• はてぶ
  • あとで
寒い冬の露天風呂好き必見。東北の人気の雪見風呂5選

寒々とした雪と、あったかいお湯のコントラストを楽しめる「雪見風呂」。温泉好きに大人気!今回は、東北エリアの中から、雪見風呂を楽しめる人気の温泉地を5選してみました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

雪見風呂って?

冬の温泉にかかせないのが「雪見風呂」。
今回は、東北の「岩手」「宮城」「山形」「福島」「秋田」からそれぞれ、代表的な雪見風呂のある宿を5選してみました。

1、【花巻温泉(はなまきおんせん)】佳松園(かしょうえん)/岩手県

佳松園は、花巻温泉を代表する宿の1つ。
奥地にあり、山に囲まれた静かな雰囲気の中、温泉を楽しむことができます。
大きなガラス窓からは、冬は雪景色、春は新緑を望むことができます。
また、ヒノキの露天風呂もあり、そちらでも雪見風呂を楽しむことができます。
▶スポット情報
【温泉名】 花巻温泉
【所在地】 岩手県花巻市湯本1-125-2
【連絡先】 0198-37-2170 (佳松園)
【アクセス】 花巻ICから車で5分、新幹線新花巻駅から車で20分
【泉質】 硫酸塩泉

2、【秋保温泉(あきうおんせん)】茶寮宗園(さりょうそうえん)/宮城県

庭園が非常に美しい温泉宿、茶寮宗園。
冬になると、ここが一面雪景色になるというから、楽しみです。
日本三名湯に選ばれた秋保温泉の泉質は、ほんのりと黄味がかっている塩化物泉。
▶スポット情報
【温泉名】 秋保温泉
【所在地】 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字釜土東1
【連絡先】 022ー398-2311 (茶寮宗園)
【アクセス】 仙台駅から車で約30分
【泉質】 ナトリウム・カルシウム塩化物泉

3、【蔵王温泉(ざおうおんせん)】季の里(きのさと)/山形県

強酸性の硫黄泉をかけ流しで楽しめる蔵王温泉。
泉質の良いお湯につかりながら、蔵王の自然いっぱいの山を眺めるのは素敵ですね。
冬になると、この山々がまっしろに。白い雪景色を眺めながら白いお湯につかる贅沢を味わえます。
▶スポット情報
【温泉名】 蔵王温泉
【所在地】 山形県山形市蔵王温泉1271-1
【連絡先】 023-694-2288(季の里)
【アクセス】 山形新幹線「山形駅」下車、バスにて約45分 / 山形蔵王ICより約30分
【泉質】 含硫化水素強酸性明ばん緑ばん泉

4、【五色温泉(ごしきおんせん)】裏磐梯(うらばんだい)ロイヤルホテル/福島

磐梯山噴火時の岩をそのまま積み上げて作った、風情ある露天風呂に、雪景色。
山奥の野湯に入っているような、秘湯感をあじわえること間違いなしです。
泉質も、効能たっぷりで、1日遊んだ疲れを癒してくれそうです。
▶スポット情報
【温泉名】 五色温泉
【所在地】 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ケ峯1093-309
【連絡先】 0241-32-3111 (裏磐梯ロイヤルホテル)
【アクセス】 東北自動車・磐越道経由、猪苗代ICから国道459で移動。
【泉質】 塩化物温泉

5、【乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)】鶴の湯(つるのゆ)/秋田県

十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様乳頭温泉郷には十種類以上の源泉があります。

出典:www.nyuto-onsenkyo.com

乳頭温泉郷の中で最も古い歴史を持ち、秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉。今なお警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」が残っている。

出典:www.nyuto-onsenkyo.com
最後にご紹介するのは、温泉ファン憧れの地である、乳頭温泉の「鶴の湯」。
非常に趣ある温泉宿で、宿泊客は囲炉裏のある長屋に宿泊します。
温泉は、足元から湧き出る白い湯で、混浴。
でも、お湯が真っ白だから全然気になりません。
1度は言ってみたい、乳頭温泉。行くならぜひ、雪の時期に!
▶スポット情報
【温泉名】 乳頭温泉郷
【所在地】 秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
【連絡先】 0187-46-2139(鶴の湯温泉)
【アクセス】 東北自動車道盛岡ICより約1時間
【泉質】 含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉、他3種

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する