• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
1度は行って見たい!世界文化遺産 宮島 嚴島神社の10の魅力まとめ

こんにちは、広島県の宮島にございます温泉旅館「錦水館」の若旦那武内です。宮島と言えば世界文化遺産の「嚴島神社」が有名ですが、より神社参拝を楽しめる提案をまとめました。宮島へお越しになられる方のお役に立てれば嬉しいです。

このまとめ記事の目次

海に浮かぶ嚴島神社の10の魅力

海に浮かぶ嚴島神社

海面に朱色が映り、とても美しい風景を見ることができる神社は、宮島だけ。

嚴島神社は、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の「三女神」が祭られています。
市杵島姫命は、天照大神様のお子様と言われている神様で、海上交通の神として、有名ですが、芸能や交易(商売)の神、さらに漁業神、農業神として豊穣をもらたらす神様として信仰を集めています。今でも、盛んに神楽や舞楽が奉納されています。創建は、西暦593年と言われ、西暦1168年、現在見られるような海上社殿が平清盛の尽力により造営されていました。

嚴島神社の見取り図

嚴島神社がどういう造りになっているのか図解で説明しています。是非、宮島観光の際にお役立て下さい(^^)

【魅力.1】 客神社(まろうど)

嚴島神社に入って一番最初に訪れる神社。ここには天穂日命様が祀れています。天照大神の子で、農業の神様です。天津彦根命は、日の神、雨の神、風の神、火難除けの神様です。神社の祭典はこの神社から始まります。ここは撮影スポットとしても人気です!参拝の記念に撮影してはどうでしょうか?

【魅力.2】 回廊

嚴島神社の回廊の長さは、262メートル。回廊の幅は4メートルもあるんです。一直線に伸びた回廊は訪れる観光のお客様を自然と惹きつける魅力があります。東側廻廊は47間あり、入口は切妻造りで、屋根は檜皮葺となっています。満潮や波の影響を防ぐために、回廊の間には隙間があり水の圧力から守る仕組みがなっています。

【魅力.3】 高舞台

嚴島神社の高舞台は、舞楽と言われる舞が祭事には披露されます。舞楽とは、上古・インド・中国・朝鮮半島を経て日本に伝えられた音楽(雅楽)と舞いのことです。華麗な舞は見る人を惹きつける魅力があります。

【魅力.4】 火焼前(ひたさき)

火焼前(ひたさき)は、神社を参拝する際に舟を着けたとされています。大鳥居を正面に望む眺めの良い撮影ポイントです。仏教で縁起がい数字(8)にちなみ、ここから88間(約160m)先に大鳥居が立っています。賓客に対して火を焚き、そこが嚴島神社であることを知らせるための灯台という様な役割であったと言われています。

魅力【5】 本社本殿

本社本殿には、宗像三女神「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・湍津姫命(たぎつひめのみこと)」が祀られています。平清盛は、瀬戸内海の海賊を反乱を収め、海運業者を支配し、日宋貿易によって莫大な財を築き、急速に昇進しました。瀬戸内海や宋との交易船の航海安全を祈るため、また瀬戸内海航路の中心にあった厳島を信仰しました。

【魅力.6】 天神社

創建は、弘治2年(1556)毛利隆元によって寄進されました。学業の神様として有名で、沢山の合格祈願の絵馬が奉納されています。

【魅力.7】 能舞台

国内でも唯一の海に浮かぶ能舞台です。現在、重要文化財に指定されている国内5つの能舞台のうちの1つでもあります。春の桃花祭神能でこの舞台で演じられるほか、茶道表千家と裏千家家元が隔年交互に執り行う献茶祭が開催されています。

【魅力.8】 反橋

反橋は、長さ約24m、幅4m、高欄は丹塗り・橋脚は墨塗り。鎌倉期に既にあったが、現在のものは弘治3年(1557)毛利元就・隆元父子により再建されたものです。

【魅力.9】 鏡の池

鏡の池は、厳島八景の一とされています。社殿東廻廊の海中にあります。(その他2カ所)潮が引くと丸い池が現れます。神秘的なスポットです。

【魅力.10】 大鳥居

宮島の朱の大鳥居は、嚴島神社境内、沖合約200メートルの場所にあります。皆さん勘違いされるのですが、大鳥居は海中に埋められているのではなく、鳥居自身の重さで海中の上に立っています。現大鳥居は8代目で、明治に再建したものです。それ以前は不明となっています。大鳥居は、高さ約16.6m・棟の長さ24.2m・主柱周り9.9m・総重量は約60t。木造で両部鳥居(四脚鳥居)で、主柱は楠の自然木を用いています。

宮島 嚴島神社の観光が分かる動画

出典:www.youtube.com

【宮島 錦水館】嚴島神社観光を満喫した二人の女子旅

大学時代の仲良し二人の『まなみ』と『なみか』は卒業後、別の会社に就職していましたが、3年ぶりに世界文化遺産の宮島で再会します。厳島...

嚴島神社の観光について書いたブログ集

いかがでしたでしょうか?嚴島神社だけでも、沢山の魅力があります。せっかく参拝するなら、情報を知ってからする方がオススメですね(^^♪
あなたの宮島での思い出づくりのお手伝いが少しでも出来ましたら、嬉しいです。
また別のまとめで会いましょう!武内でした。
宮島観光に役立つ観光情報をBlogで発信しています♪
こちらもご参考下さい。

◆宮島観光アドバイザーともちんのブログ◆
http://www.kinsui-villa.jp/press/
または、「宮島 ともちん」で検索!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

taketomo24初めまして!世界文化遺産の嚴島神社がある宮島で温泉旅館「錦水館」を営んでいる若旦那武内です。
http://www.kinsui-villa.jp/press/

このまとめ記事に関して報告する