• はてぶ
  • あとで
愛知・蒲郡のおすすめデートスポット12選!水族館から絶品グルメまで

愛知県最大の温泉観光地として知られる、蒲郡(がまごおり)。三河湾(みかわわん)に面しているので新鮮な魚介類もたくさんとれ、初夏には5万株のあじさいが咲き誇る自然が美しい街です。一日中楽しめる複合型リゾート「ラグーナテンボス」も有名ですね。そんな蒲郡の魅力をぎゅっと凝縮!国の天然記念物である無人島から、ゆるさが魅力の水族館にB級スポットまで、デートにもおでかけにもぴったりな場所をご紹介します。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 形原温泉 あじさいの里 / 蒲郡市金平町

蒲郡には三谷温泉(みやおんせん)、蒲郡温泉(がまごおりおんせん)、形原温泉(かたはらおんせん)、西浦温泉(にしうらおんせん)、吉良温泉(きらおんせん)の5つの温泉地があり、蒲郡温泉郷と呼ばれるほどに温泉が沸いています。中でも形原温泉は最も落ち着いた温泉街として有名です。
形原温泉を見下ろすように広がっているのが「形原温泉あじさいの里」。例年6月ごろになると開催される「あじさい祭り」期間には多くの人が訪れます。20万本近い紫陽花があたり一面に広がる様は絶景で、あじさい祭り期間中は臨時の直通バスで蒲郡駅からアクセスも可能です。温泉に浸かったりあじさいの美しさに心踊られたりと、ゆったりとじた時間を楽しみたい方にオススメのスポットです。

詳細情報

  • 愛知県蒲郡市金平町一之沢28-1
  • 0533570660

② 蒲郡 竹島 / 蒲郡市竹島町

蒲郡市のシンボル「竹島」は外せないスポットです。蒲郡駅から徒歩15分ほど・またはバスで5分ほどでも行くことができますよ。小さいながら圧倒的な存在感で、国の天然記念物に指定されています。陸地とをつなぐ、長さ387mの「竹島橋」は縁結びの橋と呼ばれていますので、カップルやご夫婦は仲良く手をつないで渡ってくださいね。
夜の蒲郡竹島は、昼間とはまた違った表情を見せます。海面に反射した光が美しい幻想的なライトアップは、ふたりの距離をグッと縮めてくれそうですね。橋の途中から眺めたり、蒲郡竹島が浮かぶ三河湾(みかわわん)側からのんびり眺めたり。特別な時間にきっと心がやすらぐことでしょう。

詳細情報

  • 愛知県蒲郡市竹島町
  • 0533-68-3700

③ 竹島水族館 / 蒲郡市竹島町

蒲郡駅からバスで約5分、なんともゆるい魚たちの看板が可愛らしい「竹島水族館」は、常時およそ500種類前後、約4500匹の生き物たちに出会えるアットホームな水族館です。飼育員さんのポップ "手書き解説板"を読みながらがおすすめ。わかりやすくてちょっぴり面白い解説は、訪れた人たちの心をなごませてくれそう。
ミニステージでのアシカショーも見ることができます。人気のショーなので、入館時に時間のチェックをお忘れなく。たくさんの生き物の中でも深海生物の展示数が多く、冬場になると特に珍しい深海生物と出会える竹島水族館は、大きな水槽などはありませんが飼育員の方々の生き物への大きな愛情を感じる、楽しくておもしろい水族館です。

詳細情報

  • 愛知県蒲郡市竹島町1-6
  • 0533682059

④ 海辺の文学記念館 / 蒲郡市竹島町

かつて、竹島まで渡る橋のふもとにあった料理旅館 「常磐館(ときわかん)」は、川端康成や谷崎純一郎など大正・昭和初期の文化人たちに愛された場所でした。その常磐館の想いを後世に伝えていきたいと、同じ場所に建てられたのが「海辺の文学記念館」で、蒲郡が登場する作品などが展示されています。建物の佇まいも、ゆっくりと読書したくなるような穏やかさ。
こちらに訪れるひとが真剣に書き記すのは、未来の自分へ書く手紙「時手紙」です。5年後・10年後など年月が選べるので自分や家族へはもちろん、カップルなら2人の未来を描いて、お互いに送っても記念になりますね(2人の気持ちが長続きしますよう!)。文学好きな人は、ここから見る景色を眺めて文豪たちへ想いを馳せてみて。

詳細情報

  • 愛知県蒲郡市竹島町15-62
  • 0533670070

⑤ 竹島ファンタジー館 / 蒲郡市竹島町

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する