• はてぶ
  • あとで
お金はないけど避暑したい! 関東近郊の無料“ひんやり避暑スポット”15選

「涼しくて、お金のかからない場所に行きたい…」。思わず、そんな気持ちにさせらるほど、暑い日が続きますね。今回ご紹介するのは、関東近郊の無料で楽しめる“ひんやり”避暑スポット。無料の室内スポットや涼感スポットをまとめてご紹介していきます。8月のデートやおでかけの参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①サントリー <天然水のビール工場> 東京・武蔵野ブルワリー / 東京・府中

無料の試飲ができる大人向けスポット

はじめに紹介するのは東京都府中にあるサントリーのビール工場「武蔵野ブルワリー」です。分倍河原駅から無料のシャトルバスも運行しているため、ビール工場まで雨の日でも心配いらずですね。
サントリーのビール工場が実際に稼働している様子や、実際に出来立てのビールをその場で無料で試飲させていただくことができます。ガイドツアーは事前の予約が必要となるので忘れずに行ってくださいね。大人の無料デートにぜひ訪れてみてくださいね。

詳細情報

②海老名市立中央図書館 / 神奈川・海老名

無料の読書スポット

お次に紹介するのは神奈川県海老名市にある「海老名市立中央図書館」です。無料で本を読みながら落ち着いた週末を過ごしてみませんか。新旧様々な図書が揃い、カップルで旅行の予定を立てながら過ごすもよし、家族でお子様と一緒に訪れても子供向けの本も多くあるので安心のスポットです。
こちらの図書館1階には蔦屋書店とカフェがあり、コーヒーを飲みながら本を読むこともできます。海老名駅からも近く暑い日には1日こちらで過ごしてみるのもいいですね。ぜひ本を読みながらのんびりと過ごしてみてくださいね。

詳細情報

③ 東京都庁展望室 / 東京・新宿

無料で楽しむ東京夜景

次に紹介したいのは、「東京都庁 展望室」です。東京の夜景を楽しむことができる無料スポット。展望室は南北の二つのタワー分かれています。また、北展望室は2019年5月1日(水)から2020年1月中旬頃まで改装工事により休室しているのでご注意ください。(※詳しくは、ホームページを参照することをおすすめします)
開室時間は9時30分から23時まで。第1及び第3火曜日は毎週閉室しています。夕日や夜の時間は、とてもロマンチック。また、天気が良ければ、富士山を眺めることもできます。海外からの旅行者にも人気のスポットでもあります。これほどの夜景を無料で楽しむことができる場所は中々ありませんね。

詳細情報

④ 文京シビックセンター 展望ラウンジ / 東京・後楽園

デートにもおすすめ

次にご紹介するのは「文京シビックセンター 展望ラウンジ」。文京シビックセンターの25階に位置する無料展望スポットです。東には東京スカイツリー、西には新宿の高層ビル群。さらに天気が良ければ富士山まで眺めることができます。
開所時間は9時から20時30分まで。室内光が反射しない様に工夫された窓ガラスからは、美しい東京夜景を眺めることができます。ちょっとしたお立ち寄りスポット、休憩スポットとしてもおすすめの場所です。

詳細情報

⑤ 東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム / 東京・品川

海の不思議

次にご紹介するのは「東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム」です。ここは東京海洋大学が収集してきた貴重な資料を展示している資料館です。2016年、水産資料館から改称またリニューアルオープンしました。もちろん、入場は無料です。
館内にある鯨(くじら)ギャラリーには、セミクジラとコククジラの標本が展示されています。また現在、特別展「甲殻類コレクション特別展」が2019年7月8日(月)〜2019年11月8日(金)まで開催されています。

詳細情報

東京都港区港南4-5-7 東京海洋大学品川キャンパス内

写真を投稿する
3.36 10

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する