• はてぶ
  • あとで
大人も子供も楽しめる!絶対に行くべき山梨おすすめ観光スポット7選

どこかに出かけたい!そんなみなさんには都心から比較的近く、気軽に訪れることができる山梨をおすすめします。日帰りでも楽しめる観光スポットがたくさん。ぜひ家族と恋人と友達と山梨に!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①桔梗屋信玄餅工場テーマパーク/山梨県笛吹市

最初に紹介する山梨のド定番観光スポットは、笛吹市にある「桔梗屋信玄餅工場テーマパーク」。山梨県を代表する銘菓となった信玄餅。その製造過程を見学することができます。流れるように包装していく職人の技には、誰もが目を釘付けに。実際に包装作業が体験できるコーナーもあります。
工場見学の後は、デザートタイム!ここでしか食べれないボリューム満点の信玄餅ソフトを頂きましょう。さらに、この工場では信玄餅詰め放題もできるんです。とにかく大人気なので、早朝から並ばないと体験できない可能性も。220円で袋いっぱいに信玄餅を詰めることができます。お土産に持ち帰りたい方はどうぞお早めに。

詳細情報

②笛吹川フルーツ公園/山梨県山梨市

なんてロマンチック。続いて紹介するのは、新日本三大夜景に認定された「笛吹川フルーツ公園」。甲府盆地の夜景を一望できる人気スポットです。恋人の聖地にも選ばれています。こんなところに連れてこられたらイチコロですね。園内には夜景を見ながら入れる足湯やレストランもあります。
夜景だけじゃないんです!お昼は家族連れにも大人気。広大な敷地の中には、アスレチック、公園内を周遊するミニ機関車、ドッグラン広場まで。さらに見晴らしのよい丘では運が良ければ富士山を見ることもできます。フルーツ公園では、その名の通り一年中フルーツや花を楽しむことも。春にはきれいなチューリップが咲き乱れます。

詳細情報

山梨県山梨市江曽原1488

4.08 32542

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ほったらかし温泉/山梨県山梨市

笛吹川フルーツ公園から車で5分!続いて紹介するのは、山梨市矢坪にある「ほったらかし温泉」です。何ではほったらかし?一風変わった名前には、最低限のもの、サービスだけを揃え、あとは「ほったらかし」にという所に由来があるとか。標高670メートルにあり、見渡す限りの山!湯船に浸かって富士山を拝めるなんて最高ですね。
施設には、「あっちの湯」と「こっちの湯」というまた何ともユニークな名前の温泉が二つ。「こっちの湯」は10時半から17時まで、新しくオープンした「あっちの湯」は日の出1時間前から22時まで営業しています。どっちに入ろう?迷った人はどっちにも入って違いを確かめてみては。料金は別々ですが、見える景色が全然違うはずです。

詳細情報

④忍野八海/南都留郡

南都留郡忍野村にある「忍野八海(おしのはっかい)」は富士山構成遺産に指定され、現在パワースポットとしても人気が高い所となっています。富士山の伏流水からできた八つの湧水池。これが忍野八海です。全ての池を回って、徒歩で約1時間半ほど。自然が作り出した美を眺めながら、有意義な時間を過ごせますよ。
縁結びの池といわれる銚子池、八海で最大の池出口池、菖蒲が生い茂る菖蒲池、運が良ければ水面に逆さ富士を見ることができる鏡池などそれぞれの池に特徴があり、その違いを楽しむこともできます。池の中にはニジマスなどの淡水魚も生息中。どの池も透明度が抜群!透き通るように美しく、今にも吸い込まれてしまいそうです。

詳細情報

⑤昇仙峡/山梨県甲府市

続いて紹介するのは、甲府市北部に位置する「昇仙峡」。迫力があって圧倒されちゃいますね。これは昇仙峡のシンボル、覚円峰と呼ばれ、約180メートルの高さがあります。昇仙峡は、日本一の渓谷美との呼び声も高く、山梨にきたら一度は訪れておきたいスポットの一つです。3月のつつじの時期や秋の紅葉の季節に足を運ぶことをぜひおすすめします。
覚円峰と同じくおさえておきたいのが、仙娥滝です。高さ30メートルの巨大な滝を間近で見て、マイナスイオンをたっぷり浴びましょう。条件が揃うと虹がかかることもあるとか。ぜひ写真におさめたいですね。ここ仙娥滝から山頂まではロープウェイで約5分。山頂では富士山を目の前に大パノラマが広がります。

詳細情報

⑥富士急ハイランド/山梨県富士吉田市

大人も子供も楽しめる遊園地、それがここ「富士急ハイランド」です。絶叫必須のジェットコースターや入ったらなかなか出てこられないお化け屋敷が有名ですが、それだけではでなく子供向けのアトラクションも数多くあります。さらに温泉やホテルも併設されていて、アクセスも便利!年間を通して多くの人で賑わっています。
さらに富士急ハイランドは、2018年7月から入園料が無料になりました。ランチだけ楽しむのも良し、グッズショップでお土産だけ買いに来るのも良し。さらに遊園地初のスターバックスもオープンしたんです。もう何度も行ったことがあるよという人も、絶叫系が苦手だからあんまり行ったことがないという人も、さらなる進化を遂げた富士急ハイランドにぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

詳細情報

⑦富士山

最後にご紹介するのはみなさんご存知「富士山」。2013年に世界文化遺産に登録されて以来、さらに高い人気を集めています。しかし実際に登ったことがある人は意外に少ないのでは…?一度は登ってみたい山、富士山。登山者のほとんどが利用する人気の吉田ルートは、山梨県側にあるのです。
富士山と四季折々の花とのコラボも必見です。ここ「山中湖花の都公園」では、ちょうど今の時期、ひまわりと富士山をワンフレームにおさめることができます。また、「大石公園」では、6~7月頃にラベンダーと、「富士本栖湖リゾート」では、5月頃芝桜と共演を果たします。季節によって、場所によって、様々な姿をみせる富士山の魅力にあなたも虜でしょう。

詳細情報

ぜひ山梨へ!

いかがでしたか?名物グルメから絶景スポットまで、この夏絶対にいくべき山梨のおすすめスポットをご紹介しました。山梨で素敵な想い出を作ってみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する