に車で15分、小高い山の上で、香水作りが体験できます! ■パルシェ 香りをテーマにした施設が集まっているパルシェ。中でも「香りの館」では香りにまつわる体験ができて、今回は香水作りにチャレンジしました。 香水作りでは、30種類くらいのエッセンシャルオイルを順番に香って、その中から自分が好きな香りをいくつかチョイス。そのオイルを、配られたディスペンサーの中に入れていくという流れでした。オイルをスポイトで1滴ずつ入れてくのは科学の実験みたいで、なんとも楽しい! それぞれのオイルの滴数は講師さんが教えてくれるので(後から自分でアレンジしてもOK)、香水が全然分からない私でも大丈夫でした。 作った香水は自分の好きが詰まっているので、すでにいい香り✾なのだけど、熟成まで3週間かかるとのことで、今もまだ使えてはいません。3週間後が楽しみです😌 帰ってからもまだまだ楽しみが続く(むしろ3週間後が本場!)な、パルシェ香りの館の香水作り体験、是非楽しんでみてください。 敷地内で淡路島野菜も売っていたので、お野菜が気になる方も是非♪ポケモンマンホールのパルシェもありますよ! ■料金・価格帯 ・香水作り体験:ひとり 1,800円 ・他にもハーバリウム作りやお香作りが出来ます。それぞれ金額は違うはず。 ・施設自体への入園料などはありませんでした。 ■滞在した時間 ・香水作りは60分程。 ・施設全体は広いので、全部回ると更に1時間くらいは掛かりそう。訪問した時は雨だったので一部だけ堪能しました。 ■行った時間帯・混雑具合 ・香水作りは、1日4回の実施。  (10:30、13:30、14:30、※15:30) ・15:30の会に参加しましたか、満員だった模様です。(と言っても、5、6組) ■これから行く人へのアドバイス ・事前予約はできず、土日は満員になることも多いそうなので早めの受付がオススメです。 ・私はどうしてもやりたかったので、10:00に行って15:30の回に申込みました。(当日、前払いでの受付はOK) ・15:30の回は開催したりされなかったりらしいので、前日に電話で問い合わせておくとなお安心です。(やりたすぎて事前に問い合わせしてました。) #淡路島 #淡路島観光

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する