• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
絶品グルメの宝庫!台湾の古都・台南で見つけたおすすめグルメスポット11選

台北と比べてまだまだ情報の少ない台南。台湾の古都「台南」は日本で言う京都のような場所で、歴史的なスポットも多い人気の観光地。しかも「台湾料理発祥の地」と言われていて台湾の中でも特に絶品グルメが集まっていることで有名なんですよ。今回はそんな「グルメ天国」台南の中でも、特に穴場なお店を中心にご紹介していきます。(掲載の情報は2018年8月時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

毎日でも通いたい、フルーツ専門店

1.阿田水果店(アーティエンフルーツ)

南国フルーツの宝庫「台南」へ行ったらまず外せないのはフルーツ店。かき氷やフレッシュジュースはもちろんですが、台南ではシンプルにカットしただけの盛り合わせが特におすすめです。民生路二段にある「阿田水果店」は創業50年以上の地元で人気の老舗フルーツ店。
マンゴーやスイカなどの定番フルーツももちろん美味しいのですが、こちらで特におすすめしたいのがなんとトマトの盛り合わせ。トマトが「食事」ではなく「フルーツ」として出てくるんです。黒糖や生姜の入ったソースとの相性も抜群で、一度食べたら癖になる美味しさ。注文はメニュー表にチェックを付けるタイプなので言葉が心配でも安心。ぜひ試してみて下さいね!

詳細情報

  • 700 台南市 民生路一段168號
  • +886 6 228 5487

2.清吉水果行(チンジーフルーツ)

暑い日中だけじゃなく夜も賑わっているのが台南のフルーツ店。府前路一段にある「清吉水果行」は深夜0時までやっているので、夕食後でもゆっくり訪れることができるお店です。店先に並んだフルーツの種類は圧巻。季節によって並ぶフルーツも変わるので何度行っても飽きないんです。そして持ち帰りではなく店内の場合に使用されるグラスがレトロでかわいいことでも人気のお店。
フレッシュジュース以外にもおすすめしたいのはプリンを乗せたかき氷。実は台湾ではジュースでもプリンを一緒にミキサーにかけて甘みやコクを出すこともあるんです。この際カロリーは気にせず注文してみることをおすすめします!店内やお店の前の道路に並んだ席数は多くありませんが、回転が早いので席がなくても少し待ってみて下さいね◎

詳細情報

  • 700 台南市台南市中西區府前路一段294號
  • +886 6 227 1608

探すのが本当に難しい!隠れ家カフェ

3.窄門咖啡 Narrow Door Cafe(ナロードアカフェ)

おしゃれなカフェが増えた台南ですが、路地が多いので「隠れ家カフェ」の多さでも有名。中でも人気観光スポットの孔子廟からすぐの南門路沿いにある「窄門咖啡」は「狭い」と言う店名にもある通り、入口がとっても狭く見つけるのが特に難しいカフェと言われているんです。その幅はわずか38センチ!
狭い入口の先にある階段を上ると、そこには古い建物を利用したお店ならではのノスタルジックな世界が広がっています。台湾に来ていることも忘れてしまいそうなおとぎ話の世界のようなインテリア。ドリンクからフードまでメニューも豊富なのでティータイムだけじゃなく食事もおすすめです。

詳細情報

  • 700台灣台南市中西區 南門路67號 2樓
  • 06 211 0508

4.台南秘氏咖啡(タイナンミーシーカフェ)

こちらも隠れ家カフェ「台南秘氏咖啡」。食べ歩きスポットで有名な永樂市場の2階にあるのですが、お店へ向かう階段は道路に面していないため探す難しさでは「窄門咖啡」を超えているかも知れません。そして階段を上っても「本当にここ?」と疑ってしまうようなちょっとドキドキする空間の中にあります。
香港映画「花樣年華」の世界観をイメージしたと言う店内はオーナーのこだわりが詰まったまさに秘密基地のような場所。そしてお店に入るとキュートな猫がお出迎えしてくれるんです。こだわりはインテリアだけではなくメニューにも。コーヒーは注文を受けてから豆を挽き一杯ずつ丁寧に淹れてくれます。ぜひ台南で60年代の香港を感じながら淹れたてのコーヒーを味わってみて。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今回は日本のお隣「台湾」の特集です。台湾に広がる世界は近くて遠い別世界。気...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する