完売必至のフルーツサンド。高円寺“JULES VERNE COFFEE”に急げ

みなさん、暑い夏をいかがお過ごしでしょうか?今回は、スイーツ大好き、カフェ大好きな筆者が最近訪れた「JULES VERNE COFFEE」をご紹介します。こちらには、即完売してしまう絶品フルーツサンドがあるんです。ぜひ訪れてみてくださいね!(※掲載されている情報は2018年8月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

たくさんのカフェがある高円寺

アール座読書館

高円寺にはたくさんのカフェがあります。まずは高円寺のおすすめカフェを2店ご紹介します。1つ目にご紹介するのは「アール座読書館」。駅から徒歩5分ほどの場所にあるこちらのカフェは、“おしゃべり禁止”のお店。1人でのんびりと自分の時間を過ごしたい人におすすめです。

詳細情報

アール座読書館

東京都杉並区高円寺南3-57-6 2階

3.80 896
  • 〜¥999
  • ¥1,000〜¥999
静寂のカフェ。

(味の感想は★からです) 今回のお店は【アール座読書館】さん。 高円寺は新高円寺通りから一本入った所にある、隠れ家的なカフェ。 お店の外観ではなかなかそこにお店があるというのは分かりづらい。 ひっそりと佇む看板からもお店の雰囲気が伝わってくるようだ。 時刻は13時ごろ。 早めのティータイムですが、店内のお客さん半分ほど。 細やかなBGMと水槽の水音、振り子時計の知らせだけが、この空間で時間の流れを感じる唯一の手段だ。 店内は基本私語禁止。 席も基本的に一人一席ある感じで、それぞれコンセプトや置いてある小物が違う。是非とも全席コンプリートしてみて欲しい。 私のお気に入りは中央の水槽が見えるソファー席。人気の席で、なおかつお二人様はこの席が一番くつろげる。故にこの席に座れたらラッキーなのだ。 私は【ブラジル・ブルボン】と【ブラウニー】をオーダー。 注文の時も小声で注文。 床板の軋む音さえも心地よく感じる。 音のない空間の中で、活き活きと聴こえる生活音や水の音。日常の中に切り取られた非日常の空間。 それぞれの席には来店したお客さんが自由に記したノートがびっしり。 この空間だからこそ吐露できるような人間の内側の気持ちがそこには記されている。 顔も知らない赤の他人の、血の通ったストレートな言葉を眺める。この時間が私は好きだ。どんなドキュメントよりも生々しく、どんなドラマよりもドラマチックなそのノートを読んでいくと「こんなバカみたいなことを考えているのは自分だけじゃないんだ」「あぁ、昔の自分とおんなじ悩みだなぁ」「こんなに辛い思いをした人も頑張っているのか。俺も明日から頑張ろう」ってなる。私はつくづく影響されやすい人間だとは思うが、面白い体験ができる場所である事は確かである。 パラパラとノートを眺めていると、程なくしてコーヒーとブラウニー到着。 ちなみにお店は基本一人でまわしているので、急いだところで意味ないので、店員さんがお水を持ってくるまで大人しくしてた方が早い。 この空間で都会のやり取りは非常に野暮だ。 それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・ブラジル・ブルボン  680円 小さなカップと小さなポッドで提供される可愛らしいコーヒー。 都度都度カップに入れるので、香りは立っていて普通に美味しい。 基本的に本を読んだり、ぼーっとするのが目的のこちらのお店にはちょうど良い、ちょびちょびと頂ける良質なコーヒーだ。 ・ブラウニー  220円 かなりしっとりとした小さいルックスが可愛いらしいブラウニー。 チョコレートの味がしっかりとしていて、下手なケーキ屋さんのブラウニーよりも格段に旨い。お値段も安く、私は100%頼むおやつ。 全てはお店の雰囲気とそのコンセプトが何よりも魅力的な静かなカフェ。 自分を見つめ直す時間を十分に与えてくれる空間だ。日常で疲れたり、何か思い悩んだ時は訪れてみて欲しい。いつでも逃げる事のできる非日常があるのは素晴らしい事だ。それはゲームでもスポーツでも音楽でもなんでも良い。 私はこのアール座読書館での非日常で貰った元気を日常に消化する。そしてまた非日常のドアを叩く。もし、このお店に訪れたのなら、是非ともノートに自分の想いを書いてみて欲しい。 そしたら私に教えて欲しい。きっと読みに行きます。 それではごちそう様でした。 美味しかったです。

七つ森

駅から少し歩いた場所にある「七つ森」は、昔ながらの雰囲気漂う喫茶店。七つ森オリジナルの和風オムライス「オムごはん」やトーストなどの軽食メニュー、カスタードプリンなどのスイーツも揃っています。落ち着いた店内でのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

詳細情報

七つ森

東京都杉並区高円寺南2-20-20

3.22 14177
  • 〜¥999
  • ¥1,000〜¥1,999
ノスタルジックな喫茶店!

〔七つ森〕 📍東京:高円寺駅から徒歩2分 高円寺にあるノスタルジックな喫茶店! 店内もレトロな空間です🎶 ☑︎カスタードプリンセット 1045円 程よい硬さのプリンは美味しいすぎる🍮 卵が濃厚でカラメルがかなり苦手なのが 最高すぎる💯 ガラスの器に入ったプリンは ちょこんとしていてかわいい♡ ホイップが乗っていないのでプリンの 美味しさが感じられます🥹 コーヒーは苦味がしっかり感じられて 深みも感じられるのをチョイスしました!☕️ ランチもディナーもフードメニュー豊富で また行きたい!!🍚 1人で入りやすいのも嬉しい👍 他の投稿はこちらから▶︎▷ @kgu.rume @kgu.rume2 ⚪︎店舗情報⚪︎ 住所☞ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2丁目20−20 営業時間☞10:30-23:00 定休日☞なし #東京グルメ#高円寺グルメ #オシャレカフェ#高円寺ランチ #高円寺喫茶店#高円寺七つ森 #新高円寺グルメ #七つ森#新高円寺カフェ #新高円寺ランチ#プリン#喫茶店 #喫茶店巡り #おすすめグルメ #グルメ垢#プリン好きと繋がりたい #高円寺プリン #グルメ女子と繋がりたい #グルメスタグラム#うらかおグルメ #かおグルメ#高円寺カフェ#食べログ #食べログ高評価#カフェ巡り#グルメ部 #東グル#インスタグルメアワード2023#カフェ#グルメ巡り

JULES VERNE COFFEEとは

外観・アクセス

ここからは、今回の本題である「JULES VERNE COFFEE(ジュール ヴェルヌ コーヒー)」をご紹介します。高円寺駅と阿佐ヶ谷駅のちょうど中間ほどの場所に位置しています。どちらの駅からも高架下を歩いてくるとわかりやすいです。
こちらのお店があるのは、アールリエット高円寺アパートメントという施設内。こちらは、カフェなどの店舗やアトリエ、住宅などが集まる新しい形の複合施設です。そんな施設の1Fに今回ご紹介するお店があります。

店内

店内はウッド調のあたたかみのある内装です。様々なタイプのお席があるので、あらゆるシーンで使えるカフェです。もちろん1人でも気軽に行ける雰囲気です。店内では、コーヒー豆の販売も行なっています。

完売必至のフルーツサンド

Mixフルーツサンド

こちらのカフェでは、断面が美しすぎる「フルーツサンド」をいただくことができます。今回筆者がいただいたのは「Mix フルーツサンド」。季節や旬によって中に使われるフルーツが異なります。フルーツはどれもみずみずしく、最高の味わいです。
ふわふわのパンに、フレッシュすぎるフルーツ、たっぷりの生クリームが絶妙なコンビネーションを生み出します。断面がなんとも美しいですよね。ボリュームはありますが、甘すぎないのでぺろっと食べられますよ。

キュービックフルーツサンド

もう1個のタイプのフルーツサンドをご紹介します。こちらはキューブタイプの「キュービックフルーツサンド」。こちらも季節によって使用されるフルーツが変わります。どんなフルーツが使われているかは公式SNSに載っているので気になる方はぜひチェックしてみてください!

売り切れちゃうの・・・?

タイトルにも「完売必至」と書いた通り、こちらのフルーツサンドは、1日に作れる量が限られており、さらにとても人気なのですぐに売り切れてしまいます。確実に食べたい方は、開店直後(11:30)に行くのがおすすめ。完売情報は公式Twitterをチェックしてくださいね。

きっとあなたもフルーツサンドの虜に。

いかがでしたか?今回は、東京・高円寺にある「JULES VERNE COFFEE」をご紹介しました。フルーツサンドだけでなく、コーヒーなどのドリンクメニューも豊富で美味しいお店です。ぜひ食べに行ってみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年8月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

JULES VERNE COFFEE

東京都杉並区高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺A106

4.03 17164
  • ¥1,000〜¥1,999
グラデーションが可愛すぎる!今だけのいちごサンド

ここは高円寺駅から阿佐ヶ谷方面へ 高架下をまっすぐ歩いた先にある 【 JULES VERNE COFFEE 】さん🌟 フルーツサンドが有名なお店ですが スペシャリティコーヒー専門店なので イートインはワンドリンク制です☕️ ◆淡雪(白いちご)&あまおう 850円 ◆あまおうのみ 800円 ◆カフェラテ 650円 サンドイッチは2つで1セットのため写真は2人前です✌︎ あまおうが好きすぎて… あまおうが入ってるのばかり頼んでしまいました🤣🍓 うすピンク色の淡雪と 真っ赤なあまおうのグラデが可愛すぎるのは 白イチゴとあまおうのフルーツサンド😍✨ 淡雪は、さがほのかから生まれた品種で 香り高くほとんど酸味がない、 果肉がしっかりしているのが特徴です。 見えない裏側にも苺とクリームが ぎっしり入っています😆💕 パンは一本堂さんのを使用されているので もちもちしてて美味しかったです👍🏻 オープンは12:00、 Instagramの公式アカウントには 1時間ほど前から記名できますとありましたが 週末、近くに用事があって10:20頃覗いてみると もう順番表の記名台がお店の前に出ていました (しかも先客1組記名済み😳笑) 順番表には入店目安の時間が書いてあります。 注意書きがたくさんありましたが 店員さんは物腰柔らかく、とても丁寧な接客です◎ まん防期間中はイートイン営業は週末のみ、 平日はテイクアウトメインだそうです。 (イートインの場合もテイクアウトの容器で提供) 最新の情報は公式のものをご確認くださいね!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 「萌え断」という言葉が一時ブームになったと共に、大ブームになったのがフルーツサ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

purple_latte甘いものとカフェラテとむらさきいろが好きです

このまとめ記事に関して報告する